【競馬で副収入】新潟記念GⅢ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は新潟競馬場で開催される芝2000mのハンデ戦、

新潟記念GⅢ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

新潟記念GⅢの出走登録馬

【競馬で副収入】新潟記念GⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アドマイヤポラリス
  2. エフェクトオン
  3. ギベオン
  4. クラヴェル
  5. サトノアーサー
  6. サトノクロニクル
  7. ザダル
  8. ショウナンバルディ
  9. トーセンスーリヤ
  10. パルティアーモ
  11. プレシャスブルー
  12. マイネルサーパス
  13. マイネルファンロン
  14. ヤシャマル
  15. ラーゴム
  16. ラインベック
  17. リアアメリア
  18. レッドサイオン

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気 ザダル

父:トーセンラー
母:シーザシー
母の父:Lemon Drop Kid

前走のエプソムCで、2着馬とクビ差とはいえ待望の重賞制覇を決めたばかり。勢いに乗って今回に臨めるだろう。重賞連勝を決めることができれば、秋の大舞台に向け、グッと視界が開けるはず。前走と同じ左回りコースで、飛躍を期待させる走りを見せたいところだ。

 

2番人気 トーセンスーリヤ

父:ローエングリン
母:トーセンガラシャ
母の父:デュランダル

前走の函館記念を優勝。サマー2000シリーズで現在10ポイントを獲得し、3位タイにつけている。今回が同シリーズの最終戦で、ポイント上位2頭の参戦がないだけに、4着以内に入れば逆転優勝の可能性は大いにある。

 

3番人気 リアアメリア

父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母の父:Rockport Harbor

1年近く白星から遠ざかっているが、重賞2勝の実績を考えれば、いつ復活してもおかしくはないだろう。芝2000メートルでは昨年のローズS勝ちの結果を残しており、いい方向に働きそうでもある。まだ4歳で、衰えを見せる年齢でもない。

 

4番人気 ラーゴム

父:オルフェーヴル
母:シュガーショック
母の父:Candy Ride

母は現役時代にアメリカのG3ファンタジーSを勝つなど活躍を見せた。本馬も血統的な能力の高さをしっかりと受け継ぎ、すでに重賞を1勝。まだ3歳馬で今後の成長も見込めるだけに、さらに実績を重ねそうだ。

 

5番人気 クラヴェル

父:エピファネイア
母:ディアデラマドレ
母の父:キングカメハメハ

母は現役時代にマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯と重賞を3勝。祖母ディアデラノビアもフローラS、京都牝馬S、愛知杯と重賞を3勝しているように、優れた血筋から生まれてきたことは確か。本馬もいずれ重賞タイトルに手が届きそうだ。

 

新潟記念GⅢの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔3週以下複勝率0%
  • 前走10着以下複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • エフェクトオン
  • ギベオン
  • クラヴェル
  • サトノクロニクル
  • ザダル
  • トーセンスーリヤ
  • パルティアーモ
  • プレシャスブルー
  • ヤシャマル
  • ラーゴム
  • ラインベック

 

新潟記念GⅢの好走データ

 

【函館記念組】

  • 前走2番人気以内…複勝率50%

 

【エプソムカップ組】

  • 当日1番人気…複勝率50%
  • 前走2着以内…複勝率50%

 

【GⅠ組】

  • 前走斤量58kg、かつ当日10番人気以内…着差0.3秒内100%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • ギベオン
  • ザダル
  • トーセンスーリヤ

 

各馬の考察

【競馬で副収入】新潟記念GⅢ【2021】

 

軸馬候補

  • ギベオン
  • ザダル
  • トーセンスーリヤ

の考察をしてゆきます。

 

ギベオン

おすすめ材料

今年は金鯱賞GⅡ逃げ切り勝ちしており、2年ぶりの勝利を収め重賞2勝。その後はちょっと距離が短いマイラーズカップGⅡ・安田記念GⅠと出走して、いずれも好走している。

不安材料

斤量57.5kgは見込まれた感じがするがこのメンバーなら仕方がない。休み明けとなるため、好調が維持できていれば良いが・・・。

 

ザダル

おすすめ材料

長期休み明けのエプソムカップGⅢで1年ぶりに勝利。今回もレース間隔が開いているが、上位争いは間違いないだろう。

不安材料

今回の斤量が前走比+1.5kgの自身初の57.5kgを背負うことになる。休み明け・斤量増・騎手が未定と気になる点は多い。

 

トーセンスーリヤ

おすすめ材料

前走の函館記念は先行しつつ押し切っての圧勝。長期休み明けから良馬場なら安定した走りを見せている。鞍上の横山和生騎手との相性も抜群。

不安材料

今回は前走比+1.5kgの57.5kgでの出走となる。新潟の長い直線で前走のように先行して押し切るのは難しいかもしれない。

 

新潟記念GⅢの結論

新潟芝2000

 

新潟・芝2000メートル(外回り)は、2コーナー奥のポケットからスタートし、バックストレッチをフルに走るレイアウト。

 

3コーナーまでの距離は約950メートル。スタートしてしばらくは平坦だが、外回りコースに入ってから3コーナーまで緩やかに上り、そこから4コーナーにかけて今度は緩やかに下っていく。

 

JRAの芝2000メートルでは唯一コーナー通過が2回(東京は3回、その他の場は4回)のコース。直線距離は658.7メートルと、JRAでは最も長い(芝直線1000メートルを除く)。

 

上がりが極端に速いレースになりやすく、直線で内、外の有利不利が極端に出ることもある。騎手のポジション取りが重要なコースと言えるだろう。

 

さて、気になる新潟記念GⅢのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

ギベオン

 

です。

 

金鯱賞GⅡではスタート後からハナに立ち、マイペースに持ち込んでそのまま先頭でゴール

 

展開の助けがかなりあったのは間違いないが、昨年の牝馬3冠のデアリングタクトを退けたあたりは評価してもいいだろう。

 

その後は400m距離を短縮したマイラーズカップGⅡで0.4秒差7着、安田記念GⅠ0.9秒差9着と好走しており、調子は上向きであると言えそうだ。

 

しかも上記2レースはかなりのハイペースを先行していた点も評価したい。

 

今回は距離が400m延長の2000mのレース。前走の安田記念GⅠの58kgに比べー0.5kgで、かつ、ペースも落ち着くだろう。

 

切れる脚がない分、そのまま先行して押し切るレースができれば勝機は十分にある。

 

3連複36点

◎ギベオン(1頭軸流し)

〇エフェクトオン

▲レッドサイオン

△クラヴェル

△ザダル

△トーセンスーリヤ

△リアアメリア

△ラーゴム

△ショウナンバルディ

△パルティアーモ

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ