【競馬で副収入】アルテミスステークスGⅢ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は東京競馬場で開催される2歳牝馬限定の芝1600m戦、

アルテミスステークスGⅢ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

アルテミスステークスGⅢの出走登録馬

【競馬で副収入】アルテミスステークスGⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  • サークルオブライフ
  • シゲルイワイザケ
  • シンシアウィッシュ
  • シンティレーション
  • トーセンシュシュ
  • フォラブリューテ
  • ベルクレスタ
  • ボンクラージュ
  • ミント
  • ロムネヤ
  • ヴァンルーラー

 

人気馬予想は以下の通り!

 

1番人気 フォラブリューテ

父:エピファネイア
母:ブルーメンブラット
母の父:アドマイヤベガ

2008年のマイルチャンピオンシップを制した母ブルーメンブラットに、無敗の三冠牝馬デアリングタクトと同じ父エピファネイアを配した良血馬。本馬も評判にたがわぬ走りでデビュー戦を勝ち上がり、潜在能力の高さは折り紙つき。先々まで目が離せない存在だ。

 

2番人気 ベルクレスタ

父:ドゥラメンテ
母:ベルアリュールⅡ
母の父:Numerous

今年8月に死亡した父ドゥラメンテは、初年度産駒から菊花賞馬タイトルホルダーを送り出した。本馬は、2017年ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリード(父ステイゴールド)の半妹にあたり、血統背景は優秀。姉に勝るとも劣らぬ素質を秘めており、将来性は高い。

 

3番人気 ロムネヤ

父:ディープインパクト
母:ヤンキーローズ
母の父:All American

母ヤンキーローズはオーストラリアのG1を2勝、父はリーディングサイヤーのディープインパクトと血統背景は一級品で、2019年のセレクトセールにおいて2億2680万円(消費税込み)で取引された期待馬。重賞のメンバーに入っても素質は互角以上だろう。

 

4番人気 シゲルイワイザケ

父:エピファネイア
母:ボンジュールココロ
母の父:リンカーン

2か月半の休み明けだった前走の1勝クラス・サフラン賞(中山・芝1600メートル、3着)では、12キログラム増と馬体がひと回り成長していた。母は1400メートル以下の短距離で4勝を挙げた快速馬で、重賞挑戦でもスピードの絶対値は見劣りしない。

 

5番人気 ミント

父:エピファネイア
母:ビートマッチ
母の父:ルーラーシップ

心身ともに幼さを残す中で、メイクデビュー新潟(芝1600メートル)を快勝。2か月半の休み明けで仕上がりがポイントになるが、9月下旬から時計を出し始めて、熱心に乗り込みを消化。馬体がグンとたくましくなり、初戦以上のパフォーマンスを発揮できそうだ。

 

アルテミスステークスGⅢの消去データ

 

消去データ

  • 前走6番人気以下複勝率0%

消去データをクリアした馬

  • サークルオブライフ
  • シゲルイワイザケ
  • シンシアウィッシュ
  • シンティレーション
  • トーセンシュシュ
  • フォラブリューテ
  • ベルクレスタ
  • ミント
  • ロムネヤ
  • ヴァンルーラー

 

アルテミスステークスGⅢの好走データ

 

【前走新馬戦組】

  • 当日1番人気…複勝率50%

 

【前走未勝利戦組】

  • 当日2番人気以内…複勝率100%
  • 前走0.6秒以上差勝ち…複勝率57%

 

【前走1勝クラス組】

  • 当日5番人気以内…複勝率67%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • シゲルイワイザケ
  • フォラブリューテ
  • ベルクレスタ

 

各馬の考察

 

【競馬で副収入】アルテミスステークスGⅢ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • シゲルイワイザケ
  • フォラブリューテ
  • ベルクレスタ

の考察をしてゆきます。

 

シゲルイワイザケ

おすすめ材料

牝馬限定の新馬戦1800mでデビュー勝ち。

続く2戦目は11週の休み明けで、プラス12kgの馬体増で芝1600mで0.4秒差の3着となる。

叩き2戦目での変わり身に注目したい。

 

フォラブリューテ

おすすめ材料

8月の新馬戦1600mでデビュー勝ち。

2着に0.7秒差をつけて、かつ、上り最速の33.0秒を叩き出すあたりに素質の高さを感じる。

今回は12週の休み明けで重賞挑戦となる。

 

ベルクレスタ

おすすめ材料

6月の新馬戦で2着。続く8月の未勝利戦で2着に0.6秒差をつける勝利。

今年菊花賞馬となったタイトルホルダーと同じドゥラメンテ産駒。

13週の休み明けで重賞制覇を狙う。

 

アルテミスステークスGⅢの結論

東京芝1600

 

東京・芝1600メートルは、2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。

 

向正面半ばに上りがあり、その後3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9メートル。

 

直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦。

 

前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。

 

速い時計の決着になると、スプリンタータイプ、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

 

さて、気になるアルテミスステークスGⅢのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

フォラブリューテ

 

です。

 

新馬戦で2着に0.7秒差をつけたのも凄いが、上り3ハロンの脚が33.0秒と破格の末脚を魅せつけたのは、格の違いというものだろう。

 

前回は新潟競馬場の芝1600m戦。今回のアルテミスステークスと条件はほぼ一緒だ。

 

12週の休み明けで重賞挑戦となるが、相手関係を見ても勝機は十分にある。

 

ココで弾みをつけて阪神ジュベナイルフィリーズGⅠへと向かってゆくと面白い。

 

3連複10点

◎フォラブリューテ(1頭軸流し)

〇ベルクレスタ

▲シゲルイワイザケ

△ロムネヤ

△ミント

△シンティレーション

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ