【競馬で副収入】シリウスステークスGⅢ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中京競馬場で開催されるダート1900mのハンデ戦、

シリウスステークスGⅢ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

シリウスステークスGⅢの出走登録馬

【競馬で副収入】シリウスステークスGⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アシャカトブ
  2. アナザートゥルース
  3. ウェスタールンド
  4. エブリワンブラック
  5. エルデュクラージュ
  6. クレスコブレイブ
  7. ケイティブレイブ
  8. ゴッドセレクション
  9. サクラアリュール
  10. サンデーウィザード
  11. サンライズホープ
  12. ダノンスプレンダー
  13. テンザワールド
  14. ドスハーツ
  15. ネオブレイブ
  16. ハヤヤッコ
  17. バラックパリンカ
  18. ブルベアイリーデ
  19. メイショウエイコウ
  20. ライトウォーリア
  21. リアンヴェリテ
  22. ロードリバーサル

 

人気予想は以下の通り!

1番人気 ハヤヤッコ

父:キングカメハメハ
母:マシュマロ
母の父:クロフネ

祖母シラユキヒメから始まる白毛一族。注目度だけでなく、今年の桜花賞をソダシが、チューリップ賞をメイケイエールが制したように、実力も兼ね備えた牝系と言える。今、一番勢いに乗っている血統と言ってもよく、本馬も近親たちに続きたい。

 

2番人気 ゴッドセレクション

父:ノヴェリスト
母:アルティメイトラブ
母の父:シンボリクリスエス

祖母コイウタは2007年のヴィクトリアマイルでGⅠ初制覇。その他にもクイーンCを制するなどの活躍を見せた。祖母は芝で活躍したが、叔父に2019年のフェブラリーSで3着に入ったユラノトがおり、本馬も高い素質とダート適性を秘めている。

 

3番人気 アナザートゥルース

父:アイルハヴアナザー
母:キョウエイトルース
母の父:フジキセキ

5歳春のアンタレスSで重賞初制覇を果たした本馬も7歳秋を迎えた。ただ、半兄サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)は7歳時にJBCクラシック(JpnⅠ)を制すなど、息の長い活躍を見せた。血統的には、ここからさらなる成長を見せる可能性もある。

 

4番人気 ケイティブレイブ

父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母の父:サクラローレル

2017年の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)を勝ち、その後も実績を積み重ねながら8歳秋を迎えた。能力の衰えを感じさせないレースぶりを見せており、まだタイトルを重ねられそうだ。今回は転厩2戦目の上積みも見込めるだろう。

 

5番人気 ダノンスプレンダー

父:ロードカナロア
母:メジロスプレンダー
母の父:シンボリクリスエス

叔父に重賞4勝のサトノノブレス、半妹に3勝を挙げるシホノレジーナ(父ダイワメジャー、現役)がいる血統。本馬は重賞タイトルにこそ手が届いていないが、近2走は重賞で4着に入っており、勝つだけの素質は備えていると言っていいだろう。

 

シリウスステークスGⅢの消去データ

 

消去データ

  • 8歳以上複勝率0%
  • 前走10着以下複勝率0%
  • 前走条件戦2番人気以下複勝率0%
  • 前走1600m以下複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. エルデュクラージュ
  2. クレスコブレイブ
  3. ゴッドセレクション
  4. サクラアリュール
  5. サンライズホープ
  6. ダノンスプレンダー
  7. ネオブレイブ
  8. ハヤヤッコ
  9. ブルベアイリーデ
  10. メイショウエイコウ

 

シリウスステークスGⅢの好走データ

 

【前走GⅢクラス組】

  • 当日5番人気以内…複勝率53%
  • 前走5着以内…複勝率62%
  • 前走上り3F2位以内…複勝率63%

 

【前走地方戦組】

  • 当日2番人気以内…複勝率67%
  • 前走2番人気以内…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • ゴッドセレクション
  • サンライズホープ
  • ダノンスプレンダー

 

各馬の考察

【競馬で副収入】シリウスステークスGⅢ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • ゴッドセレクション
  • サンライズホープ
  • ダノンスプレンダー

の考察をしてゆきます。

 

ゴッドセレクション

おすすめ材料

新馬戦こそは1.7秒差の大敗を喫したがその後はすべて3着以内に善戦している。

前2走は地方の兵庫チャンピオンシップJⅡで2着、ジャパンダートダービーJⅠでも2着と3歳世代では間違いなく能力上位。

不安材料

今回が初めての古馬との戦いになる。

休み明けは苦にしないタイプだが、ハンデ戦でどこまで通用するのか。

 

サンライズホープ

おすすめ材料

今年に入ってから2連勝で現級入りを果たした。

前走は3歳時依頼の重賞戦だったが0.8秒差の6着は上々。気持ちよく逃がすことができればチャンスはある。

不安材料

昨年の10月から8戦こなした後に休養。

今回は3カ月ぶりのレースとなるため、緩い仕上がりになっていなければ良いが・・・。

 

ダノンスプレンダー

おすすめ材料

前3走は馬場状態が馬に合わずレースに影響したようだ。

力のいる良馬場なら、先行してそのまま押し切れるだけの能力はあるだろう。

不安材料

レース間隔を開けながら使われてきているため、直前の調教が見逃せない。

斤量も56kgと恩恵はなく、展開に左右されやすい競馬となりそうだ。

 

シリウスステークスGⅢの結論

中京ダート1900

 

中京・ダート1900メートルは、ホームストレッチからのスタートで1コーナーまでの距離は約400メートル。

 

スタート後に上り坂があり、その後は2コーナー半ばまでほぼ平坦。

 

2コーナー半ばから向正面の半ばまで緩やかに上った後は、4コーナー過ぎにかけて緩やかに下る

 

ゴール前の直線は410.7メートル。直線に向いてすぐに上り坂を約150メートル上る。

 

スタート直後に坂を上るため前半の負荷が強いうえ、直線が長くゴール前にも坂がある。スタミナとパワーが要求されるコースといえる。

 

さて、気になるシリウスステークスGⅢのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

ゴッドセレクション

 

です。

 

7戦して複勝圏外となったのは新馬戦の1回限り

 

今回が初めての古馬との闘いになるが、前2走で兵庫チャンピオンシップJⅡジャンダートダービーJⅠをともに2着と善戦していることからも能力の高さがうかがえるので問題ないだろう。

 

また、ハンデが54kgとこの馬にとって初めての軽い斤量となるのも好材料だ。

 

直線の坂も過去のレースで好走しており、むしろ坂があった方が図太く持ち味を活かせる走りをしている。

 

3連複28点

◎ゴッドセレクション(1頭軸流し)

〇ダノンスプレンダー

▲サンライズホープ

△ブルベアイリーデ

△サクラアリュール

△エブリワンブラック

△ハヤヤッコ

△ウェスタールンド

△アナザートゥルース

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ