【競馬で副収入】菊花賞GⅠ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

先週は秋華賞GⅠの3連複が的中いたしました。

秋華賞3連複2021

  • 秋華賞4190円
秋のGⅠ戦は、まずは1勝目。その他重賞も的中していて、今月の3連複は好調そのものです♪

 

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は阪神競馬場で開催される3歳馬芝の3000m戦、

菊花賞G

です。

 

皐月賞GⅠはエフフォーリア、ダービーはシャフリヤール。両馬ともに菊花賞には出走しませんが、最後の1冠がどの馬に輝くのか?楽しみな一戦となります。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

菊花賞GⅠの出走登録馬

【競馬で副収入】菊花賞GⅠ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. ワールドリバイバル
  2. アサマノイタズラ
  3. タイトルホルダー
  4. ロードトゥフェイム
  5. レッドジェネシス
  6. セファーラジエル
  7. ディープモンスター
  8. エアサージュ
  9. ヴェローチェオロ
  10. モンテディオ
  11. ディヴァインラヴ
  12. ノースザワールド
  13. アリーヴォ
  14. ステラヴェローチェ
  15. ヴァイスメテオール
  16. グラティアス
  17. ヴィクティファルス
  18. オーソクレース

 

人気馬予想は以下の通り!

 

1番人気 ステラヴェローチェ

父:バゴ
母:オーマイベイビー
母の父:ディープインパクト

N皐月賞3着、日本ダービー3着と、GⅠタイトルこそ手にしてはいないが、ここまで世代上位の能力を示してきた。前走の神戸新聞杯では、ダービー馬シャフリヤール(4着)を撃破して重賞2勝目をゲット。主役候補として、クラシック三冠最後の菊花賞に挑む。

 

2番人気 オーソクレース

父:エピファネイア
母:マリアライト
母の父:ディープインパクト

母は4歳秋のエリザベス女王杯でGⅠ初制覇を果たすと、5歳時には宝塚記念も制覇。年齢を重ね、成長力が豊富な面を見せた。本馬もホープフルS2着などGⅠ級の能力を示しているとはいえ、これからの伸びしろも感じさせる血統の持ち主だ。

 

3番人気 レッドジェネシス

父:ディープインパクト
母:リュズキナ
母の父:Storm Cat

春から友道康夫調教師が「距離は延びてもいいと思っている」と話していたように、菊花賞を早くから見据えていた。前走の神戸新聞杯では勝ち馬ステラヴェローチェから1/2馬身差の2着と、あらためて地力の高さを証明。本番に向けて視界良好だ。

 

4番人気 タイトルホルダー

父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母の父:Motivator

半姉メロディーレーン(父オルフェーヴル)は、2400から2600メートルで3勝をマーク。菊花賞では5着に入るなど、牝馬ながら豊富なスタミナを武器にしている。本馬のここまでの勝ち鞍は2000メートルまでだが、距離を延ばしてステイヤー血統が花開くかもしれない。

 

5番人気 アサマノイタズラ

父:ヴィクトワールピサ
母:ハイタッチクイーン
母の父:キングヘイロー

皐月賞は16着とGⅠの壁に跳ね返された。当時はスプリングS2着からの臨戦だったが、今回は前哨戦のセントライト記念を制しての参戦。春とは違い、勢いに乗って本番に臨めそうで、大舞台での結果もまた変わってきそう。ひと回りもふた回りも成長した姿を阪神で見せる。

 

菊花賞GⅠの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔3週以下複勝率0%
  • 前走10着以下複勝率0%
  • 前走10番人気以下複勝率0%
  • 前走逃げた馬複勝率0%

消去データをクリアした馬

  1. ワールドリバイバル
  2. アサマノイタズラ
  3. タイトルホルダー
  4. ロードトゥフェイム
  5. レッドジェネシス
  6. セファーラジエル
  7. ディープモンスター
  8. エアサージュ
  9. ヴェローチェオロ
  10. モンテディオ
  11. ディヴァインラヴ
  12. ノースザワールド
  13. アリーヴォ
  14. ステラヴェローチェ
  15. ヴァイスメテオール
  16. グラティアス
  17. ヴィクティファルス
  18. オーソクレース

 

菊花賞GⅠの好走データ

 

【前走神戸新聞杯組】

  • 当日2番人気以内…複勝率73%
  • 前走2着以内…複勝率71%
  • 前走2番人気以内…複勝率69%
  • 前走上り3ハロン2位以内…複勝率81%

 

【前走ラジオNIKKEI賞組】

  • 前走2着以内…複勝率100%
  • 前走上り3ハロン1位…複勝率100%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  1. ワールドリバイバル
  2. アサマノイタズラ
  3. タイトルホルダー
  4. ロードトゥフェイム
  5. レッドジェネシス
  6. セファーラジエル
  7. ディープモンスター
  8. エアサージュ
  9. ヴェローチェオロ
  10. モンテディオ
  11. ディヴァインラヴ
  12. ノースザワールド
  13. アリーヴォ
  14. ステラヴェローチェ
  15. ヴァイスメテオール
  16. グラティアス
  17. ヴィクティファルス
  18. オーソクレース

 

各馬の考察

 

【競馬で副収入】菊花賞GⅠ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • レッドジェネシス
  • ステラヴェローチェ
  • ヴァイスメテオール

の考察をしてゆきます。

 

レッドジェネシス

おすすめ材料

前走の神戸新聞杯では勝馬のステラヴェローチェから半馬身差の2着、ダービー馬シャフリヤールに先着している。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせは、キズナやリアルスティール、ダノンキングリーなど多くのGⅠ馬を出した配合だ。

不安材料

東京優駿でしんがりからレースを進めて届かず敗退。スタートにムラがあるので、今回も出方次第となりそう。

 

ステラヴェローチェ

おすすめ材料

距離が伸びていいタイプ。渋った馬場も苦にしないバゴ産駒だ。2010年には同産駒であるビッグウィークが菊花賞を制覇している。

折り合い面で苦労するタイプでもなく、3000mは十分にこなせるはず。

不安材料

上り脚勝負には自信があるが、皐月賞や東京優駿のように後方から追い込んでの競馬になると届かない可能性が高い。

 

ヴァイスメテオール

おすすめ材料

近3走連続でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしていることから、道中のペース次第では十分に通用する。

キャリアが浅いだけに、上積みも大きそう。

不安材料

距離の問題がある。

過去5戦で1800mと2000mしか使っていないので、いきなり1000m以上長くなる距離に適応できるのかどうか?

 

菊花賞GⅠの結論

阪神芝3000

 

阪神・芝3000メートル(内回り)は、向正面からスタートして、内回りコースを1周半するレイアウト。

 

向正面(バックストレッチ)、3コーナー、4コーナー、直線(ホームストレッチ)をそれぞれ2回通ることになる。

 

1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかな下りとなる。

 

直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)で、ゴール前には急な上り坂(高低差1.8メートル)が待ち受ける。

 

3000メートルを乗り切るスタミナと気性に加え、同じ3000メートルでも京都に比べて、直線の坂でも止まらない末脚や馬力が要求される。

 

さて、気になる菊花賞GⅠのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

ステラヴェローチェ

 

です。

 

皐月賞3着東京優駿3着という実績から見ても、今回のメンバーの中では実力は間違いなく上位にある。

 

タフな馬場や競馬に強いバゴ産駒で、不良馬場でも2戦2勝と相性はいい。3000mという長丁場でも我慢が利いて折り合いに問題はないはずだ。

 

阪神競馬場の急な坂を2度越えるタフさが求められる今回の菊花賞は、ステラヴェローチェにとって最高の舞台となるだろう。

 

3連複21点

◎ステラヴェローチェ(1頭軸流し)

〇レッドジェネシス

▲ヴァイスメテオール

△タイトルホルダー

△オーソクレース

△アサマノイタズラ

△エアサージュ

ディヴァインラブ

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ