【競馬で副収入】天皇賞秋GⅠ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は東京競馬場で開催される芝の2000m戦、

天皇賞秋GⅠ

です。

 

今年皐月賞を制覇したエフフォーリア、GⅠ5勝のグランアレグリア、無敗で3冠馬となったコントレイル、菊花賞・天皇賞春を制覇したワールドプレミア、GⅠ未勝利だけど2着3回・3着1回の掲示板を外したことのないカレンブーケドール

 

天皇賞秋に超一流の馬たちが揃いました。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

天皇賞秋GⅠの出走登録馬

【競馬で副収入】天皇賞秋GⅠ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. コントレイル
  2. カデナ
  3. モズベッロ
  4. ポタジェ
  5. エフフォーリア
  6. トーセンスーリヤ
  7. ワールドプレミア
  8. サンレイポケット
  9. グランアレグリア
  10. カイザーミノル
  11. ムイトオブリガード
  12. ラストドラフト
  13. ペルシアンナイト
  14. カレンブーケドール
  15. ヒシイグアス
  16. ユーキャンスマイル

 

人気馬予想は以下の通り!

 

1番人気 コントレイル

父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母の父:Unbridled's Song

クラシック三冠無敗制覇を達成した昨年の偉業は記憶に新しいところ。近2戦の敗戦も、アーモンドアイに敗れたジャパンカップ(2着)、重馬場に苦しんだ大阪杯(3着)と敗因はある。ファンが待ち望む復活Vなるか、注目だ。

 

2番人気 グランアレグリア

父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母の父:Tapit

輝かしいGⅠ5勝の実績。前走の安田記念は2着に敗れたが、勝ち馬ダノンキングリーとのタイム差はなしと、勝ちに等しい内容だった。2000メートルに挑戦した春の大阪杯(4着)は不得手な重馬場。中距離でもその強さを証明したい。

 

3番人気 エフフォーリア

父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
母の父:ハーツクライ

メイクデビュー札幌(芝2000メートル)から皐月賞まで無傷の4連勝。前走の日本ダービー(2着)は内から伸びたシャフリヤールに意表を突かれたが、タイム差なしなら評価を下げる必要はない。現3歳世代の代表として堂々と戦う。

 

4番人気 カレンブーケドール

父:ディープインパクト
母:ソラリア
母の父:Scat Daddy

GⅠ、GⅡでの2着が3回ずつ。最強の重賞未勝利馬が念願のタイトルを目指す。今年に入っても日経賞2着、天皇賞(春)3着、宝塚記念4着と、強敵相手に実力を証明。豪華メンバーが集うここでも侮ることはできない。

 

5番人気 ワールドプレミア

父:ディープインパクト
母:マンデラ
母の父:Acatenango

2019年菊花賞、2021年天皇賞(春)を制した現役屈指のステイヤーが、中距離の勲章も狙ってきた。ここは2019年3月の若葉S(リステッド。阪神、2着)以来の2000メートル戦。前走から1200メートルの短縮は鍵になるが、素質の高さでクリアできそうだ。

 

天皇賞秋GⅠの消去データ

 

消去データ

  • 6歳馬以上複勝率0%
  • キャリア21戦以上複勝率0%
  • 休み明け3戦目以上…複勝率0%
  • 前走10番人気以下複勝率0%
  • 前走GⅢクラス以下複勝率0%

消去データをクリアした馬

  1. コントレイル
  2. カデナ
  3. モズベッロ
  4. ポタジェ
  5. エフフォーリア
  6. トーセンスーリヤ
  7. ワールドプレミア
  8. サンレイポケット
  9. グランアレグリア
  10. カイザーミノル
  11. ムイトオブリガード
  12. ラストドラフト
  13. ペルシアンナイト
  14. カレンブーケドール
  15. ヒシイグアス
  16. ユーキャンスマイル

 

天皇賞秋GⅠの好走データ

 

【前走GⅠクラス組】

  • 当日2番人気以内…複勝率80%
  • 前走2着以内…複勝率56%
  • 前走2番人気以内…複勝率69%
  • 前走上り3ハロン1位…複勝率67%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • コントレイル
  • エフフォーリア
  • ワールドプレミア
  • グランアレグリア

 

各馬の考察

 

【競馬で副収入】天皇賞秋GⅠ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • コントレイル
  • エフフォーリア
  • ワールドプレミア
  • グランアレグリア

の考察をしてゆきます。

 

コントレイル

おすすめ材料

デビューから7戦無敗で3冠馬となった逸材。

ジャパンカップGⅠではアーモンドアイに敗れたが0.2秒差なら文句はないだろう。

続く大阪杯GⅠでは重馬場で阪神の急坂を2度越えるコースに泣かされての3着。良馬場の東京コースなら勝機は十分にある。

不安材料

今回は1枠1番となったしまった。

枠順的にはコースロスなく進めるので文句なしだが、グランアレグリアやエフフォーリアに常にマークされながらの競馬となるため、仕掛けどころが難しい。

 

エフフォーリア

おすすめ材料

前走のダービーではシャフリヤールに切れ負けしたが、その差はハナ差だけ。実力は世代でトップクラス。

距離的な問題で菊花賞を回避したが、制覇した皐月賞と同じ2000mなら、2002年シンボリクリスエス以来の3歳馬天皇賞秋制覇も夢ではない。

不安材料

ダービー以来のレースとなる。

休み明け初戦でも問題はないだろうが、有力馬をマークしすぎて位置取りを下げてしまうと最後に届かないということになりそうだ。

 

ワールドプレミア

おすすめ材料

現役屈指のステイヤー。菊花賞と天皇賞春を制覇している。

2000mの中距離は2年半ぶりとなるが、豊富なスタミナを活かして前目からの競馬をすれば、そのまま押し切ることも可能だ。

不安材料

前走の天皇賞春から1200mも距離が短縮する。

当然ペースが速くなるので、馬自身がついてゆけるかどうか?

 

グランアレグリア

おすすめ材料

GⅠ5勝は伊達じゃない。

自身初となる2000m戦の大阪杯GⅠ。距離が長すぎるという印象もあったが、当時は重馬場に加えて、阪神の内回りでコーナー通過4回のコース形態。良馬場の東京コースなら、末脚が爆発しそうだ。

不安材料

大阪杯以来の2回目の2000m戦となる。

最後の直線まで脚を温存することができるかどうか。上手く内に入れることができればいいが。

 

天皇賞秋GⅠの結論

東京芝2000

 

東京・芝2000メートルは、1コーナー奥にあるスタート地点から2コーナーに向かっていくレイアウト。

 

2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると距離のロスが大きい。

 

向正面半ばに上り坂があり、その後3コーナーにかけて下り

 

直線は525.9メートル。直線に向いてすぐ約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦

 

坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。

 

レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力タフなコースを押し切れるだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

 

さて、気になる天皇賞秋GⅠのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

コントレイル

 

です。

 

グランアレグリアが強敵ですが、2000mの距離ではコントレイルに軍配が上がりそうです。

 

今回も各馬からマークされる立場になりますが、中距離で良馬場なら現役最強間違いなし!

 

連勝がストップしたジャパンカップでは、アーモンドアイ相手に少し後ろからの競馬となったのが仇となり、続く大阪杯では重馬場でコーナーを4回、急坂を2回こなさなければならないという厳しい状況で、切れる脚を最大の武器にしているコントレイルにとって、最後が苦しくなってしまうレースとなってしまった。

 

連勝記録は途切れたものの天皇賞秋を勝利となれば、1965年のシンザン、1984年のミスターシービーに次ぐ、3冠馬の天皇賞秋制覇となります。

 

年内に引退するコントレイルに送るタイトルとして、陣営はこれを狙っているのかもしれませんね。

 

3連複28点

◎コントレイル(1頭軸流し)

〇グランアレグリア

▲カレンブーケドール

△エフフォーリア

△ワールドプレミア

△ポタジェ

△ペルシアンナイト

トーセンスーリヤ

△ヒシイグアス

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ