【競馬で副収入】京王杯2歳ステークスGⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

先週のスワンステークスGⅡと天皇賞秋GⅠは3連複で見事的中となりました。

スワンS3連複2021

・スワンステークス 3連複 6180円

天皇賞秋3連複2021

・天皇賞秋 3連複 350円

 

10月は回収率158%と好調でしたので、11月も回収率100%超目指して頑張ります♪

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は東京競馬場で開催される芝の1400m戦、

京王杯2歳ステークスGⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

京王杯2歳ステークスGⅡの出走登録馬

 

【競馬で副収入】京王杯2歳ステークスGⅡ【2021】

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アイムファイン
  2. アポロルタ
  3. キングエルメス
  4. コラリン
  5. シゲルファンノユメ
  6. ジャスパークローネ
  7. スズカコテキタイ
  8. セルバーグ
  9. テーオースパロー
  10. トウシンマカオ
  11. ファンデル
  12. ベルウッドブラボー
  13. ホワイトターフ
  14. ラブリイユアアイズ
  15. レッツリブオン
  16. ヴィアドロローサ

 

人気馬予想は以下の通り!

 

1番人気 コラリン

父:ダイワメジャー
母:モルジアナ
母の父:Dubawi

前走のオープン特別・カンナS(中山・芝1200メートル)は後方から鋭く差し切って2連勝を決めた。母がダート短距離で4勝を挙げたモルジアナで、叔父に2019年阪神大賞典など重賞3勝を挙げたシャケトラがいる筋の通った母系にも注目だ。

 

2番人気 ジャスパークローネ

父:Frosted
母:Fancy Kitten
母の父:Kitten's Joy

メイクデビュー新潟(芝1200メートル)を鮮やかに逃げ切った後、カンナS(中山・芝1200メートル)、もみじS(阪神・芝1400メートル)とオープン特別で連続3着に好走。父フロステッドはタピットの仔で、母系もアメリカのスピード血統。ここでも速力は上位だろう。

 

3番人気 ヴィアドロローサ

父:ロードカナロア
母:ロイヤルストリート
母の父:ディープインパクト

メイクデビュー函館(芝1200メートル)、オープン特別・すずらん賞(札幌・芝1200メートル)を連勝。中京・芝1200メートルでコースレコードV(当時)がある母ロイヤルストリートのスピードを豊かに受け継いでいる。

 

4番人気 ラブリイユアアイズ

父:ロゴタイプ
母:オープンユアアイズ
母の父:ヴィクトワールピサ

メイクデビュー札幌(芝1200メートル)、オープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500メートル)を2連勝。父ロゴタイプが3着に敗れたクローバー賞を制し、勢いのままに産駒のJRA重賞初勝利を目指す。

 

5番人気 シゲルファンノユメ

父:ディーマジェスティ
母:ノーザンスター
母の父:カーネギー

ここは新種牡馬の産駒がそろったが、本馬もディーマジェスティ産駒の1期生。前走のオープン特別・カンナS(中山・芝1200メートル、2着)では、最後方から鋭い末脚を発揮して勝ち馬コラリンを追い詰めた。母ノーザンスターに当舞台で2度の3着がある点も心強い。

 

京王杯2歳ステークスGⅡの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔2週以下複勝率0%
  • 前走新馬戦複勝率0%

消去データをクリアした馬

  1. アイムファイン
  2. キングエルメス
  3. コラリン
  4. シゲルファンノユメ
  5. ジャスパークローネ
  6. テーオースパロー
  7. ファンデル
  8. ベルウッドブラボー
  9. ホワイトターフ
  10. ラブリイユアアイズ
  11. レッツリブオン
  12. ヴィアドロローサ

 

京王杯2歳ステークスGⅡの好走データ

 

【前走カンナS組】

  • 当日4番人気以内…複勝率50%

 

【前走ダリア賞組】

  • 前走1着…複勝率50%
  • 前走上り3ハロン1位…複勝率100%

 

【前走すずらん賞組】

  • 前走上り3ハロン5位以内…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • コラリン
  • ベルウッドブラボー
  • ヴィアドロローサ

 

各馬の考察

 

【競馬で副収入】京王杯2歳ステークスGⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • コラリン
  • ベルウッドブラボー
  • ヴィアドロローサ

の考察をしてゆきます。

 

コラリン

おすすめ材料

新馬戦では.03秒差の4着となったが、芝1000m戦でのもの。

続く2戦、3戦では距離を伸ばした1200mで2連勝した。ダイワメジャー産駒なら、さらに200m延びる1400m戦も問題ないだろう。

 

ベルウッドブラボー

おすすめ材料

新馬戦で0.2秒差の3着。未勝利戦とダリア賞ともに連勝している。

今回の京王杯2歳ステークスと同じ東京芝1400mを経験しているのは強み。

 

ヴィアドロローサ

おすすめ材料

新馬戦・すずらん賞と連勝中。

父ロードカナロア、母ロイヤルストリートとともにスピード豊かな血統で、本馬もそのスピードを受け継いでいる。

 

京王杯2歳ステークスGⅡの結論

東京芝1400

 

東京・芝1400メートルは、バックストレッチ半ばからのスタートで、3コーナーまでの距離は約350メートル。

 

スタート直後に上り坂があり、そこを越えると3コーナーまで下っていくが、前半は比較的ゆったりと流れることが多い。

 

直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り坂(高低差2.0メートル)があり、ゴール前の残り約300メートルはほぼ平坦となる。

 

前半が遅く流れる分、上がりが速くなるケースが多い。芝1400メートルは、スプリンター(芝1200メートル巧者)にもマイラー(芝1600メートル巧者)にとってもベストな距離ではなく、また、重賞ではGⅠの前哨戦として行われることが多い距離。

 

先行してスピードを持続できる能力を持つ馬が好走することが多い。

 

さて、気になる京王杯2歳ステークスGⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

コラリン

 

です。

 

3戦してすべて上り3ハロン2位の脚を使えているおり能力の高さを示している。

 

1000m⇒1200m⇒1200m⇒1400mと少しづつ距離を延ばしているので、距離延長も問題ないだろう。

 

3連複15点

◎コラリン(1頭軸流し)

〇ヴィアドロローサ

▲ベルウッドブラボー

△ラブリイユアアイズ

△キングエルメス

△トウシンマカオ

△レッツリブオン

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ