【意外と知らない!】会社をやめたいけどやめられない3つの理由

【意外と知らない!】会社をやめたいけどやめられない3つの理由

 

 

会社を辞めたいんです。どうしたらいいんでしょうか?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • 会社をやめられない3つの理由
  • 会社をやめないとどうなるのか
  • やめたらどうなるのか~3つの結末

 

会社をやめたいと思ったら答えはシンプルです。

 

さっさとやめましょう。不満があるならやめた方がいいですよ。

 

死んだ目をして生きるくらいなら、会社をやめて楽しく生きたほうが何倍もマシです。

 

会社をやめたいけど今一つやめる勇気がないという方は、この記事を最後まで読んでみてください。

 

会社をやめるための決意と取るべき行動がわかります。

 

会社をやめたいけどやめられない3つの理由

【意外と知らない!】会社をやめたいけどやめられない3つの理由

 

会社をやめたいけどやめられない。その理由を説明してゆきます。

 

転職活動を行う余裕がない

 

会社をやめるには余裕が必要です。

 

自分に合った条件の転職先が見つかるまで時間がかかりますので余裕は必要です。副業や起業を行おうとすればもっと余裕が必要となります。

 

しかし会社の仕事が忙しくて余裕を作れない。これはまさに会社側の思うツボです。基本労働者は時間の切り売りをしていますので、会社側は仕事をたくさん増やして余裕など与えてくれないのです。

 

自分の時間を奪われ続ける人生でいいんですか?

 

ポイント

何とかして自分で余裕を作りましょう!

 

会社をやめると不安

 

会社をやめた後が不安だというのは本人の気持ち次第です。

 

僕の場合、会社をやめることに不安でしたが、このまま会社に残っていても不安が残るような状況だったので、結局不安っていうのは尽きることは無いんだなって思ってやめました。

 

不安を克服することはできないし、不安は次から次へと湧いてくるものと割り切ってしまえば、行動をとらないのは己の未熟さということになります。

 

逆に不安だから行動にでる。不安の理由を明確にしていって解決してゆくことを行ってみましょう。

 

ポイント

不安と一生向き合う覚悟が必要。行動する癖をつけよう!

 

不満はある、だけど満足している

 

会社に不満はあるけど満足している人はかなり多いです。

 

仕事内容や給与面で不満があるけど職場の雰囲気がいいから「まあ、いいか。」みたいな感じ。

 

出社してダラダラ過ごして、とりあえず目の前の仕事こなして帰るみたいなことやってませんか。

 

こうして現状に甘えてぬるま湯に浸かり続けた結果、「本当に自分のやりたいことが分からない」って思うようになるんです。

 

不満材料があるなら、次のステップへ進むことを真剣に考えたほうがいいですね。自分の人生が色褪せてしまうという局面であれば、なおさらです。

 

会社をやめないとどうなるのか

【意外と知らない!】会社をやめたいけどやめられない3つの理由

 

会社をやめなかった場合、毎日が辛くなります。

 

仕事を楽しめない状況が続きます

 

僕はつまらない顔で出社して、意義の無い仕事で時間を潰す毎日でしたし、休憩や飲み会では上司の愚痴ばかりで同じ話が多かったです。

 

どうですか?あなたにも心当たりありませんか?

 

これは時間の無駄なので、飲み会に誘われても断るようにしましょう。

 

安い時給で働かされて、ストレス解消に上司の愚痴をい言って、仕事が終わっても飲み会で愚痴っていうような無駄な時間の過ごし方はやめましょう

 

人工知能に仕事が奪われる可能性

 

経営者もつまんなそうな顔してやる気のない社員を雇う気はないので、人工知能で行える業務は人工知能に任せるケースがこれからどんどん増えてきます。

 

いままで人が行っていた作業を人工知能が行ってゆく時代となりますので、あなたの会社がある日突然リストラを行う可能性がこれからは高くなるということです。

 

つまり仕事を楽しめる人以外は生き残れない未来が待ち受けていると思った方がいいです。

 

ポイント

将来、人工知能に仕事が奪われる可能性を考えよう!

 

やめたらどうなるのか~3つの結末

【意外と知らない!】会社をやめたいけどやめられない3つの理由

 

会社をやめた後に待ち受ける展開を説明してゆきます。

 

他の会社へ転職する

 

「自分にはスキルも経験もないから転職なんてムリ!」と思っているなら大丈夫です。一度就職してるんだから気にせず転職先を探しましょう

 

転職先もたくさんあります。世の中には無数の会社があるので、選択肢は豊富にあると考えましょう。

 

今では転職をサポートしてくれるところもありますので、気軽に活用してみてください。意外と多くの転職先候補を紹介してくれるし、時間の節約にもつながります。

 

ポイント

転職サポートを活用しよう!プロを頼って時間の節約!

 

転職サポートはコチラ


>>>ヒューレックスの転職支援サービスの会員登録&無料カウンセリング申込

>>>ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング

>>>IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

>>>Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!

 

とりあえず、のんびり暮らす

 

お金に余裕があるなら、のんびり暮らしてみるのもいいですね。

 

田舎引っ越せば生活費もそれほど使うこともないです。家賃が1万円台なんて物件もあるくらいですから、1~2年は悠々自適な生活をしてもいいでしょう。

 

海外の人たちの仕事に対する価値観というのは日本人とはかなりかけ離れています。旅行の費用を稼ぐために就職して、旅行をするために会社をやめる。そして旅行がおわって国に戻ったら、次の仕事を探すといった自由な考え方をもっている人が多数です。

 

一方平均的な日本人は、一度会社に就職したら定年退職までずっと働き続けるといった考えの人が多いですよね。そもそもこの考え方が正しいのかどうかということです。

 

過労死や残業なんて、海外の人から見たら「日本人は異常だよ」って言われるくらいですからね。

 

独立する

 

サラリーマンに向いてないなって思ったら独立してみましょう。

 

まず一つ目の利点は上司がいないということ。独立すると自分が経営者ですから、上から文句言われることは絶対にありません。逆にその立場になります

 

二つ目は時間に縛られることもないので、毎日自分のペースで楽しく働くことができます。

 

たとえ失敗したとしても、アルバイトで生活していくことができるので、何の問題もありません。

 

ポイント

独立するために自分に合った仕事を見つけよう!

 

 

まとめ

 

人生はすべて自己責任です。会社をやめるのも続けるのもあなたの判断次第です。

 

死んだ目をして働くよりも、楽しく働く道を探してみる方がいいのではないでしょうか。とはいってもいきなり会社をやめる勇気を持てない人が多数だと思いますので、まずは次の行動をとってください。

 

きっとあなたの人生が有意義なものに変わりますよ。

 

  • 転職サポートに登録して転職先を探す。
  • 自分にできる副業を探す。(ゆくゆくは独立する)

 

 

 

 

© 2020 eisukeブログ