【競馬で副収入】セントライト記念GⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中山競馬場で開催される芝2200mの3歳限定戦、

セントライト記念GⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

セントライト記念GⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】セントライト記念GⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アサマノイタズラ
  2. オーソクレース
  3. カレンルシェルブル
  4. グラティアス
  5. ソーヴァリアント
  6. タイトルホルダー
  7. タイムトゥヘヴン
  8. ノースブリッジ
  9. ベルウッドエオ
  10. ルペルカーリア
  11. レインフロムヘヴン
  12. レッドヴェロシティ
  13. ワールドリバイバル
  14. ヴィクティファルス
  15. ヴェイルネビュラ

 

人気予想は以下の通り!

1番人気 タイトルホルダー

父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母の父:Motivator

父は今年8月に死亡した二冠馬ドゥラメンテ。本馬は弥生賞ディープインパクト記念で父の産駒初となる重賞勝ちを飾り、続く皐月賞では2着に好走した世代トップクラスの実力馬だ。父仔クラシック制覇に向けて、前哨戦のここは負けられない。

 

2番人気 オーソクレース

父:エピファネイア
母:マリアライト
母の父:ディープインパクト

デビュー2戦目のアイビーS(リステッド。東京・芝1800メートル、1着)でラーゴム(のちにきさらぎ賞を優勝)を退け、前走のホープフルSでは2着に入ってクラシック候補に挙げられた素質馬。骨折で春を棒に振り、約9か月ぶりの実戦で仕上がりがポイントになりそうだ。

 

3番人気 ソーヴァリアント

父:オルフェーヴル
母:ソーマジック
母の父:シンボリクリスエス

3月の弥生賞ディープインパクト記念で4着に入り、素質の片りんを示した。今夏は1勝クラス・利尻特別、2勝クラス・藻岩山特別(ともに札幌・芝2000メートル)で2連勝を飾って本格化ムード。血統背景も優秀で、今回のみならず、先々まで目が離せない存在だ。

4番人気 ルペルカーリア

父:モーリス
母:シーザリオ
母の父:スペシャルウィーク

父モーリスは2015年度のJRA賞年度代表馬で、母はオークス馬シーザリオ。半兄にはエピファネイア(父シンボリクリスエス)、リオンディーズ(父キングカメハメハ)、サートゥルナーリア(父ロードカナロア)などがいる良血馬。秋の飛躍に向け、今回は結果が求められる一戦だ。

 

5番人気 グラティアス

父:ハーツクライ
母:マラコスタムブラダ
母の父:Lizard Island

デビュー2戦目の京成杯で重賞タイトルを獲得。半姉は阪神ジュベナイルフィリーズを制したレシステンシア(父ダイワメジャー)で、父ハーツクライからは優れた成長力を受け継いでいる。春のクラシックで強敵にもまれた経験を糧に、さらなる飛躍を期待したい。

 

セントライト記念GⅡの消去データ

 

消去データ

  • 前走条件戦で2番人気以下複勝率0%
  • 前走1勝クラス複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. アサマノイタズラ
  2. オーソクレース
  3. グラティアス
  4. ソーヴァリアント
  5. タイトルホルダー
  6. タイムトゥヘヴン
  7. ノースブリッジ
  8. ルペルカーリア
  9. レインフロムヘヴン
  10. レッドヴェロシティ
  11. ワールドリバイバル
  12. ヴィクティファルス
  13. ヴェイルネビュラ

 

セントライト記念GⅡの好走データ

 

【東京優駿組】

  • 当日3番人気以内…複勝率73%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • タイトルホルダー

 

各馬の考察

【競馬で副収入】セントライト記念GⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • タイトルホルダー

の考察をしてゆきます。

 

タイトルホルダー

おすすめ材料

GⅠを3戦して4着・2着・6着。

弥生賞GⅡは逃げ切り勝ちで、能力はメンバー中ナンバーワンといっていい。

鞍上が田辺騎手から横山武史騎手に乗り替わるのは好材料。

不安材料

連対時は必ず4コーナーで1番手か2番手のレースをしている。

中山コースは得意だが、タフなコースだけにペース配分が難しい。

 

セントライト記念GⅡの結論

中山芝2200

 

中山・芝2200メートル(外回り)は、ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。

 

スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー途中から3コーナーまで終始下りとなる。

 

最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。

 

前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される

 

このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力、かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。

 

さて、気になるセントライト記念GⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

タイトルホルダー

 

です。

 

中山コース巧者で4戦して3連対。馬券外になった1戦も0.5秒差の4着にとどまっている。

 

弥生賞GⅡでは4番人気ながら、NHKマイルカップGⅠ馬のシュネルマイスターホープフルステークスGⅠ馬のダノンザキッドを寄せ付けず、1馬身差の勝利。

 

今回鞍上の横山武史騎手は弥生賞GⅡで騎乗していたが、その後の皐月賞・東京優駿では田辺騎手が騎乗していた。

 

騎手の相性があるとすれば、今回横山武史騎手に乗り替わるのはプラスといえる。

 

今年亡くなったドゥラメンテ産駒筆頭として、ぜひ頑張ってほしい。

 

3連複15点

◎タイトルホルダー(1頭軸流し)

〇オーソクレース

▲ソーヴァリアント

△ルペルカーリア

△グラティアス

△レッドヴェロシティ

△ノースブリッジ

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ