【競馬で副収入】ローズステークスGⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中京競馬場で開催される芝2000mの3歳牝馬限定戦、

ローズステークスGⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

ローズステークスGⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】ローズステークスGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アールドヴィーヴル
  2. アイコンテーラー
  3. アンドヴァラナウト
  4. イリマ
  5. エイシンヒテン
  6. エンスージアズム
  7. オータムヒロイン
  8. オヌール
  9. オパールムーン
  10. クールキャット
  11. コーディアル
  12. ストゥーティ
  13. スパークル
  14. タガノディアーナ
  15. タガノパッション
  16. ディヴィーナ
  17. ハッピーオーサム
  18. プリュムドール
  19. マリアエレーナ
  20. ミヤビハイディ
  21. メイショウオニユリ
  22. レアシャンパーニュ

 

人気予想は以下の通り!

1番人気 アールドヴィーヴル

父:キングカメハメハ
母:イサベル
母の父:ディープインパクト

牝系をさかのぼれば、皐月賞馬ヴィクトリー、アンライバルドやダービー馬フサイチコンコルドなどの活躍馬が誕生している。叔父にも青葉賞を制したアドミラブルがおり、近い世代でもその底力は健在で、日本でも上位の母系の出身と言っていいだろう。

 

2番人気 クールキャット

父:スクリーンヒーロー
母:メジロトンキニーズ
母の父:ダンスインザダーク

母は現役時代にダイヤモンドSで2着に入るなど活躍。代表産駒に重賞3勝のトリオンフ(父タートルボウル)がおり、繁殖牝馬としても高い能力をしっかりと伝えている。質の高い牝系で、すでに重賞を制している本馬も、ここからさらに実績を重ねる可能性がありそうだ。

 

3番人気 タガノパッション

父:キングカメハメハ
母:アドマイヤシルク
母の父:シンボリクリスエス

ここまで4戦のキャリアながら、同世代の牝馬のなかで上位の走りを見せている。全4戦中3戦で出走メンバー最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、末脚の爆発力は大きな武器だ。今回も直線で素晴らしい伸びを見せられるだろう。


4番人気 アンドヴァラナウト

父:キングカメハメハ
母:グルヴェイグ
母の父:ディープインパクト

昨年11月のデビューからここまで5戦を経験。全てのレースで2着以内に入っており、抜群の安定感を誇る。今回が初めての重賞挑戦とはなるが、相手なりに走れるタイプ。同世代の牝馬同士の一戦なら、上位争いに加わる可能性は十分にあるだろう。

 

5番人気 オヌール

父:ディープインパクト
母:アヴニールセルタン
母の父:Le Havre

母は2014年の仏オークス馬で、同年の仏1000ギニーも制し、G1を2勝の実績。繁殖牝馬としても、本馬の全姉デゼルが今年の阪神牝馬Sで重賞初制覇を飾っており、今後に注目が集まる血統と言っていいだろう。まだまだ伸びしろが大きい期待馬だ。

 

ローズステークスGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 前走10番人気以下複勝率0%
  • 前走比で斤量が3kg増複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. アールドヴィーヴル
  2. アンドヴァラナウト
  3. イリマ
  4. エイシンヒテン
  5. オヌール
  6. オパールムーン
  7. クールキャット
  8. コーディアル
  9. ストゥーティ
  10. スパークル
  11. タガノディアーナ
  12. ディヴィーナ
  13. ハッピーオーサム
  14. マリアエレーナ
  15. メイショウオニユリ
  16. レアシャンパーニュ

 

ローズステークスGⅡの好走データ

 

【優駿牝馬組】

  • 当日1番人気…複勝率86%
  • 前走5着以内…複勝率61%
  • 前走上り3ハロン3位…複勝率62%

 

【牝馬1勝クラス組】

  • 前走2番人気以内…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

渾身の軸馬候補はこれだ!

  • アールドヴィーヴル
  • メイショウオニユリ

 

各馬の考察

【競馬で副収入】ローズステークスGⅡ【2021】

 

軸馬候補を深掘りする!

  • アールドヴィーヴル
  • メイショウオニユリ

の考察をしてゆきます。

 

アールドヴィーヴル

おすすめ材料

クイーンステークスGⅢを2着、桜花賞GⅠを5着、優駿牝馬GⅠを5着と牝馬重賞戦で上位の能力を発揮している。距離も2000m前後ぐらいがベストだろう。

不安材料

昨年の10月に新馬戦で1着以来、勝利から遠のいている。馬体も小さいため、休み明けの今回は馬体重の増減には注意したい。

 

メイショウオニユリ

おすすめ材料

夏の上り馬。2連勝でローズSに臨む。中京競馬場も3回経験しているので、タフなコースも苦にしないだろう。

不安材料

前走比+2kgの斤量に対応できるか?また使い詰めで来ているためか、馬体重が減ってきているのには要注意。

 

ローズステークスGⅡの結論

中京芝2000

 

中京・芝2000メートルは、ホームストレッチ半ばの上り坂からスタートして、コースを1周するレイアウト。

 

決勝線を過ぎると1コーナーから2コーナー、向正面の半ばにかけて緩やかな上り勾配となるため、前半1000メートルはほぼ上り坂を走る構造

 

その後は3コーナーから4コーナー、直線の入り口まで緩やかに下っていくが、残り340メートル付近から再び急な坂を上るタフなコース

 

レース前半を上手く乗り切って、最後の直線でも末脚を伸ばせるだけの体力が要求される

 

さて、気になるローズステークスGⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

アールドヴィーヴル

 

です。

 

優駿牝馬GⅠは差し追い込み馬に有利な展開となったが、それでも勝馬のユーバーレーベンに0.3秒差の5着まで差を縮めたのは能力の高い証拠。

 

中京競馬場で走ったことはないが、同様の左回りの東京競馬場のレースでは2戦して0.0秒、0.3秒以内と相性はいいようだ。

 

ただ、優駿牝馬で出走時には馬体重が422kgと馬格が小さかった。夏季を休養にあてた分、幾分かの成長に期待したい。

 

3連複15点

◎アールドヴィーヴル(1頭軸流し)

〇タガノパッション

▲アンドヴァラナウト

△オヌール

△イリマ

△ミヤビハイディ

△メイショウオニユリ

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ