【競馬予想】第45回エリザベス女王杯GⅠ【2020】

ども、eisukeです。

牝馬のGⅠエリザベス女王杯を予想してゆきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

エリザベス女王杯の出走予定馬

【競馬予想】第45回エリザベス女王杯GⅠ【2020】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走予定馬のご紹介!

 

  1. ウインマイティー
  2. ウインマリリン
  3. ウラヌスチャーム
  4. エスポワール
  5. カ―ロバンビーナ
  6. サトノガーネット
  7. サムシングジャスト
  8. サラキア
  9. シャドウディーヴァ
  10. センテュリオ
  11. ソフトフルート
  12. ノームコア
  13. ミスニューヨーク
  14. ラッキーライラック
  15. ラヴズオンリーユー
  16. リアアメリア
  17. リュヌルージュ
  18. リリーピュアハート
  19. ロサグラウカ

 

人気は以下の通り!

 

1番人気…ラッキーライラック

2番人気…ノームコア

3番人気…ラヴズオンリーユー

 

ラッキーライラックは騎手が替わってからGⅠ2勝と好調さをアピールしており、今回はルメール騎手が初騎乗となるので1番人気はコノ馬で間違いないでしょう。

 

ノームコアは2019年のヴィクトリアマイルカップで1分30秒5というレーコードでGⅠ初勝利となりましたが、その後は善戦はするものの今一つぱっとしない成績が続いています。

 

ラヴズオンリーユーは無敗の4連勝でオークスを制しました。ですがその後の勝ち鞍が無いのですが、丁寧にレースを使われてきていますので今回のエリザベス女王杯にかける意気込みは凄いものになると予感します。

 

エリザベス女王杯の消去データ

 

消去データ

  • レース間隔3週以下…複勝率0%
  • 前走着差1.0秒以下…複勝率0%
  • 前走10番人気以下…複勝率0%
  • 前走斤量53kg以下…複勝率0%
  • 前走クラスGⅢ以下…複勝率0%

 

このデータで生き残った馬は、

  • サムシングジャスト
  • サラキア
  • シャドウディーヴァ
  • センテュリオ
  • ソフトフルート
  • ノームコア
  • ラッキーライラック
  • ラヴズオンリーユー

となります。

 

エリザベス女王杯の好走データ

 

【アイルランドトロフィー組】

  • 前走4角5番手以内…複勝率80%

【オールカマー組】

  • 前走4角5番手以内…複勝率60%

【秋華賞組】

  • 前走4角4番手以内…複勝率75%

なお、札幌記念組は過去10年で1頭しか該当するデータがなく、新潟牝馬ステークスは今年からのレースプログラムなので割愛しています。

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

  • サラキア
  • ラヴズオンリーユー
  • センテュリオ
  • ノームコア
  • ラッキーライラック

以上の5頭となりました。

 

各馬の考察

【競馬予想】第45回エリザベス女王杯GⅠ【2020】

 

  • サラキア
  • ラヴズオンリーユー
  • センテュリオ
  • ノームコア
  • ラッキーライラック

以上5頭の考察をしてゆきます。

 

サラキア

 

サラキアはGⅠ未勝利ですが、過去に秋華賞とエリザベス女王杯に出走しており、ともに0.5秒差以内と健闘しています。

 

距離的には1800m前後が良さそうで、斤量は54kg以下が良さそうです。

 

今回は2200mで斤量が56kgとなりますので割り引いて考えることにします。

 

 

ラヴズオンリーユー

 

無敗の4連勝でオークスを制した馬ですが、その後はぱっとしないレースが続いています。

 

昨年のエリザベス女王杯で0.2秒差の3着と実力はここでも上位ですが、今回初となる斤量56kgがどのように影響するのかが気になるところです。

 

距離は問題ありませんが、馬場が渋った場合は割り引いたほうがいいかもです。

 

センテュリオ

 

昨年のエリザベス女王杯では0.3秒差の4着でした。

 

それ以降がすべて稍重~重の馬場でのレースとなっていますので能力の判断がしづらいです。

 

ただ前走のオールカマーGⅡの重で上り最速で1着となったレースをみると、エリザベス女王杯で馬場が渋れば面白い1頭になるかなと思います。

 

ノームコア

 

ヴィクトリアマイルカップをレーコード勝ちした馬で、どちらかというとマイル前後が守備範囲かなといった感じです。

 

今年は札幌記念GⅡ2000mで2着に1馬身差つけて勝利していますが、残念ながらラッキーライラック以外は相手が弱すぎたという気もします。

 

今回は2200mは距離が長いと判断します。

 

ラッキーライラック

 

昨年のエリザベス女王杯を制した馬です。

 

今まで石橋騎手で頑張ってきたけど3歳クラッシックのタイトルは取れず、その後も微妙なレースばかり繰り返していました。

 

ところが石橋騎手からスミヨン騎手に変わった途端にエリザベス女王杯GⅠを制して、Mデムーロ騎手では大阪杯GⅠを制しました。

 

そして今回はあのルメール騎手が鞍上になるので、これは1番人気間違いないでしょう!

 

エリザベス女王杯の結論

【競馬予想】第45回エリザベス女王杯GⅠ【2020】

 

今回はMデムーロ騎手を基準に考えると面白いかもしれません。

 

前走の札幌記念でラッキーライラックに騎乗していたMデムーロ騎手が今回ラヴズオンリーユーに騎乗します。

 

ラッキーライラックが5歳でラヴズオンリーユーが4歳、勢いや成長力を考えると、そりゃ若い馬有利になります。

 

いくらルメール騎手が天才だとしても、Mデムーロがラヴズオンリーユーかラッキーライラックかの2択で、ラヴズオンリーユーを選んだわけですから、僕はMデムーロを信じてみようとおもいます。

 

馬連4点

◎ラヴズオンリーユー

〇ラッキーライラック

▲ノームコア

△サラキア

△センテュリオ

 

 

© 2020 eisukeブログ