転職を成功させるコツを伝授【失敗しないために】

 

 

今の会社を辞めて転職したいんだけど失敗したくないな。これから転職するにはどんな所に気を付ければいいのか教えて。

 

このようなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・転職で失敗する7つのパターン
・転職で失敗しないコツ5選

 

「もう少し収入が欲しいな」とか「仕事内容を今よりもっと改善したいな」と思うけど、今の会社ではこれ以上は無理かなって思うことありますよね。「じゃあ転職するしかないか」と考えてはみるものの「失敗したらどうしよう」って不安になってしまいますよね。

 

じつは転職で多くの人がおちいる失敗には、いくつかパターンがあるんです。その失敗パターンを熟知しておけば転職で失敗するリスクを減らすことができます。

 

さらに転職を成功させるためのコツも併せて就職活動に活かせば、きっと理想の転職先が見つかるはずです。

 

長い間、会社勤めをして転職する人・転職してきた人を数多く見てきた経験から、転職で失敗しないためのノウハウをご説明してゆきたいと思います。

 

転職で失敗する7つのパターン

失敗する7つのパターンを回避することで転職を成功させましょう。

 

1.内定時の条件と実際の条件に違いがある

給与や待遇そして福利厚生以外にも、試用期間の条件や労働条件を深堀して聞いておきましょう

 

内定が欲しさに意欲だけ伝えて各種条件を深く聞いておかないと、後になってから「話が違うじゃないか」と後悔することになります。

 

ポイント

面接に行く前に分からないことや聞きたいことを整理しておき、面接時に必ず聞くようにしましょう。

 

2.自分の条件をうまく伝えられなかった

内定をもらいたい一心で自分の希望を伝えられず、後になって後悔することがあります。

 

一番多い悩みが自分が希望する部署以外に配属されてしまうことです。

 

ポイント

せっかく転職するんだから自分の希望する条件はしっかりと伝えましょう。

 

3.想像していた仕事内容と違う

未経験や不慣れな仕事内容で転職した場合に良く起こります。

 

その業界の知識が乏しいため、理想と現実のギャップに悩んでしまいます。

 

ポイント

まずは面接時に仕事内容をしっかりと聞いておくこと。
可能であれば職場を見学させてもらうといいでしょう。

 

4.人間関係に問題があった

これはどの職場でもあることですが実際に転職しないとわからないことだと思います。

 

面接時に聞いてみるのもいいですが、まず本当のことは話してくれませんので期待はできません。

 

後述しますが口コミサイトを活用するという手もあります。

 

ですが人間関係に関してはどの職場でも不満に感じることが一つや二つありますので、まずは自身の考え方や感じ方を変えてみることをお勧めします。

 

ポイント

気になったら口コミサイトを活用してみよう!

 

5.転職先の仕事にやりがいを感じない

自分のやりたい仕事、やりたくない仕事をまとめて整理しておいて面接時に仕事内容がどっちに当てはまるか、しっかりと聞いておきましょう。

 

面接時に給与や待遇面ばかり気にして、実際の仕事内容に関してあまり聞かないし意識していなかったという人、実は多いんです

 

転職してから「あれ?おかしいな」と後悔することになりますので、自分のやりたい仕事なのかどうかきっちりと聞いておきましょう。

 

ポイント

仕事内容は細かく聞いておくべき。

 

6.転職したら前職のほうが良かった

給与や待遇に不満をもって転職したら、実は前職のほうが良かったと感じてしまう人がいます。

 

同じ職業でも会社が異なれば行う仕事も変わってきますので、そこに戸惑ってしまうんですね。

 

転職の目的が給与や待遇面の向上なのか仕事内容なのかやりがいなのか、転職前にしっかりと考えておくことです。そして本当に転職すべきか考えましょう。

 

ポイント

転職する目的をはっきりとさせておきましょう。

 

7.転職先が決まる前に退職した

就職活動がうまくいかなかったり、収入がなくなることで金銭面で苦労することが多くなります。

 

また、退職後に就職活動を行うと転職先に足元を見られて良い印象を持たれることがありません

 

結果、内定をもらうために給与や待遇面を希望の条件よりも下げてしまうことにつながります。

 

注意ポイント

在職中に転職活動を行うほうが金銭面や精神的にいいです。

 

転職で失敗しないコツ5選

転職で失敗するパターンを理解したところで、今度は失敗しないコツを説明してゆきます。

 

1.就業条件を事前に確認する

事前に就業条件を何度も確認しておきましょう。

 

転職活動中はもちろんのこと、内定をもらった後も確認できる情報はすべてチェックしておかないと、求人情報や面接時と条件が異なっていたり、実は仕事内容が想像していたものと違っていたなんてこともあります。

 

ポイント

入社前に確認できることはとことんやっておきましょう。

 

2.人間関係や社風などは口コミサイトを利用する

転職先の職場の人間関係や社風は実際に入社しないとわかりませんが、口コミサイトで下調べすることもできます。

 

OpenWork

 

このOpenWorkという口コミサイトは実際に働いている(もしくは働いていた)社員による企業評価を見ることができます。

 

ポイント

求人情報だけでは得られない情報がありますので、口コミサイトを活用しましょう。

 

3.最優先すべき条件は絶対に妥協しないこと

転職活動を行う前に「自分が最優先する条件」を設定しておくことで「転職先を間違えた」「こんなはずじゃなかった」なんてことを防げます。

 

転職活動中はさまざまな条件の求人情報をみることになります。

 

自分の条件にピッタリの転職先がすぐに見つかればいいのですが、転職活動が長期化すると自分の条件を少しずつ妥協してゆくことになりがちです。

 

そこで転職活動が長期化しても「この条件だけは絶対に譲らない」という最優先条件をもつことで、入社してから「失敗した」なんてことは防げます。

 

ポイント

自分が最優先する条件を設定しておきましょう。

 

4.まず転職すべきかどうかを考える

転職する理由や目的を明確にして、その内容が今の職場で本当に実現不可能なのかもう一度考えてみましょう。

 

今の職場に何かしら不満があるから転職活動を行うわけですが、転職したら不満がすべて解決されるというわけではありません。

 

むしろ転職することで今までになかった不満材料が出てくることもあります。

 

特に年収アップを望んでいる方はよく考えておくべきです。

 

リクナビNEXTの調査では転職によって年収が増えたという人は全体の25%程度にとどまり、半数以上が年収が減ったといいます。

 

ポイント

このようなリスクも踏まえた上で、もう一度転職すべきかどうかを考えたほうがいいです。

 

5.転職先が決まってから退職すること

転職先が決まる前に退職すると金銭面と精神面で辛い思いをする可能性があります。

 

退職してからの就職活動は収入がないことが多く、貯金を使いながら行うことになります。

 

すぐに就職先が決まればいいのですが、ほとんどの場合は数か月はかかるでしょう。

 

そうなると無収入のまま生活費と就職活動費を捻出しなければならなくなり、金銭面で余裕がなくなってしまいます。就職先が決まらない期間が長くなれば精神的に追い詰められることになります。

 

結果、就職を急ぐあまり後になって「失敗した 」ということにつながります。

 

ちなみにリクナビNEXTの調査では、就職活動中に使った金額の最多回答は「10万円未満」(32.0%)、次いで「10〜50万円未満」(25.0%)という結果になりました。

 

ポイント

この就職活動中の金額に家賃や生活費が上乗せされますので、退職後の無収入状態ではかなり金銭的負担が増えます。

 

 

転職相談サイトも活用しましょう

 

 

 

© 2020 eisukeブログ