エンジニアがおすすめするプログラミングスクール2校【失敗しないために】

プログラミングに興味があって学びたいんだけど、どうすればいいんだろう? プログラミング言語ってたくさんあるけど、どれを覚えたらいいの。 おすすめのプログラミングスクールを教えて。
 
今回はこのような悩みに「ニーズ別に2校だけ」ご紹介いたします。
 
どのプログラミング言語を学ぶべきかというところから、おすすめの2校を解説してゆきます。
 

 

学ぶプログラミング言語を決めましょう

あなたは、次のどちらですか?
 
ホームページを作ってみたい→Web系の言語を選びましょう
アプリを作ってみたい→アプリ系の言語を選びましょう
 
プログラミング言語って実はたくさんありますが、好き嫌いで選んでしまって大丈夫です。
 
Webを選びたい人はWeb系を学び、アプリ選びたい人はアプリ系を学ぶ。はじめは、こんなんで大丈夫です。
 
ここで気を付けたいのは、web系の「PHP」か「Ruby」、アプリ系では「Swift」か「Unity」のどちらを選ぶかです。
 
好みもありますが無難な選択肢としては、Web系ならPHP、アプリ系ならSwiftでしょう。
 
その理由は需要が高いから。 まあ、このあたりはプログラミングスクールの内容を見つつ検討すれば良いかなといった感じです。
 
※注意点:言語は有名どころが無難です。

 

 

エンジニアがおすすめするプログラミングスクール2社

 
TechAcademy:オンライン完結でプログラミングを学びたい方
テックキャンプ:プログラミング教室でプログラミングを学びたい方
上記のとおり。
TechAcademyとテックキャンプはWeb系でもアプリ系でも学べます。詳しい比較をみていきましょう。

 

TechAcademyとテックキャンプの比較

自宅の近くにプログラミング教室がある場合はテックキャンプに通って学習するのがいいかもです。

 

自宅近くにプログラミング教室がない場合や教室に通うのが面倒だという場合は、オンライン完結のTechAcademyが良いかと。
 
この辺りは個人差がでると思いますが、教室に通う時間がもったいないのでTechAcademy一択かなと〜。
 
TechAcademyは、無料体験カリキュラムを見る限りだと、Webアプリケーションの基礎を学べるようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
 
テックキャンプは人工知能(AI)学習体験会で人工知能(AI)の基礎を無料体験することができますので、興味のある方は試してみると良いかなと思います。

 

» TechAcademyの無料体験はこちら
» テックキャンプの無料体験はこちら

 

2020年9月7日の情報

TechAcademyがマクロミルに委託した調査で オンラインプログラミングスクール受講者数No.1を獲得しました。

 

プログラミングスクールは思ったより安い


以上、2校のプログラミングスクールをまとめてみました。

 

どのスクールも授業料が20~30万円くらいかかりますが、実際にスキルを身につけちゃえば簡単に回収できると思います。
 
実際に企業からWeb制作を受注した場合だと、制作代金のイメージは以下の通りです。

 

  • 大手企業が発注するWeb制作代金:およそ300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作代金:およそ30万円以上
  • クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:およそ10万円程度
 
プログラミングスクールの授業料もすぐに回収できることが分かるかと思います。
 
実際ぼくの知っている限り、フリーランスで食っている人は山ほどいます。
 
なぜなら、中小企業が発注するWeb制作を30万円で受注すれば、サラリーマンしているよりも余裕で食える訳で…。
 
まずは無料体験会をお試しあれ~。

記事で紹介したプログラミングスクールリスト

 

 

 

© 2020 eisukeブログ