【競馬予想】第70回中山金杯GⅢ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

さて今回は2012年最初の重賞レース、中山金杯GⅢです。

 

しっかりと予想してゆきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

中山金杯の出走予定馬

【競馬予想】第70回中山金杯GⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走予定馬のご紹介!

 

  1. アールスター
  2. ウインイクシード
  3. カデナ
  4. ココロノトウダイ
  5. コスモカレンドゥラ
  6. シークレットラン
  7. ショウナンバルディ
  8. ダーリントンホール
  9. テリトーリアル
  10. ディープボンド
  11. ナイママ
  12. バイオスパーク
  13. ヒシイグアス
  14. マイネルサーパス
  15. マイネルファンロン
  16. マウントゴールド
  17. ミラアイトーン
  18. リュヌルージュ
  19. ロードクエスト
  20. ロザムール
  21. ヴァンケドミンゴ

 

人気は以下の通り!

 

1番人気…ディープポンド

2番人気…ヒシイグアス

3番人気…ダーリントンホール

 

ディープポンドは昨年皐月賞・ダービー・菊花賞とGⅠ路線でレースを運んできました。まだ2勝しかしていないので中山金杯で重賞勝ちを上乗せしたいところです。

 

ヒシイグアスは条件戦の3勝クラスを勝ち上がったばかりの5歳馬です。3歳時の重賞レース以外はすべて2着以上です。

 

ダーリントンホールは昨年のダービー以来の出走となります。こちらもまだ2勝馬でもう一つ勝ち鞍を上げたいところですね。

 

中山金杯の消去データ

 

消去データ

  • 7歳馬以上…複勝率4%
  • 今回斤量54kg以下…複勝率9%
  • キャリア31戦以上…複勝率9%
  • レース間隔10週以上…複勝率7%
  • 前走6着以下…複勝率5%
  • 前走着差1.0秒以上負け…複勝率5%
  • 前走10番人気以下…複勝率11%
  • 前走後方からのレース…複勝率0%

 

このデータで残った馬は、

  • ココロノトウダイ
  • シークレットラン
  • バイオスパーク
  • ヒシイグアス
  • ヴァンケドミンゴ

となります。

 

中山金杯の好走データ

 

【福島記念H組】

  • 前走4-5歳馬だった…複勝率100%
  • 当日3番人気以内…複勝率75%
  • 前走1着…複勝率66.7%

 

消去データで生き残り、好走データに該当した馬は、

 

  • ヴァンケドミンゴ
  • バイオスパーク

以上となりました。

 

各馬の考察

【競馬予想】第70回中山金杯GⅢ【2021】

 

  • ヴァンケドミンゴ
  • バイオスパーク

の考察をしてゆきます。

 

ヴァンケドミンゴ

 

ヴァンケドミンゴは条件戦を昨年勝ち上がって、GⅢ⇒L(リステッド)⇒GⅢと3戦してすべて0.3秒差以内と好走しています。

 

今回のハンデも56kgと背負いなれた斤量となっていますので文句なし。

 

鞍上も強化して酒井学騎手から藤岡康太騎手へと乗り替わるのも好材料です。

 

バイオスパーク

 

バイオスパークは前走の福島記念GⅢでヴァンケドミンゴをクビ差抑えて重賞を初勝利しています。

 

今回のハンデが前走比∔2kgの57kgと見込まれた感はありますが、重賞勝ちの勢いがありますのでここも好レースを期待できます。

 

あと気になる点が中山コースを未経験であることです。中山金杯はゴール前の急坂を2回超えなければならないので、スタミナ切れが懸念されます。

 

中山金杯の結論

【競馬予想】第70回中山金杯GⅢ【2021】

 

今回の中山金杯はGⅢ戦ということもあってデータの精度は落ちますが、今年一年を占うためにもしっかりと予想を当てたいところです。

 

そこでハンデ戦ならではの斤量の恩恵を受けたヴァンケドミンゴをおすすめいたします。

 

複勝1点

◎ヴァンケドミンゴ

ワイド1点

◎ヴァンケドミンゴ

〇バイオスパーク

 

以上となります。

© 2021 eisukeブログ