初心者でも簡単!リード文の書き方を6つの手順で解説【テンプレあり】

初心者でも簡単!リード文の書き方を6つの手順で解説【テンプレあり】

 

ブログではリード文が大事だって言うけど、どう書けばいいの?

そもそもリード文ってなに?書くことによって何かメリットがあるの?

 

このような疑問に答えます。

 

本記事の内容
  • 読まれるリード文の内容
  • リード文の構成
  • この記事のリード文の構成

 

ブログのリード文を適当に書く人って結構多いですね。僕も最初は適当に書いていましたが、それだと誰も記事を読んでくれなくてブログの収益化も全然ダメでした。

 

リード文は記事冒頭に書く数百文字程度の文章ですが、ココに記事すべての内容が凝縮される重要な部分です。

 

ブログを訪れた読者はリード文を読んで「この記事は自分の求めている答えがあるのか」を判断します。

 

このリード文でしっかりと読者の心を掴むことができて、はじめて本文が読まれることになります。

 

つまりリード文の良し悪しで記事全体の完成度の8割が決まることになります。しっかりとポイントを押さえて『読まれる魅力的なリード文』を書くようにしましょう。

 

ぼくもリード文を読んでもらえるように何度も失敗してはリライトを繰り返すことで、多くの記事を読者に読んでもらえるようになりました。今では検索順位が1位という記事が4本まで増えています。

 

そこでこの記事では読者に読まれるリード文を初心者でも簡単に書けるように順番に解説してゆきます。

 

読者に読まれるリード文が書けるようになれば、記事の検索順位も上がってアフィリエイトやブログの収益も上がることになります。

 

ブログで収益化を考えているのであればリード文は必須です。この記事で学んでブログにきた読者に記事を読んでもらえるようになりましょう。

 

それではリード文の書き方をじっくりと説明してゆきます。

 

 

読まれるリード文の内容

初心者でも簡単!リード文の書き方を6つの手順で解説【テンプレあり】

 

ポイント

  1. リード文は長すぎず短すぎず
  2. 記事の要点を読者が理解できるように書くことが重要です。
  3. リード文に結論を書きましょう。

 

それでは説明していきます。

 

リード文は長すぎず短すぎず

 

記事の内容を凝縮してリード文を作ります。

 

長すぎては本文と被るし読む気が削がれます。短すぎると記事の内容がわかりずらくなります。

 

その記事の全体がわかるように凝縮されたリード文を書くようにしましょう。

 

記事の要点を読者が理解できるように書く

 

記事に書かれている内容が読者に伝わるようにリード文を書きます。

 

先程も言いましたが読者はリード文を読んで本文を読むかどうか判断します。

 

ここで読者に興味を持たせられないと本文は読んでもらえません。

 

リード文に結論を書きましょう

 

結論が書かれていることで、その理由を読者は知りたいと思い記事全体が読まれるようになります。

 

どんなに良い記事でもリード文に結論がなければ読者は読むかどうか迷うことになり、読まずに離脱ということにつながる恐れがあります。

 

せっかく書いたの記事なので結論をしっかりと読者にアピールして最後まで読んでもらいましょう。

 

リード文の構成

初心者でも簡単!リード文の書き方を6つの手順で解説【テンプレあり】

 

ポイント

  1. 読者の共感を得る文章
  2. 問題提起する
  3. 実績や権威性を明示する
  4. 記事に何が書いてあるのかを明確にする
  5. 読者が記事を読んで得られるもの
  6. 最終的な結論を書く

それでは説明していきます。

 

読者の共感を得る文章

 

最初に共感を得る文章を書くことで記事全体が読まれるようになります。

 

この共感というのは『こんな悩みを持った人多いよね』というようなリアルな文章にすることです。この悩みを知るにはリサーチすることをオススメします。

 

実際に読者の悩みをキーワードで検索した上位の記事を読んでみてください。

 

その記事に書かれているリード文には多くの人が共感する『悩み』が書かれていますので参考にしましょう。

 

問題提起する

 

具体的な問題を読者に投げかけましょう。

 

いわゆる読者の悩みを例に挙げます。ここではその問題を解決しないと失敗するよと読者に伝えるわけです。

 

実績や権威性を明示する

 

記事を書いた人によって読者の記事への信頼度や満足度が変わります。

 

例えば、

  • ダイエットとか運動とかしたことのない人の書いたダイエット記事
  • ダイエットでー〇kg成功した経験あり。こんな運動で痩せました。という経験にもとづくダイエット記事

どちらが信用できますか?ということです。実績があるなら必ず書きましょう。

 

記事に何が書いてあるのかを明確にする

 

記事本文の内容を魅力的な短い文章で書くことです。この文章に読者が興味を持てば間違いなく本文が読まれます。

 

あと重要なポイントはタイトルと内容を一致させることです。

 

読者のブログ記事への訪問

検索する⇒タイトルに興味あり⇒リード文を読む

 

といった順番で読者はブログ記事に訪問するので、リード文がタイトルとかけ離れていると読者の期待を裏切ることになり読まれることはありません。

 

読者が記事を読んで得られるもの

 

  • この記事を読むとどうなるのか?
  • 具体的な問題がどう解決するのか?

 

読者にとって記事を読んで悩みが解決するのは当たり前のことです。だから検索して記事を読むわけです。

 

重要なことは読者が記事を読んだ後にどうなれるのかという具体的な内容を書くことです。

 

ここで読者がメリットを感じてくれれば、記事を最後まで読んでくれます。

 

最終的な結論を書く

 

結論がある記事では必ず書いておきましょう。

 

ダイエットを例にすると、『僕はこの方法で1週間で-〇〇kg痩せました!あなたも痩せれます』といった具合です。

 

冒頭のリード文に結論があれば、読者はその理由を知りたくなるので、記事全体を読んでもらえることになります。

 

この記事のリード文の構成

初心者でも簡単!リード文の書き方を6つの手順で解説【テンプレあり】

 

この記事のリード文も同じ構成になっていますので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のリード文の構成と記事内容

 

読者の共感を得る文章

 

ブログではリード文が大事だって言うけど、どう書けばいいの?

そもそもリード文ってなに?書くことによって何かメリットがあるの?

 

問題提起する

 

ブログのリード文を適当に書く人って結構多いですね。僕も最初は適当に書いていましたが、それだと誰も記事を読んでくれなくてブログの収益化も全然ダメでした。

 

実績や権威性を明示する

 

ぼくもリード文を読んでもらえるように何度も失敗してはリライトを繰り返すことで、記事を多くの読者に読んでもらえるようになりました。今では検索順位が1位という記事が4本まで増えています。

 

記事に何が書いてあるのかを明確にする

 

そこでこの記事では読者に読まれるリード文を初心者でも簡単に書けるように順番に解説してゆきます。

 

読者が記事を読んで得られるもの

 

読者に読まれるリード文が書けるようになれば、記事の検索順位も上がってアフィリエイトやブログの収益も上がることになります。

 

最終的な結論を書く

 

ブログで収益化を考えているのであればリード文は必須です。この記事で学んでブログにきた読者に記事を読んでもらえるようになりましょう。

 

最後に

 

いかがですか?この記事のリード文の構成と記事内容はこんな感じです。

 

これからはリード文を意識してブログを書いてみてください。必ず読まれる記事が増えてきますよ。

 

 

© 2020 eisukeブログ