【競馬で副収入】オールカマーGⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中山競馬場で開催される芝2200m戦、

オールカマーGⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

オールカマーGⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】オールカマーGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アールスター
  2. アドマイヤアルバ
  3. ウインキートス
  4. ウインマリリン
  5. キングオブコージ
  6. グローリーヴェイズ
  7. ゴールドギア
  8. サトノソルタス
  9. ステイフーリッシュ
  10. セダブリランテス
  11. ソッサスブレイ
  12. ブレステイキング
  13. マウントゴールド
  14. ランブリングアレー
  15. レイパパレ
  16. ロザムール

 

人気予想は以下の通り!

1番人気 レイパパレ

父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母の父:クロフネ

6戦6勝で今春の大阪杯を優勝。前走の宝塚記念で連勝はストップしたが、1着クロノジェネシスなどの強敵を相手に3着と力は示した。先行力抜群のディープインパクト産駒。初の中山コースを苦にするイメージもない。

 

2番人気 グローリーヴェイズ

父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母の父:スウェプトオーヴァーボード

2019年の天皇賞(春)で2着に好走し、同年の香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)を優勝。長距離向きのイメージがあったが、前走のクイーンエリザベスⅡ世C(G1・香港。2着)では芝2000メートルで好走した。地力はここでも上位だ。

 

3番人気 ウインマリリン

父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロ
母の父:Fusaichi Pegasus

昨年のオークス2着が光るが、今年の日経賞をはじめ、中山・芝コースも3勝の好相性を誇る。前走の天皇賞(春)は5着だったが、さすがに距離が長かった印象で、実績のある中距離戦で巻き返しを図る。

 

4番人気 ランブリングアレー

父:ディープインパクト
母:ブルーミングアレー
母の父:シンボリクリスエス

差す競馬が板につき、今年に入って愛知杯(2着)、中山牝馬S(1着)、ヴィクトリアマイル(2着)と結果を残している。前走はマイル戦だったが、2000メートルでも4連対をマーク。初の2200メートルもクリア可能だろう。

 

5番人気 ステイフーリッシュ

父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母の父:キングカメハメハ

前々走の京都記念(2着)など、常に強敵相手に差のない競馬を披露。重賞で実に13回、3着以内に好走している安定感が頼もしい。前走の札幌記念は心房細動で競走中止となっているだけに、この中間の状態はしっかりと見極めたい。

 

オールカマーGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 7歳以上の馬複勝率0%
  • キャリア31戦以上複勝率0%
  • 前走2.0秒以上負け複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. アールスター
  2. ウインキートス
  3. ウインマリリン
  4. キングオブコージ
  5. グローリーヴェイズ
  6. ゴールドギア
  7. サトノソルタス
  8. ステイフーリッシュ
  9. ブレステイキング
  10. ランブリングアレー
  11. レイパパレ
  12. ロザムール

 

オールカマーGⅡの好走データ

 

【GⅠクラス組】

  • 当日3番人気以内…複勝率58%
  • 前走9着以内…複勝率56%
  • 前走9番人気以内…複勝率56%

 

【海外レース組】

  • 当日3番人気以内…複勝率67%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • ウインマリリン
  • グローリーヴェイズ
  • ランブリングアレー
  • レイパパレ

 

各馬の考察

【競馬で副収入】オールカマーGⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • ウインマリリン
  • グローリーヴェイズ
  • ランブリングアレー
  • レイパパレ

の考察をしてゆきます。

 

ウインマリリン

おすすめ材料

東京優駿GⅠを2着と好走し、今年は日経賞GⅡを勝利した。

距離に不安のあった天皇賞春GⅠの3200mも5着と奮闘しているようにスタミナと能力は高く、今回の2200mは問題なくこなせるだろう。

不安材料

今回はペースが落ち着きそうだが、Cコース使用のため差し馬有利の展開になると目標にされやすく、最後の直線で差される公算が高い。

 

グローリーヴェイズ

おすすめ材料

日本でのGⅠは未勝利だが、香港で念願のGⅠを勝ち取っている。

昨年の宝塚記念GⅠ以外での大崩れはなく、今年も香港競馬場のクイーンエリザベス2GⅠで2着と好調を維持しており、乗りなれたMデムーロ騎手に乗り替わるのも面白い。

不安材料

善戦こそはするものの今一つ勝ちきれない。

最近は先行してそのまま流れ込む競馬が多く、切れる脚が使えていないので、スローペースでレースが進まないと勝ちきれないかも。

 

ランブリングアレー

おすすめ材料

今年のヴィクトリアマイルCGⅠで2着と健闘。

重賞を3連続で連対しており調子は上向き。戸崎騎手に乗り替わるが問題はないだろう。

不安材料

しばらく牝馬限定戦を使ってきたので久しぶりの牡馬混合戦となる。

休み明けのため仕上がりには注目したい。

 

レイパパレ

おすすめ材料

新馬戦から5連勝して大阪杯GⅠを勝利して6連勝と記録を作る。

続く宝塚記念GⅠは3着と敗れるが、あのクロノジェネシスを相手に0.5秒差まで耐え抜いたのだから、能力はココでは頭一つ抜けている。

不安材料

中山競馬場で競馬をするのは初めてとなる。

輸送の問題や休み明けも重なるので、今週の仕上げには注目したい。

 

オールカマーGⅡの結論

中山芝2200

 

中山・芝2200メートル(外回り)は、ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。

 

スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー途中から3コーナーまで終始下りとなる。

 

最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。

 

前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される

 

このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力、かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。

 

さて、気になるオールカマーGⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

レイパパレ

 

です。

 

7戦して複勝率100%。それでいて今年大阪杯GⅠを勝っているのだから、このメンバーでは負けられないだろう。

 

今回はロザムールが逃げて、それを見るようにレイパパレが2~3番手あたりにつけて、その後ろあたりにグローリーヴェイズが並びそう。ペースは落ち着きそうだ

 

中山の直線は短く、そして急こう配の坂がある。同様に直線に坂がある阪神競馬場を4戦しているので苦にはしないはず

 

レース間隔をあけて大切に使われているので、今回も好勝負は間違いないだろう。

 

3連複15点

◎レイパパレ(1頭軸流し)

〇ウインマリリン

▲グローリーヴェイズ

△ランブリングアレー

△ステイフーリッシュ

△キングオブコージ

△アドマイヤアルバ

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ