【データから読み解く競馬予想】ニュージーランドトロフィーGⅡ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

今週は中山競馬場で開催される3歳馬の芝1600m戦、ニュージーランドトロフィーGⅡです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

ニュージーランドトロフィーGⅡの出走登録馬

【データから読み解く競馬予想】ニュージーランドトロフィーGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アヴェラーレ
  2. クインズセージ
  3. ククナ
  4. ゲンパチミーティア
  5. ゴールドチャリス
  6. サトノブラーヴ
  7. シティレインボー
  8. シュバルツカイザー
  9. スパークル
  10. タイムトゥヘヴン
  11. トーセンウォーリア
  12. ドゥラモンド
  13. ドラミモン
  14. バスラットレオン
  15. フレンドパル
  16. ブルーシンフォニー
  17. ブルーバード
  18. ユキノファラオ
  19. ロンギングバース
  20. ワーズワース
  21. ワザモノ
  22. ヴィジュネル

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気…バスラットレオン

2番人気…アヴェラーレ

3番人気…ククナ

 

バスラットレオンは前々走のシンザン記念GⅢで3着、前走の1勝クラスを勝って今回に臨みます。

 

アヴェラーレは芝1400mを2戦2勝で前走1勝クラスを勝って今回に臨みます。

 

ククナは未勝利勝ち後にGⅢを3戦して、2着4着3着と好走しています。

 

ニュージーランドトロフィーGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 前走10着以下…複勝率0%
  • 前走10番人気以下…複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • アヴェラーレ
  • クインズセージ
  • ククナ
  • ゲンパチミーティア
  • サトノブラーヴ
  • シティレインボー
  • シュバルツカイザー
  • スパークル
  • タイムトゥヘヴン
  • ドラミモン
  • バスラットレオン
  • ブルーシンフォニー
  • ユキノファラオ
  • ロンギングバース
  • ワーズワース
  • ワザモノ

となります。

 

ニュージーランドトロフィーGⅡの好走データ

 

【1勝クラス組】

  • 当日2番人気以内…複勝率50%

 

【GⅢクラス組】

  • 前走1番人気…複勝率68%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • アヴェラーレ
  • ククナ
  • バスラットレオン

以上となりました。

 

各馬の考察

【データから読み解く競馬予想】ニュージーランドトロフィーGⅡ【2021】

 

軸馬候補

  • アヴェラーレ
  • ククナ
  • バスラットレオン

の考察をしてゆきます。

 

アヴェラーレ

 

2戦2勝とまだ底をみせていないのが魅力です。

 

ルメール騎手がククナよりアヴェラーレを選んだことにより、将来性の高い馬であることがよくわかりますが、今回は牡馬混合のレースなので、どこまで上位に食い込めるか楽しみです。

 

ククナ

 

主戦だったルメール騎手から田辺騎手へと乗り替わるのが残念で仕方ありません。

 

今年になって2戦消化して中京芝1600mで4着・東京芝1600で3着とあと一歩のレースが続きましたが、今回右回りの中山芝1600mに変わることによってレース振りが一変するかもしれませんね。

 

バスラットレオン

 

前走は減量騎手が騎乗して1勝クラスを勝ち上がりましたが、今回は騎手乗り替わりで斤量52kgから56kgへと大幅増となります。

 

人気にはなりそうですが、割り引いて考えたほうが良さそうです。

 

ニュージーランドトロフィーGⅡの結論

【データから読み解く競馬予想】ニュージーランドトロフィーGⅡ【2021】

 

今回はどの馬にもチャンスがあります。

 

さて、今回のニュージーランドトロフィーGⅡのおすすめ馬は

軸はコノ馬!

ククナ

です。

 

今回ルメール騎手ではなく田辺騎手に乗り替わりますが、ククナは5戦して掲示板を外すことなく堅実な走りをみせています。

 

中山コースは初めてとなりますが、シンザン記念GⅢやクイーンカップGⅢと重賞戦をそつなくこなしていますので、ここでも上位争いは間違いないでしょう。

 

複勝1点

◎ククナ

ワイド6点

◎ククナ

〇アヴェラーレ

▲バスラットレオン

△タイムトゥヘブン

△ドゥラモンド

△ユキノファラオ

△ワーズワース

 

今回は以上です。

© 2021 eisukeブログ