【競馬で副収入】キーンランドカップGⅢ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着内にくる軸馬を選出します。

 

7月の成績は回収率107%とまずまずでした。

 

このブログが、あなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は札幌競馬場で開催される芝1200m戦、

キーンランドカップGⅢ

です。

 

さて今回も渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

キーンランドカップGⅢの出走登録馬

【競馬で副収入】キーンランドカップGⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アストラエンブレム
  2. エイティーンガール
  3. カイザーメランジェ
  4. カツジ
  5. シュウジ
  6. ジョーアラビカ
  7. セイウンコウセイ
  8. ソロユニット
  9. タイセイアベニール
  10. ダイアトニック
  11. ヒロイックアゲン
  12. ビリーバー
  13. マイネルアルケミー
  14. ミッキーブリランテ
  15. メイケイエール
  16. メイショウチタン
  17. レイハリア
  18. ロードアクア

 

予想人気は以下の通り!

 

1番人気 メイケイエール

前走の桜花賞(18着)でハミ受け不良とみなされ、8月19日に札幌競馬場での平地調教再審査を合格。今回は仕切り直しの1戦となる。これまで重賞3勝の実績を考えれば、能力が一級品であることは疑いようがなく、再び強い姿が見られそうだ。

 

2番人気 ミッキーブリランテ

1800メートルで初勝利を挙げ、シンザン記念3着などマイル路線で結果を残していたが、年齢を重ねて適距離が短距離にシフト。1200メートルから1400メートルでもしっかりと結果を残しており、今回の条件は合っている。

 

3番人気 レイハリア

他世代との初対戦になるが、3連勝中の勢いがあり、侮れない存在と言えそうだ。特に、近2走は芝の1200メートル戦で連勝しており、この距離への経験値の高さという点でも評価が必要だろう。先行力があり、レースぶりも安定している。

 

4番人気 ダイアトニック

6歳を迎えたとはいえ、重賞2勝の実績は今回のメンバーでも上位の存在と言えるだろう。昨年の本レースは15着に敗れたが、洋芝の重馬場が大きく影響した印象で、今年も天気が好走の鍵を握りそう。スピードを生かすことができる条件が望ましい。

 

5番人気 エイティーンガール

キーンランドCは、昨年に自身初めてとなる重賞制覇を果たした思い出深いレース。当時が雨中の重馬場だったことを考えれば、水分を含んだ馬場でこそ力を発揮するタイプと言えるだろう。雨が降れば連覇のチャンスも大きくなりそうだ。

 

キーンランドカップGⅢの消去データ

 

消去データ

  • 7歳以上複勝率0%
  • キャリア31戦以上複勝率0%
  • 斤量2kg以上増量複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • エイティーンガール
  • カツジ
  • ソロユニット
  • ダイアトニック
  • ミッキーブリランテ
  • メイケイエール
  • レイハリア
  • ロードアクア

 

キーンランドカップGⅢの好走データ

 

【函館SS組】

  • 前走3着以内…複勝率50%
  • 前走上り3ハロン1位…複勝率67%

 

【GⅠ組】

  • 前走4角4番手以内…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • カツジ
  • ミッキーブリランテ
  • メイケイエール

 

各馬の考察

【競馬で副収入】キーンランドカップGⅢ【2021】

 

軸馬候補

  • カツジ
  • ミッキーブリランテ
  • メイケイエール

の考察をしてゆきます。

 

カツジ

おすすめ材料

前走の函館スプリントSGⅢは5着とはいえ勝馬から0.1秒差。最後方からの競馬で上り33.3秒の切れ味を魅せつけた。コースも今回と同じ札幌競馬場1200mなので心強い。

不安材料

今回背負う斤量58kgは初めてとなる。また前走休み明けで馬体重-16kgでの出走であったため、今回の休み明けの馬体重には注目したい。

 

ミッキーブリランテ

おすすめ材料

前走の函館スプリントSGⅢで0.0秒差の5着。1200mにも慣れてきた様子で上り3ハロン2位となる33.9秒の脚は見事。今年に入って4戦したがすべて0.6秒以内と好走している。今回は休み明けだが調子が上向きなら期待できる。

不安材料

年を重ねるごとに距離を縮めてきているので疲労の具合などが心配。今回休み明けとなるが、近年10週間以上の休み明けは凡走傾向にある。

 

メイケイエール

おすすめ材料

気性に問題があるが1200m戦なら良い方向に向くはず。重賞3勝はこのメンバーの中でもトップクラス。鞍上が武豊騎手に戻るのも好材料です。

不安材料

平地調教再審査には合格したが、気性難はすぐには解消されないだろう。今回逃げる馬が見当たらないので、すんなり先手を取れれば良いのだが・・・。

 

キーンランドカップGⅢの結論

【競馬で副収入】キーンランドカップGⅢ【2021】

 

スピード自慢の快速馬たちが秋の最大目標とするスプリンターズSへ向けての前哨戦に位置付けられているほか、「サマースプリントシリーズ」の第5戦に指定され、シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要な一戦となっている。

 

さて、今回のキーンランドカップGⅢのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

メイケイエール

 

です。

 

小倉2歳ステークスGⅢ・ファンタジーステークスG3・チューリップ賞GⅡ重賞を3勝して臨んだ桜花賞GⅠでは、スタートで遅れたあとに騎手の制止を拒んで無理やりハナへ立ってしまったことが敗因です。

 

ハミ受けにも問題があるが、メイケイエールにとって1600mの距離とペースは気性の面からも合わなかったとみるべきでしょう。

 

行きたがる気性であるため、距離短縮は大歓迎です。今回は特に逃げる馬が見当たらないので、すんなりスタートを切ればハナに立ってそのまま押し切る可能性が高いです。

 

3連複10点

◎メイケイエール(1頭軸流し)

〇ミッキーブリランテ

▲カツジ

△レイハリア

△ダイアトニック

△メイショウチタン

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ