会社を辞めたいと思ったら本気で転職を考えよう

 

最近仕事が辛い・・・。会社を辞めようかな・・・。

上司や同僚と肌が合わないし、転職したほうがいいかも。

会社を辞めたいけれど、どうすればいいの。

 

このような悩みにお答えいたします。

 

本記事の内容

・「会社を辞めたい理由」を深掘りする

・会社を辞めるべきか判断する

・会社を辞める前に試してほしいこと

・会社を辞める前に準備すべきこと

 

会社の給与や人間関係、仕事内容や勤務時間などに不満を感じることによって「そろそろ会社を辞めるときかな」なんて考えてしまうことってありますよね。

 

でも「本当に辞めてしまってもいいのか」と悩んだりしませんか?

 

転職先でも同じような不満が起こることもあるだろうし、何と言っても辞める基準というものが無いので判断に迷うと思います。

 

そこで今回は今の仕事をやめる前にやっておきたいことをまとめてご紹介します。

 

「会社を辞めたい理由」を深掘りする方法

 

あなたが今の仕事に不満を感じているならその理由を明確にしておきましょう。

 

「会社を辞めたい」気持ちを書き出す

 

まずは会社を辞めたい理由と気持ちを紙に紙に書きだしましょう。

辞めたい理由と気持ち

  • 給与が少ない
  • 無賃残業があって労働時間が長い
  • 上司とウマが合わない
  • 〇〇という仕事がうまくいかない
  • この会社にいても昇給も見込めないし将来に不安が・・・。

具体的に細かく書き出しておくといいです。これで本当に会社を辞めたい理由が見えてきます。

 

「会社を辞めたい」気持ちを整理する

 

先程の会社を辞めたい理由と気持ちを重要度の高い順に順番をつけていきましょう。

辞めたい理由と気持ち

  1. 無賃残業があって労働時間が長い
  2. 給与が少ない
  3. この会社にいても昇給も見込めないし将来に不安が・・・。
  4. 〇〇という仕事がうまくいかない
  5. 上司とウマが合わない

この場合会社を辞めたい理由が金銭面と労働時間にあることがわかりますね。

仕事面や人間関係が改善されたとしても退職する理由には影響がなさそうです。

 

会社を辞めるべきか判断する方法

 

会社を辞めるべきかどうかを判断する方法をいくつかご紹介します。

 

会社を辞めたら解決するのか

 

会社を辞めて解決する内容は、以下の通りです。

  • 時間の問題(通勤や休日出勤や長時間の残業など)
  • 人間関係の問題(パワハラ・セクハラなど)
  • 仕事の問題(ノルマやスキル、労働力など)

勤め続ける頃により心身ともに大きなダメージを受けてしまい、会社を辞めることで改善されるのならすぐに辞めたほうがいいでしょう。

 

体調は崩していないか

 

あなたの健康以上に大切なものはありませんので、体調を崩してしまうようであれば退職を決断すべきです。

 

特に以下のような症状がある場合は要注意です。

うつの初期症状

  • 疲れやすい
  • やる気が起きない
  • 集中力がない
  • いつも気分が落ち込む
  • 何をしても楽しくない
  • 食欲がない
  • 過食してしまう
  • 眠れない
  • 起きれない
  • 自分を責めてしまう

もし心当たりがあるようであれば、まず有給休暇をとってしっかりと休養しましょう。

 

それでも改善されないのであれば、心療内科を受診してみることを考えましょう。

 

生活に影響が出ないか考えよう

 

すぐに辞める必要が無い場合は転職先を決めてから辞める方が無難です。

 

転職先が決まらないまま会社を辞めてしまうと、無収入のまま貯金から生活費を捻出しなければいけません。

 

就職活動にも焦りがでてしまい転職に失敗してしまうこともありますので、退職までに転職先を決めておくことが必要です。

 

会社を辞める前に試すべきこと

 

会社を辞める前に、まずは試しておきたいことをご紹介します。

 

有給休暇をとって冷静になれる時間を作る

 

冷静に考えられる時間を作ることが重要です。

 

思い詰めたあまり退職を決意したけど、「よくよく考えたら辞める必要はないな」なんて思えることがあります。

 

逆に勢い余って辞めてしまったのに「やっぱり職場復帰したいんですけど」って人多いんですよね。

 

冷静に考える時間を作ることで今後の人生を大きく左右しますので、せひ有給休暇を活用してみてください。

 

辞めるつもりで真剣に仕事と向き合う

 

会社を辞める前に『お試し期間』を設けて全力で仕事に向き合ってみることも必要です。

 

これは辞表を出す前の段階で「どうせ辞めるのだから、辞めるまでの短い間全力で仕事してやろう」ともう一度真剣に仕事に向き合ってみることです。

 

これは何でもかんでも一人でがむしゃらに頑張れということではありません。やれることはやって、できないことは周りの人に思い切って任せてしまうことも含みます。

 

もしかしたら、今まで以上の成果を上げることができて仕事を楽しめるようになるかもしれません。試す価値はあります。

 

部署や仕事の変更を上司に交渉してみる

 

交渉次第で不満を解消できることもあります。

 

いきなり給与アップや待遇改善は難しいですが、人事異動であれば対応してもらえる可能性はあります。

 

特に不満の原因が部署やチーム、営業所にあるのであればダメ元で交渉してみましょう。

 

信頼できる人に相談する

 

心身ともに疲れている状態では冷静な判断ができないこともあります。そんなときは信頼できる人に相談して客観的な意見を求めましょう。

 

仲の良い同僚や先輩、家族や友人などいろんな立場の人に相談してみることで、自分では考えられなかった解決策をもらえることもあります。

 

もしくは転職エージェントなどの無料相談を受けてみるのもいいでしょう。自分に合った転職先や自分の市場価値を知ることもできます。

 

仕事を辞める前に準備すべきこと

 

辞める前に退職後どのような活動をしてゆくか決めておきましょう。

 

転職先を決めておく

 

余裕があれば転職先を決めてから辞めましょう。

 

転職先が決まらないまま退職すると収入が無くなってしまいます。すぐに転職先が決まるとは限りませんし、収入面の焦りから希望する条件より劣る会社に就職してしまうこともあります。

 

やりたいことリストをつくる

 

転職先を決める前に自分のやりたいことリストを作っておきましょう。できることリストでも構いません。

 

転職先に求めることが収入アップだけということは無いでしょう。こういう業種で仕事内容はこの分野でとかあるはずです。

 

たとえば、営業が苦手なのに転職先が訪問販売とかハードルが高すぎです。

 

最低限自分のやりたい仕事、できる仕事がなければ長続きはしません。

 

転職エージェントに相談する

 

転職先を探す人も相談したい人もインターネット上にある転職サイトを活用することが必要です。

 

転職サイトは希望する職種や条件を入力するだけで、自分に合った求人を探し出してくれる便利な機能があります。そのほか転職エージェントが転職に関して相談にものってくれるので、これを活用しない手はないでしょう。

 

転職の相談はこちらをどうぞ

>>>リクルートエージェント
>>>20代の転職ならマイナビジョブ20's

>>>ヒューレックスの転職支援サービスの会員登録&無料カウンセリング申込

>>>ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング

 

 

 

© 2020 eisukeブログ