【競馬で副収入】紫苑ステークスGⅢ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中山競馬場で開催される3歳牝馬限定の芝2000m戦、

紫苑ステークスGⅢ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

紫苑ステークスGⅢの出走登録馬

【競馬で副収入】紫苑ステークスGⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アイリッシュムーン
  2. アビッグチア
  3. エイシンチラー
  4. エクランドール
  5. オータムヒロイン
  6. キヨラ
  7. クリーンスイープ
  8. シャーレイポピー
  9. スライリー
  10. スルーセブンシーズ
  11. トウシンモンブラン
  12. ハギノピリナ
  13. パープルレディー
  14. ファインルージュ
  15. プレミアエンブレム
  16. ホウオウイクセル
  17. ホウオウラスカーズ
  18. マリノアズラ
  19. ミスフィガロ
  20. ミヤビハイディ
  21. メイサウザンアワー
  22. ララサンスフル

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気 ファインルージュ

父:キズナ
母:パシオンルージュ
母の父:ボストンハーバー

前走のオークスは11着だったが、3走前のフェアリーS優勝に加え、前々走の桜花賞でソダシ、サトノレイナスに続く3着に入った実績は光る。マイル以下の距離は4戦して全て3着以内に好走。ここは2000メートルの克服が鍵となりそうだ。

 

2番人気 エクランドール

父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母の父:Green Tune

全兄に天皇賞(春)を連覇したフィエールマンがいる良血馬。本馬は、メイクデビュー東京(芝1800メートル)と1勝クラス(東京・芝2000メートル)を連勝。兄同様、3歳秋から一気に名を売りそうなムードだ。

 

3番人気 ホウオウイクセル

父:ルーラーシップ
母:メジロオードリー
母の父:スペシャルウィーク

春はフェアリーS(2着)、フラワーC(1着)と重賞で連続好走。桜花賞(9着)の後はオークスへ向かわず、秋に備えてきた。スタミナ豊富なメジロの血脈を母系に持ち、初めて経験する2000メートル戦への不安は少ない。

 

4番人気 ハギノピリナ

父:キズナ
母:ハギノアーク
母の父:アドマイヤムーン

前走のオークスで16番人気ながら3着に好走。その強烈な末脚は、世代一線級相手にも通用した。GⅠ3着があるものの、まだ2勝クラスの身。秋華賞に駒を進めるためにも、ここで優先出走権(3着以内)をゲットしておきたい。

 

5番人気 エイシンチラー

父:リアルインパクト
母:エーシンサーフィン
母の父:フレンチデピュティ

前走の2勝クラス・三面川特別(新潟・芝1800メートル)を、強烈な末脚で差し切り勝ち。それまで見せてきた先行策から一気に脚質の幅を広げてきた。デビューから4戦が中山コース。戦い慣れた舞台で重賞初勝利を目指す。

 

紫苑ステークスGⅢの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔3週以下複勝率0%
  • 前走斤量51kg以下複勝率0%
  • 前走未勝利戦複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • アイリッシュムーン
  • エイシンチラー
  • エクランドール
  • クリーンスイープ
  • シャーレイポピー
  • スライリー
  • スルーセブンシーズ
  • ハギノピリナ
  • パープルレディー
  • ファインルージュ
  • プレミアエンブレム
  • ホウオウイクセル
  • ホウオウラスカーズ
  • ミスフィガロ
  • ミヤビハイディ
  • メイサウザンアワー
  • ララサンスフル

 

紫苑ステークスGⅢの好走データ

 

【優駿牝馬組】

  • 当日1番人気…複勝率100%
  • 前走5着以内…複勝率60%

 

【1勝クラス組】

  • 前走1着…複勝率100%
  • 前走1番人気…複勝率100%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • クリーンスイープ
  • ハギノピリナ
  • ファインルージュ
  • プレミアエンブレム

 

各馬の考察

【競馬で副収入】紫苑ステークスGⅢ【2021】

 

軸馬候補

  • クリーンスイープ
  • ハギノピリナ
  • ファインルージュ
  • プレミアエンブレム

の考察をしてゆきます。

 

クリーンスイープ

おすすめ材料

4戦して連対率100%。切れる末脚をもっており中山競馬場も経験済みなので、勝って秋華賞へと繋げたい。

不安材料

前走の52kgから+2kg増の54kgでの出走となる。距離も200m延びる分、未知数なところが多い。

 

ハギノピリナ

おすすめ材料

2200m以上で3連対。前走の優駿牝馬では16番人気で.01秒差の3着と好走。実力はここでも上位で間違いない。

不安材料

中山競馬場は初めて。開幕週は馬場コンディションが良いため、前走のような後方からの末脚勝負では届かないかもしれない。

 

ファインルージュ

おすすめ材料

フェアリーステークスGⅢ1着、桜花賞GⅠ3着と能力は高い。前走の優駿牝馬GⅠの2400mは長かった感じだ。中山競馬場の開幕週でスピード勝負になれば面白い。

不安材料

前走の優駿牝馬の負け方が案外であった。また、母系のボストンハーバー産駒は短距離適性が高いため、今回の2000mは長すぎるかもしれない。

 

プレミアエンブレム

おすすめ材料

6戦して複勝率100%。負けても1馬身差以内と安定した走り。前走の1勝クラスでは先行したまま上り最速の末脚で2着に0.5秒差の圧勝。これなら上位クラスでも通用する。

不安材料

斤量が前走比+2kg増の54kg。相手が強くなる分、斤量の影響は無視できない。

 

紫苑ステークスGⅢの結論

中山芝2000

 

中山・芝2000メートル(内回り)は、ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。

 

スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。

 

そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。

 

芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。

 

2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

 

さて、気になる紫苑ステークスGⅢのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

ファインルージュ

 

です。

 

優駿牝馬では馬場悪い内側を終始走っており、位置取りも後方に押し下げられてしまった印象。

 

最後の直線は前横と壁ができて進路がなく、思ったところで仕掛けることができなかった。

 

ただ、ファインルージュにとって2400mは長すぎた印象もある。距離が400m短くなる2000mなら見直していいだろう。

 

3連複15点

◎ファインルージュ(1頭軸流し)

〇プレミアムエンブレム

▲ハギノピリナ

△クリーンスイープ

△エクランドール

△エイシンチラー

△トウシンモンブラン

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ