【競馬で副収入】セントウルステークスGⅡ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログではデータを駆使して高確率で3着以内にくる軸馬を選出します。

 

今週もあなたの競馬ライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さて今週は中京競馬場で開催される芝1200m戦、

セントウルステークスGⅡ

です。

 

今回もをお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

セントウルステークスGⅡの出走登録馬

【競馬で副収入】セントウルステークスGⅡ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

 

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. カレンモエ
  2. クリノガウディー
  3. コンパウンダー
  4. シゲルピンクルビー
  5. シャインガーネット
  6. シャンデリアムーン
  7. ジャスティン
  8. ジャンダルム
  9. タイセイビジョン
  10. ナランフレグ
  11. ピクシーナイト
  12. ベストアクター
  13. ボンボヤージ
  14. メイショウチタン
  15. ラウダシオン
  16. ラヴィングアンサー
  17. レシステンシア
  18. レッドアンシェル

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気 レシステンシア

父:ダイワメジャー
母:マラコスタムブラダ
母の父:Lizard Island

骨折での休養だった昨年と違い、今年はリフレッシュの意味合いでの夏期休養。8月上旬には帰厩し、好時計を連発している調整過程を見れば、休み明けからエンジン全開を期待していいだろう。中京コースも2度目。全く問題はないはずだ。

 

2番人気 カレンモエ

父:ロードカナロア
母:カレンチャン
母の父:クロフネ

晩成血統ということもあり、レース間隔を適度に空けながら大事に使われてきた。これまでの成績から休み明けは苦にせず、太めが残ることもない。中間は北海道から栗東トレーニング・センターに移動して調整されているが、夏負けの心配はなさそうだ。

 

3番人気 ピクシーナイト

父:モーリス
母:ピクシーホロウ
母の父:キングヘイロー

自慢のスピードとパワーが生きる中京は、デビュー戦とシンザン記念で2勝をマークする得意コース。さらに言えば、本馬は中京でしか勝ったことがない。コース替わりは間違いなくプラス。速くて強い馬がいるほうが、競馬もしやすいだろう。

 

4番人気 ラウダシオン

父:リアルインパクト
母:アンティフォナ
母の父:Songandaprayer

過去5勝のうち3勝を左回りでマークしているサウスポー。中京での勝利はないが、3歳春のファルコンSで2着に入ったように、苦手意識のないコースと言えるだろう。2か月以上の休み明けは〔0・1・2・1〕と安定した成績を残しており、大型馬でも久々は苦にしない。

 

5番人気 クリノガウディー

父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母の父:ディアブロ

1位入線も4着に降着となった昨年の高松宮記念、連勝を決めた近2走はいずれも今回と同じ中京競馬場だった。このコースこそがベストであることは間違いないだろう。抜け出すと内にモタれる面は残っているが、それも許容範囲に収まりつつある。

 

セントウルステークスGⅡの消去データ

 

消去データ

  • 前走2.0秒以上の負け複勝率0%
  • 前走OPENクラス以下複勝率0%

消去データで残った馬は、

  1. カレンモエ
  2. コンパウンダー
  3. シゲルピンクルビー
  4. シャインガーネット
  5. ジャスティン
  6. ジャンダルム
  7. タイセイビジョン
  8. ピクシーナイト
  9. ベストアクター
  10. ボンボヤージ
  11. メイショウチタン
  12. ラヴィングアンサー
  13. レシステンシア
  14. レッドアンシェル

 

セントウルステークスGⅡの好走データ

 

【GⅠクラス組】

  • 当日1番人気…複勝率100%
  • 前走2番人気以内…複勝率75%

 

【GⅢクラス組】

  • 当日2番人気位以内…複勝率83%
  • 前走3着以内…複勝率52%
  • 前走1番人気…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • カレンモエ
  • ジャンダルム
  • ピクシーナイト
  • レシステンシア

 

各馬の考察

【競馬で副収入】セントウルステークスGⅡ【2021】

 

軸馬候補

  • カレンモエ
  • ジャンダルム
  • ピクシーナイト
  • レシステンシア

の考察をしてゆきます。

 

カレンモエ

おすすめ材料

大事に使われてきており、負けても勝馬から0.1秒と能力は高い。今まですべて芝1200mで使われてきて成績が4-4-2-1。今回のメンバーでも上位争いは間違いない。

不安材料

今回の鞍上は初騎乗となる松山騎手。乗り慣れていない分、馬とのコミュニケーションが課題。

 

ジャンダルム

おすすめ材料

昨年秋より距離を1600mから1400mと短くして好走するようになった。短距離でも先行できる脚があるが、前走は出遅れてしまったのが敗因。巻き返しは十分。

不安材料

左回りコースの成績が1-0-0-6と案外。中京競馬場も今回が2回目とコースに不慣れな面が出遅れに繋がらなければよいが。

 

ピクシーナイト

おすすめ材料

3歳馬でシンザン記念GⅢを勝っている。自身初距離となる前走のCBC賞GⅢの1200mでは走破時計が1.06.1と好時計をマーク。レコード決着となったレースで上り3ハロン2位となる33.3秒の末脚は見事だった。

不安材料

休み明けとなる今回は仕上がりに注目したい。前走の影響がなく追っていれば良いが。

 

レシステンシア

おすすめ材料

GⅠレースの成績が1-3-0-2とあるように、今回メンバーの中では頭一つ抜けている。鞍上はルメール騎手と勝負気配を感じさせ、距離が短くなるのも好材料。

不安材料

逃げ馬不在のため枠順次第では逃げることになりそう。マークされる形となり最後の直線で各馬の猛追を退けるペース配分が必要だ。

 

セントウルステークスGⅡの結論

中京芝1200

 

中京・芝1200メートルは、向正面の半ばからスタートするレイアウトで、3コーナーまでの距離は約300メートル。

 

スタート後100メートル過ぎ(残り1080メートル付近)から直線の入り口まで緩い下り坂があるものの、前半の流れは落ち着くことが多い

 

直線は412.5メートルと十分な長さがあり、残り340メートル付近から急な坂を約100メートル上っていく。

 

芝1200メートルとしてはタフなコース設定で、スピードだけで押し切るのは難しく、馬力が要求される。

 

さて、気になるセントウルステークスGⅡのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

レシステンシア

 

です。

 

阪神ジュベナイルフィリーズGⅠを勝ち、桜花賞GⅠ2着・NHKマイルCGⅠ2着・高松宮記念GⅠ2着とGⅠクラスで十分に通用する高い能力がある

 

距離は3歳時には1600mを使ってきたが、2着が最高。ちょっと長かったのかもしれない。

 

今年になって阪急杯GⅢ1400mで1年2か月振りの勝利を得て、続く高松宮記念GⅠ1200mで勝馬から0.0秒差の2着と大健闘

 

ダイワメジャー産駒らしく距離は短いほうが良さそうだ。特に今年好走した1400m以下のレースなら勝機は十分。

 

3連複21点

◎レシステンシア(1頭軸流し)

〇カレンモエ

▲ピクシーナイト

△ラウダシオン

△ジャンダルム

△クリノガウディー

△シゲルピンクルビー

△タイセイビジョン

 

今回は以上です。よい週末を♪

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがあります。

© 2021 eisukeブログ