【競馬で副収入】スワンステークスGⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は阪神競馬場で開催される芝の1400m戦、

スワンステークスGⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

スワンステークスGⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】スワンステークスGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アイラブテーラー
  2. カツジ
  3. ガゼボ
  4. ギルデッドミラー
  5. クリノガウディー
  6. サウンドキアラ
  7. ステルヴィオ
  8. セイウンコウセイ
  9. タイムフライヤー
  10. ダノンファンタジー
  11. ビッククインバイオ
  12. ファーストフォリオ
  13. フィアーノロマーノ
  14. ホウオウアマゾン
  15. マイスタイル
  16. リレーションシップ
  17. ルークズネスト
  18. ルフトシュトローム

 

人気馬予想は以下の通り!

 

1番人気 ダノンファンタジー

父:ディープインパクト
母:ライフフォーセール
母の父:Not For Sale

GⅠを含む重賞5勝の実績は、今回のメンバーでもトップクラス。注目はそのうちの4勝を阪神コースでマークしている点だろう。内回りの1400メートルから、現在では適性より少し長い印象もある外回りの1800メートルまで、距離も様々。その舞台相性は抜群だ。

 

2番人気 クリノガウディー

父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母の父:ディアブロ

今回と同じ阪神競馬場では朝日杯フューチュリティSでの2着がある馬だが、当時よりも直線でモタれる面はキツくなっていて、近走の好走も左回りコースに集中している。前走と同じく、右回りの克服が最大のポイントになってくるだろう。

 

3番人気 ルークズネスト

父:モーリス
母:ヴィラ
母の父:ディープインパクト

重賞で好走している中京コースを得意にしているイメージが強いが、初勝利は阪神コースでマーク。右回りを割り引く必要はないだろう。むしろ、1400メートルの重賞を制した実績から、距離短縮がプラスに働く可能性が高い。前走以上の走りを期待できそうだ。

 

4番人気 ホウオウアマゾン

父:キングカメハメハ
母:ヒカルアマランサス
母の父:アグネスタキオン

阪神コースでは重賞制覇を果たしているだけでなく、2歳コースレコード決着だったデイリー杯2歳Sでの2着など、5戦して〔2・2・0・1〕の好成績。相性のいい舞台であることは間違いない。多少の馬体重増は成長分と考えたいが、極端に増えるのは歓迎できないだろう。

 

5番人気 ステルヴィオ

父:ロードカナロア
母:ラルケット
母の父:ファルブラヴ

阪神コースは〔0・1・0・3〕の成績で、得意としている舞台ではないように思えるが、休養前の手術で喉の状態が改善された現在は、違う評価が必要だろう。3歳時のような切れる脚を使えるようなら、ここでも好勝負が可能だ。

 

スワンステークスGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 7歳馬以上複勝率0%
  • レース間隔2週以下複勝率0%
  • 前走10着以下…複勝率0%
  • 前走下級戦2番人気以下複勝率0%

消去データをクリアした馬

  1. ガゼボ
  2. ギルデッドミラー
  3. クリノガウディー
  4. ステルヴィオ
  5. タイムフライヤー
  6. ダノンファンタジー
  7. ビッククインバイオ
  8. ホウオウアマゾン
  9. ルークズネスト

 

スワンステークスGⅡの好走データ

 

【前走OP非L組】

  • 前走2番人気以内…複勝率50%

 

【前走GⅠクラス組】

  • 当日2番人気以内…複勝率64%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • ギルデッドミラー
  • クリノガウディー
  • ダノンファンタジー

 

各馬の考察

 

【競馬で副収入】スワンステークスGⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • ギルデッドミラー
  • クリノガウディー
  • ダノンファンタジー

の考察をしてゆきます。

 

ギルデッドミラー

おすすめ材料

NHKマイルカップGⅠで3着、今年の京都牝馬SG3で2着と1400-1600mを得意としている。

前走で初めて1200mを使ってきて0.3秒差の5着はまずまずといったところ。休み明けの良化に期待したい。

不安材料

最後の勝利が1年前の1勝クラスだ。

善戦こそするが決め手に欠けるのが難点。

 

クリノガウディー

おすすめ材料

岩田康誠騎手に乗り替わった4走前の鞍馬Sで待望の2勝目をマークした。2年半前に新馬戦を勝った以来だ。

その後も安土城Hで1着、セントウルステークスGⅡでは今年のスプリンターズステークスGⅠ勝利馬となったピクシーナイトに0.2秒差まで詰め寄る3着と好走している。

不安材料

直線でモタれる面があり、キツくなってきている。

モタれることなく走ることができれば、昨年の高松宮記念GⅠで1位入線・降着4位にはならなかったのだが・・・。

 

ダノンファンタジー

おすすめ材料

阪神ジュベナイルフィリーズGⅠを制覇しており、重賞戦は5勝している。実力はこのメンバーでは間違いなく上位。

休み明けでもしっかり走れる馬なので、あとは良馬場ですんなり先行できれば。

不安材料

ここ3走では、出遅れ・重馬場・後方からの競馬と敗因ははっきりしているが、裏返せば条件が揃わないと脆い面が出てしまうようだ。

 

スワンステークスGⅡの結論

阪神芝1400

 

阪神・芝1400メートル(内回り)は、2コーナーの引き込み線からスタートして、3コーナーまでは約450メートル。

 

3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ば(残り190メートル付近)にかけて緩やかに下り、ゴール前に急な上りがある。

 

直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)。阪神・芝1200メートル(内回り)と同様に、前半が速くなりやすい構造だが、直線の坂で負荷もかかることによってタフさも要求される

 

スプリントやマイルとは距離が異なり、コース形態も独特なので、阪神・芝1400メートルのスペシャリストが繰り返し好走する傾向も見られる。

 

さて、気になるスワンステークスGⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

ダノンファンタジー

 

です。

 

今年は3戦して未勝利だが、どれも敗因が明確だ。良馬場すんなり先行してゆけば勝機は十分にある。

 

今回は藤岡騎手から乗りなれた川田騎手に替わるのは好材料です。ダノンファンタジーをよく知っている騎手なら、うまいことやってくれそう。

 

阪神コースが得意な馬なので、6度目の重賞制覇に期待します。

 

3連複36点

◎ダノンファンタジー(1頭軸流し)

〇クリノガウディー

▲ホウオウアマゾン

△ルークズネスト

△サウンドキアラ

△ステルヴィオ

△エアサージュ

カツジ

△ギルデットミラー

△ルフトシュトローム

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ