睡眠のクオリティを劇的に上げる方法【今すぐ実行できる最高の理論】

睡眠のクオリティを劇的に上げる方法【今すぐ実行できる最高の理論】

 

 

なかなか眠れなくて困ってます。

眠ってもすぐ目が覚めるんだけと、なんかいい方法ありませんか?

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容
    • 睡眠のクオリティを劇的に上げる方法
    • 入眠をパターン化する脳のスイッチ

 

眠りたくてもなかなか眠れないってことありますよね。

 

今すぐ眠りたいけど全然眠れない・・・。

 

眠れないプレッシャーでさらに眠れなくなって、次の日『眠った気がしない』という最悪の体調で一日をスタートする経験をしたことありませんか。

 

そういう時って朝から億劫になって、一日がとても長く感じての生産性も下がってしまいます。

 

だからこそ、毎日の睡眠を確実なものにして快適な目覚めを手に入れたいと思いませんか?

 

ポイント

良質な睡眠を得るには、睡眠に対しての正しい知識と理解が必要です。

 

それさえ実行すれば、毎日良質な睡眠をとることができ、朝起きたときにすっきりとした目覚めを得ることができます。

 

毎日の睡眠に不満があって、睡眠の質を向上させたい人だけ読み進んでください。

 

その効果にビックリしますよ。

 

 

睡眠のクオリティを劇的に上げる方法

睡眠のクオリティを劇的に上げる方法【今すぐ実行できる最高の理論】

 

良質な睡眠を得るためには深部体温を下げることが重要です。

就寝90分前の入浴

 

就寝の90分前には入浴して体を温めましょう。

 

ポイント

睡眠は体の深部体温が下がることによって得られます。

 

ぞの深部体温を下げるためには、入浴して一旦深部体温を上げておくことで、90分後には睡眠に必要な深部体温まで下げることができるのです。

 

目安は40℃のお風呂に15分くらいです。そうすると深部体温が0.5℃くらい上がります。

 

0.5℃上がった深部体温がもとの体温に戻るまで約90分間かかります。

 

深部体温は上がった分だけ、逆に大きく下がろうとします。その下げ幅が大きいほど熟睡できるということです。

 

つまり体の深部体温の上げ下げが良質な睡眠に必要な行為となりますので、就寝の90分前までには入浴を済ませておきましょう。

 

足湯に秘められた驚異の熱放散力

 

ゆっくり入浴する時間がないときは、足湯がおすすめです。

 

先程説明した深部体温を下げる熱放散は毛細血管が担ってます。

 

ポイント

深部体温を下げるために足湯で足を温めて熱放散を促すようにしておけば、入浴と同様の効果が得られます。

 

注意すべき点は、寝間着や靴下などによって足からの熱放散を妨げないようにすることです。

 

熱放散が上手に行われなければ、深部体温を下げることはできないので・・・。

 

入眠をパターン化する脳のスイッチ

睡眠のクオリティを劇的に上げる方法【今すぐ実行できる最高の理論】

 

単調な刺激は脳への休息が促されます。

モノトナスの法則

 

寝る前の娯楽は単調なものや頭を使わずリラックスできるものにします。

 

モナトナスとは単調な状態という意味で、寝る前には脳をリラックスさせる必要があります。

 

単調や退屈は普段歓迎されませんが、睡眠にとってはとても良い状態です。

 

ポイント

映画や動画、アニメなどは控えて読書などに切り替えてみるといいですよ。

 

正しい羊の数え方

 

羊が1匹、羊が2匹と数えても眠りに誘われることはありません。逆に目が冴えてしまいます。

 

「単調なモナトナスの効果があるのでは?」と思うかもですが、寝る直前にはふさわしくないです。

 

『ひつじがいっぴき、ひつじがにひき・・・、』、ひつじという発音や数を数えることで脳がリラックスできなくなります。

 

もともと海外では「SHEEPシープ」と「SLEEPスリープ」と発音が似ていることから使われてきたようで、息をひそめるように発音できることから眠りを誘う効果があるとされてきました。

 

数え方も『SHEEP、SHEEP、SHEEP・・・、』といった単語を連呼するといった感じです。

 

ポイント

どうしても羊を数えたい時は、ゆっくりと「SHEEP」を連呼してみてください。

 

今回は以上となります。

 

睡眠についてもっと知りたい人はコチラをどうぞ

© 2020 eisukeブログ