【データから読み解く競馬予想】ファルコンステークスGⅢ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

今週は中京競馬場で開催される3歳馬の芝1400m戦、ファルコンステークスGⅢです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

ファルコンステークスGⅢの出走予定馬

【データから読み解く競馬予想】ファルコンステークスGⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走予定馬のご紹介!

 

  1. アスコルターレ
  2. インフィナイト
  3. グレナディアガーズ
  4. ゲンパチミーティア
  5. サトノアイ
  6. サルビア
  7. ショックアクション
  8. トーセンウォーリア
  9. ニシノアジャスト
  10. ファルヴォーレ
  11. フォイアーロート
  12. フォティノース
  13. ホーキーポーキー
  14. マリーナ
  15. モントライゼ
  16. ラングロワ
  17. ルークズネスト
  18. ロードマックス
  19. ヴィジュネル

 

人気予想は以下の通り!

 

1番人気…グレナディアガーズ

2番人気…モントライゼ

3番人気…ロードマックス

 

グレナディアガーズは前走の朝日杯フューチュリティステークスGⅠを7番人気で見事勝利しています。

 

モントライゼは前走の朝日杯フューチュリティステークスGⅠで4番人気でしたが10着と敗退してます。

 

ロードマックスは前走のシンザン記念GⅢで3番人気で2.4秒差の10着と大敗しました。

 

ファルコンステークスGⅢの消去データ

 

消去データ

  • レース間隔3週以下…複勝率4%
  • 前走距離1200m…複勝率0%

 

このデータで残った馬は、

  • インフィナイト
  • グレナディアガーズ
  • サトノアイ
  • サルビア
  • ショックアクション
  • トーセンウォーリア
  • ニシノアジャスト
  • ファルヴォーレ
  • フォティノース
  • モントライゼ
  • ルークズネスト
  • ロードマックス
  • ヴィジュネル

となります。

 

ファルコンステークスGⅢの好走データ

 

【シンザン記念組】

  • 当日5番人気以内…複勝率66.7%

 

【朝日杯FS組】

  • 前走着差0.5秒以内…複勝率50%
  • 前走4角1番手…複勝率66.7%

 

【GⅢ組】

  • 当日6番人気以内…複勝率58.3%
  • 前走6番人気以内…複勝率50%

 

【GⅠ組】

  • 前走着差0.5秒以内…複勝率50%
  • 前走4角1番手…複勝率66.7%

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

  • グレナディアガーズ
  • モントライゼ
  • ロードマックス

以上となりました。

 

各馬の考察

【データから読み解く競馬予想】ファルコンステークスGⅢ【2021】

 

  • グレナディアガーズ
  • モントライゼ
  • ロードマックス

の考察をしてゆきます。

 

グレナディアガーズ

 

朝日杯フューチュリティステークスGⅠを7番人気で見事に勝利しました。

 

距離は短い方があっているので、NHKマイルカップGⅠを目標に仕上げてくる予定です。

 

モントライゼ

 

前走の朝日杯フューチュリティステークスGⅠでは初めて3着以下となりました。

 

1600mは距離が微妙に長かった印象もありますので、ファルコンステークスの1400mでのレースが今後の試金石となりそうです。

 

ロードマックス

 

1勝馬ですが、前走のシンザン記念GⅢの2.4秒差の大敗が気になります。

 

昨年の朝日杯フューチュリティステークスGⅠで6着の後、わずか約20日間でシンザン記念GⅢに出走、そして2.4秒の大敗というのはレース選択に無茶があったのではないかと疑っています。

 

賞金の上乗せのために出走させていたのであれば、ファルコンステークスGⅢも惨敗覚悟でいいでしょう。

 

ファルコンステークスGⅢの結論

【データから読み解く競馬予想】ファルコンステークスGⅢ【2021】

 

3歳の短距離路線馬が集まるがファルコンステークスGⅢです。

 

さて、ファルコンステークスGⅢのおすすめ馬はモントライゼです。

 

グレナディアガーズが1番人気となりそうですが、朝日杯フューチュリティステークス1着⇒ファルコンステークスという流れは珍しいので、ここはグレナディアガーズは軸にしないことにします。

 

複勝1点

◎モントライゼ

ワイド4点

◎モントライゼ

〇グレナディアガーズ

▲ロードマックス

△アスコルターレ

△ショックアクション

 

以上となります。

© 2021 eisukeブログ