【データから読み解く競馬予想】ヴィクトリアマイルカップGⅠ【2021】

 

こんにちは、eisukeです。

 

このブログでは、競馬を長く楽しむためにお財布にやさしい【複勝】と【ワイド】を推奨しています。

 

さて今週は東京競馬場で開催される4歳上の牝馬限定芝1600m戦、ヴィクトリアマイルカップGⅠです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

ヴィクトリアマイルカップGⅠの出走登録馬

【データから読み解く競馬予想】ヴィクトリアマイルカップGⅠ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走登録馬のご紹介!

 

出走登録馬

  1. アフランシール
  2. イベリス
  3. エーポス
  4. クリスティ
  5. グランアレグリア
  6. サウンドキアラ
  7. シゲルピンクダイヤ
  8. シャドウディーヴァ
  9. スマイルカナ
  10. ダノンファンタジー
  11. テルツェット
  12. ディアンドル
  13. デゼル
  14. プールヴィル
  15. マジックキャッスル
  16. マルターズディオサ
  17. ランブリングアレー
  18. リアアメリア
  19. レシステンシア
  20. レッドベルディエス

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気 グランアレグリア

GⅠ4勝馬。前走の大阪杯GⅠは初めての2000mで距離が長すぎた感じがする。

 

2番人気 レシステンシア

前走高松宮記念GⅠは重馬場がこたえた。楽に逃げることができれば図太い。

 

3番人気 マジックキャッスル

最後の直線の切れ脚勝負になれば面白い!

 

ヴィクトリアマイルカップGⅠの消去データ

 

消去データ

  • 前走1着で当日4番人気以下…複勝率0%
  • 前走10着以下…複勝率0%
  • 前走10人気以下…複勝率0%

消去データで残った馬は、

  • イベリス
  • エーポス
  • グランアレグリア
  • サウンドキアラ
  • シゲルピンクダイヤ
  • シャドウディーヴァ
  • ダノンファンタジー
  • テルツェット
  • デゼル
  • プールヴィル
  • マジックキャッスル
  • マルターズディオサ
  • リアアメリア
  • レシステンシア

となります。

 

ヴィクトリアマイルカップGⅠの好走データ

 

【中山牝馬ステークス組】

  • 前走0.5秒差以内…複勝率67%

 

【高松宮記念組】

  • 当日5番人気以内…複勝率67%
  • 前走1番人気…複勝率100%

 

【GⅠクラス組】

  • 当日5番人気以内…複勝率50%
  • 前走1番人気…複勝率75%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

軸馬候補

  • グランアレグリア
  • シャドウディーヴァ
  • レシステンシア

以上となりました。

 

各馬の考察

【データから読み解く競馬予想】ヴィクトリアマイルカップGⅠ【2021】

 

軸馬候補

  • グランアレグリア
  • シャドウディーヴァ
  • レシステンシア

の考察をしてゆきます。

 

グランアレグリア

ココがおすすめ

GⅠ4勝。

昨年は

高松宮記念GⅠ1200m2着

安田記念GⅠ1600m1着

スプリンターズステークスGⅠ1200m1着

マイルチャンピオンシップGⅠ1600m1着

と短距離路線で頭角を現した。

ココがダメ

重馬場が苦手であること!レース間隔が6週と短いためレースに影響が出ないか疑問。

 

シャドウディーヴァ

ココがおすすめ

東京コースでGⅡ・GⅢクラスなら穴馬候補として据えておきたい。

ココがダメ

GⅠなのに1週間前に鞍上が決まっていないのはマイナス材料。

 

レシステンシア

ココがおすすめ

阪神ジュベナイルフィリーズGⅠの勝馬。昨年のマイルチャンピオンシップGⅠでは3歳牝馬なら0.8秒差は大健闘したといえる。

ココがダメ

怪我から復帰した武豊騎手が昨年の桜花賞以来の騎乗になる。気持ちよく逃げることができるのか?

 

ヴィクトリアマイルカップGⅠの結論

【データから読み解く競馬予想】ヴィクトリアマイルカップGⅠ【2021】

 

グランアレグリアの輝かしい戦歴が目立ちすぎて、ほかの馬が霞んでしまうが、GⅠ戦線で活躍していた馬の中から軸を選びたい。

 

さて、今回のヴィクトリアマイルカップGⅠのおすすめ馬

 

軸はコノ馬!

レシステンシア

 

です。

 

先ほども説明しましたがグランアレグリアの戦績を見る限り、ほかの馬が太刀打ちできる隙はほとんどありません

 

しかしグランアレグリアは前走初めての2000mをGⅠという舞台で走り、重馬場ということもあって自身のワースト記録となる0.9秒差の4着と敗退しました。

 

そして今回は、『レース間隔が短い分前走の疲労が抜けきっているのかどうか?』グランアレグリアの懸念材料はまさにココです。

 

一方レシステンシアは前走は0.0秒差で負けこそしたものの、ヴィクトリアマイルカップに焦点を合わせた使われ方をしています。

 

『良馬場ですんなり逃げることができれば』という条件が付きますが、牝馬限定のGⅠなら十分に期待に応えてくれるでしょう。

 

複勝1点

◎レシステンシア

ワイド8点

◎レシステンシア

〇グランアレグリア

▲マジックキャッスル

△デゼル

△テルツェット

△サウンドキアラ

△リアアメリア

△ダノンファンタジー

△ランブリングアレー

 

今回は以上です。

 

※直前の調教や除外・出走回避によって買い目が変わることがありますのでご了承くださいませ。

 

© 2021 eisukeブログ