【データから読み解く競馬予想】皐月賞GⅠ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

今週は中山競馬場で開催される3歳クラシックの芝2000m戦、皐月賞GⅠです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

皐月賞GⅠの出走登録馬

【データから読み解く競馬予想】皐月賞GⅠ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アサマノイタズラ
  2. アドマイヤハダル
  3. イルーシヴパンサー
  4. エフフォーリア
  5. オーソクレース
  6. グラティアス
  7. シュヴァリエローズ
  8. ステラヴェローチェ
  9. タイトルホルダー
  10. ダノンザキッド
  11. ディープモンスター
  12. ボーデン
  13. ヨーホーレイク
  14. ラーゴム
  15. ルーパステソーロ
  16. レッドベルオーブ
  17. ワールドリバイバル
  18. ヴィクティファルス

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気…エフフォーリア

2番人気…ダノンザキッド

3番人気…ディープモンスター

 

エフフォーリアは前走の共同通信杯GⅢで2着に0.4秒差つけて重賞初勝利で、今は絶好調といって良いでしょう。

 

ダノンザキッドは前走弥生賞GⅡで0.3秒差の3着ですが、昨年ホープフルステークスGⅠを勝利していますので、実力的には上位であることは間違いないです。

 

ディープモンスターは前走すみれステークス(L)を勝ち3勝していますが、今回が初の重賞挑戦となります。

 

皐月賞GⅠの消去データ

 

消去データ

  • キャリア6戦以上…複勝率0%
  • 前走5着以下…複勝率0%
  • 前走0.6秒以下の負け…複勝率0%
  • 前走上り3ハロン6位以下…複勝率0%
  • 前走オープンクラス以下…複勝率0%
  • 前走距離2200m以上…複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • アサマノイタズラ
  • エフフォーリア
  • グラティアス
  • タイトルホルダー
  • ダノンザキッド
  • ボーデン
  • ヨーホーレイク
  • ラーゴム
  • レッドベルオーブ
  • ヴィクティファルス

となります。

 

皐月賞GⅠの好走データ

 

【共同通信杯GⅢ組】

  • 当日4番人気以内…複勝率57%
  • 前走1着…複勝率50%
  • 前走0.1秒以上の勝ち…複勝率67%
  • 前走2番人気…複勝率50%

 

【スプリングステークスGⅡ組】

  • 当日4番人気以内…複勝率56%

 

【弥生賞GⅡ組】

  • 当日3番人気以内…複勝率50%

 

【GⅠクラス組】

  • 前走1番人気…複勝率100%
  • 前走上り3ハロン5位以内…複勝率100%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • エフフォーリア
  • ダノンザキッド
  • レッドベルオーブ
  • ヴィクティファルス

以上となりました。

 

各馬の考察

【データから読み解く競馬予想】皐月賞GⅠ【2021】

 

軸馬候補

  • エフフォーリア
  • ダノンザキッド
  • レッドベルオーブ
  • ヴィクティファルス

の考察をしてゆきます。

 

エフフォーリア

 

前走の勝ちっぷりが良く今回は1番人気に押されそうです

 

3連勝中で勢いがありますので、鞍上の横山武史騎手も初のGⅠ制覇を意識してレースに臨むことになりますので、落ち着いてレースを運んでもらいたいと思います。

 

ダノンザキッド

 

昨年のホープフルステークスGⅠを勝ち重賞2勝をあげました。ジャスタウェイ産駒では初のGⅠ勝利馬です。

 

前走は休み明けの弥生賞GⅡで本調子には今一つだったようですが、上り3ハロンの脚は1位と能力の高さが伺えますので、皐月賞でも好レースは間違いないでしょう。

 

レッドベルオーブ

 

昨年の朝日杯フューチュリティステークスGⅠでは1番人気に支持されましたが、0.4秒差の3着と残念な結果になりました。

 

しかし、未勝利戦と続くデイリー杯GⅡではレコード勝ちしていますので、ポテンシャルはかなり高いと言えます。

 

ヴィクティファルス

 

前走でスプリングステークスGⅡを勝ち、3戦して2勝2着1回です。

 

前走が重馬場で走破時計も遅かったのですが、上り3ハロンの脚がキレッキレだったので、今週末馬場が荒れるようであれば積極的に買いたい1頭です。

 

皐月賞GⅠの結論

【データから読み解く競馬予想】皐月賞GⅠ【2021】

 

各馬の能力的に横並びの1戦になりそうです。

 

さて、今回の皐月賞GⅠのおすすめ馬は

軸はコノ馬!

ダノンザキッド

です。

 

前走の弥生賞GⅡはタイトルホルダーのスローペースの逃げをまんまと許してしまったのが敗因で、最後の坂では猛烈な脚で差してきていましたので、実力負けではありません。

 

また、今回の皐月賞GⅠと同じコース同じ距離を2回経験しているのは強みで、馬も騎手も同じ轍は踏まないでしょう。

 

複勝1点

◎ダノンザキッド

ワイド7点

◎ダノンザキッド

〇エフフォーリア

▲ヴィクティファルス

△グラティアス

△ディープモンスター

△ステラヴェローチェ

△アドマイヤハダル

△レッドベルオーブ

 

今回は以上です。

© 2021 eisukeブログ