【データから読み解く競馬予想】阪神牝馬ステークスGⅡ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

今週は阪神競馬場で開催される4歳以上の芝1600m戦、阪神牝馬ステークスGⅡです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

阪神牝馬ステークスGⅡの出走登録馬

【データから読み解く競馬予想】阪神牝馬ステークスGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. イベリス
  2. エーポス
  3. ギルデッドミラー
  4. デゼル
  5. ドナウデルタ
  6. ブランノワール
  7. プールヴィル
  8. マジックキャッスル
  9. メイショウグロッケ
  10. メイショウショウブ
  11. メジェールスー
  12. リアアメリア
  13. ロフティフレーズ

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気…デゼル

2番人気…マジックキャッスル

3番人気…リアアメリア

 

デゼルは前走3勝クラスを勝ち上がり久しぶりの重賞レース挑戦となります。

 

マジックキャッスルは昨年の秋華賞GⅠで2着と健闘し前走の愛知杯GⅢを勝ち2勝目をあげました。

 

リアアメリアは昨年の秋華賞GⅠ以降パッとしないレースが続いています。

 

阪神牝馬ステークスGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 7歳以上…複勝率0%
  • キャリア21戦以上…複勝率0%
  • 前走0.6秒以上負け(重賞以外)…複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • イベリス
  • ギルデッドミラー
  • デゼル
  • ブランノワール
  • プールヴィル
  • マジックキャッスル

となります。

 

阪神牝馬ステークスGⅡの好走データ

 

【京都牝馬ステークスGⅢ組】

  • 当日5番人気以内…複勝率60%
  • 前走3着以内…複勝率80%
  • 前走勝ちもしくは0.2秒以内の負け…複勝率80%

 

【3勝クラス組】

  • 当日5番人気以内…複勝率68%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • イベリス
  • ギルデッドミラー
  • デゼル
  • ブランノワール
  • マジックキャッスル

以上となりました。

 

各馬の考察

【データから読み解く競馬予想】阪神牝馬ステークスGⅡ【2021】

 

軸馬候補

  • イベリス
  • ギルデッドミラー
  • デゼル
  • ブランノワール
  • マジックキャッスル

の考察をしてゆきます。

 

イベリス

 

前走の京都牝馬ステークスGⅢでは2着のギルデットミラーに0.3秒差をつけて重賞2勝目をあげました。

 

ココ3戦は逃げていますので今回も展開の助けが必要になりますが、同型不在のためすんなりと行く可能性が高いです。

 

ギルデットミラー

 

前走の京都牝馬ステークスGⅢでは0.3秒差の2着と健闘しました。

 

ただこの馬は2勝しか挙げておらず、重賞で好走するも今一つもの足りない印象です。

 

デゼル

 

昨年はオークスで2番人気に押されるほど注目されていましたが、11着に敗れてしまいました。

 

前走で3勝クラスを勝ち上がりましたが、初めての1600mに対応できるかが課題となります。

 

ブランノワール

 

前走の京都牝馬ステークスGⅢでは0.3秒差の3着です。

 

前走1400mから走りなれた1600mに戻ることによって、一変する余地はあります。

 

マジックキャッスル

 

オークスGⅠで5着、秋華賞GⅠで2着、愛知杯GⅢで1着と重賞級の馬であることは間違いないです。

 

ただ懸念材料としては1週間前でもジョッキーが決まっていなかったことです。さすがに今回は割り引いたほうがいいでしょう。

 

阪神牝馬ステークスGⅡの結論

【データから読み解く競馬予想】阪神牝馬ステークスGⅡ【2021】

 

牝馬戦ならではの予想の難しさがあります。実績もしくは勢いのどちらを優先するか悩んでしまいます。

 

さて、今回の阪神牝馬ステークスGⅡのおすすめ馬は

軸はコノ馬!

イベリス

です。

 

前走の京都牝馬ステークスGⅢでは1400mを逃げ切って勝利しましたが、今回は200m伸びた1600mとなります。

 

同型馬が不在で、かつ、距離が伸びたことによって逃げやすくなり、最後の直線も踏ん張りがきくのではないかと期待しています。

 

複勝1点

◎イベリス

ワイド5点

◎イベリス

〇ギルデットミラー

▲ブランノワール

△デゼル

△プールヴィル

△マジックキャッスル

 

今回は以上です。

© 2021 eisukeブログ