【競馬で副収入】神戸新聞杯GⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中京競馬場で開催される芝2200m戦、

神戸新聞杯GⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

神戸新聞杯GⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】神戸新聞杯GⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. イクスプロージョン
  2. キングストンボーイ
  3. シゲルソウサイ
  4. シャフリヤール
  5. ステラヴェローチェ
  6. セファーラジエル
  7. テイエムタツマキ
  8. モンテディオ
  9. レッドジェネシス
  10. ワンダフルタウン

 

人気予想は以下の通り!

1番人気 シャフリヤール

父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母の父:Essence of Dubai

3着に敗れた共同通信杯も含め、底を感じさせないパフォーマンスで4戦を消化。しかしながら、そのいずれもが良馬場であり、ディープインパクト産駒が得意とする芝状態であったことは見逃せない。タフな馬場状態になったときの対応が唯一の死角と言えるだろう。

 

2番人気 ステラヴェローチェ

父:バゴ
母:オーマイベイビー
母の父:ディープインパクト

1着シャフリヤール、2着エフフォーリアと並ぶ推定上がり3ハロンタイムをマークし、速い時計の出やすい馬場への対応力を見せた前走の日本ダービー(3着)。その一方で、パワーの要る馬場も得意。決め手を封じられる状況のほうが、この馬の強みを生かせるのかもしれない。

 

3番人気 キングストンボーイ

父:ドゥラメンテ
母:ダイワパッション
母の父:フォーティナイナー

レース間隔をしっかりと取りながら出走してきた馬。春の段階では体力が整っていなかったということだろう。夏を越えての成長をしっかりとチェックしたい。血統的に、タフな馬場コンディションは対応可能。初の中京コースも問題ないはずだ。

 

4番人気 ワンダフルタウン

父:ルーラーシップ
母:シーオブラブ
母の父:ディープインパクト

8月末には帰厩し、栗東CWコースをメインにしっかりと調整されている。休み明けは問題ないタイプだが、同じ休み明けでも青葉賞(1着)の時より順調なイメージを持てる調整過程。かなりの仕上がりで出走できるだろう。多少の馬体重の増減は気にしなくていいはずだ。

 

5番人気 レッドジェネシス

父:ディープインパクト
母:リュズキナ
母の父:Storm Cat

今回と同じ舞台で行われた今年の京都新聞杯の勝ち馬。コース適性に関しては言うことないだろう。間隔が空くと気が抜けてしまうのか、過去2回の休み明けはどちらも結果が出なかった。集中して走れるかどうかが今回もポイントになるだろう。

 

神戸新聞杯GⅡの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔4週以下複勝率0%
  • 前走条件戦3着以下複勝率0%
  • 前走1.0秒以上負け複勝率0%
  • 前走条件戦2番人気以下複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. キングストンボーイ
  2. シャフリヤール
  3. ステラヴェローチェ
  4. セファーラジエル
  5. ワンダフルタウン

 

神戸新聞杯GⅡの好走データ

 

【東京優駿組】

  • 当日3番人気以内…複勝率79%
  • 前走5着以内…複勝率78%
  • 前走5番人気以内…複勝率86%
  • 前走上り3F2位以内…複勝率73%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • シャフリヤール
  • ステラヴェローチェ
  • ワンダフルタウン

 

各馬の考察

【競馬で副収入】神戸新聞杯GⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • シャフリヤール
  • ステラヴェローチェ
  • ワンダフルタウン

の考察をしてゆきます。

 

シャフリヤール

おすすめ材料

4戦3勝3着1回。今年の東京優駿では強敵皐月賞馬のエフフォーリアーをハナ差破ってGⅠ制覇。

中京競馬場は初めてだが、直線の坂を苦にせず切れる脚を使えるので問題はない。

不安材料

唯一の休み明けだった共同通信杯で3着だった。レース間隔が開くと気が抜けてしまうタイプなのかもしれない。

 

ステラヴェローチェ

おすすめ材料

朝日杯FSGⅠ2着、皐月賞GⅠ・東京優駿GⅠともに3着とあと一息のレースが続くが、3歳世代のなかでも能力は上位クラス。

距離も200m短くなるので問題はないだろう。凱旋門賞に登録を行ったほどこの馬に対する陣営の意気込みを感じる。

不安材料

今年に入ってから1着がない。

善戦はするものの届かずが多いため、展開に左右されやすい傾向にある。

 

ワンダフルタウン

おすすめ材料

タフな流れと馬場状態ならチャンスはありそう。

切れる脚はないが先行してそのまま流れ込む競馬を得意としているため、ペースが落ち着いたときは侮れない。ひと夏越えた成長力に期待したい。

不安材料

前走のダービーで初めて複勝圏内から外れてしまった。

時計勝負になるようなレースには向いていないようだ。

 

神戸新聞杯GⅡの結論

中京芝2200

 

中京・芝2200メートルは、ホームストレッチの4コーナー側にあるポケットからのスタート。

 

1コーナーまでの距離は約500メートル。スタート後、約200メートルで上り坂

 

その後、1コーナー手前から向正面半ばまで緩やかに上る。向正面半ばから直線の入り口まで緩やかな下り

 

ゴール前の直線は412.5メートル。ホームストレッチの坂を2回上ることになる。

 

そのため、スタミナや持久力が要求されるタフなコースレイアウトといえる。

 

さて、気になる神戸新聞杯GⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

シャフリヤール

 

です。

 

全兄皐月賞GⅠ大阪杯GⅠを制したアルアインがいる。血統的には文句なしの良血馬だ。

 

時計のでる良馬場は得意とするところだが、馬場が渋った場合は未経験の領域となる。ぜひ良馬場で走らせたい。

 

今回の神戸新聞杯のメンバーを見る限り、ここで負けるわけにはいかない。鞍上の福永祐一騎手も下手な乗り方はしないだろう。

 

3連複15点

◎シャフリヤール(1頭軸流し)

〇ステラヴェローチェ

▲ワンダフルタウン

△キングストンボーイ

△セファーラジエル

△モンテディオ

△レッドジェネシス

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ