【競馬予想】小倉大賞典GⅢ【2021】

 

ども、eisukeです。

 

今週は2年連続で3連単30万円以上を出した『波乱含み』の小倉大賞典GⅢです。

 

渾身の予想をお見せいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

小倉大賞典の出走予定馬

【競馬予想】小倉大賞典GⅢ【2021】

 

馬名順でご紹介してゆきます。

まずは出走予定馬のご紹介!

 

  1. アドマイヤジャスタ
  2. アールスター
  3. カデナ
  4. ショウナンバルディ
  5. テリトーリアル
  6. ディアンドル
  7. デンコウアンジュ
  8. トーラスジェミニ
  9. ドゥオーモ
  10. バイオスパーク
  11. フェアリーポルカ
  12. ベステンダンク
  13. ボッケリーニ
  14. ロードクエスト
  15. ヴァンケドミンゴ
  16. ヴァンランディ

 

人気は以下の通り!

 

1番人気…ボッケリーニ

2番人気…フェアリーポルカ

3番人気…カデナ

 

ボッケリーニは前走で初の重賞戦で中日新聞杯GⅢを制覇しました。

 

フェアリーポルカは昨年牝馬戦のGⅢを2勝しています。

 

カデナは昨年のこのレースの覇者です。

 

小倉大賞典の消去データ

 

消去データ

  • 無し

 

さすが荒れに荒れるレースだけあって消去データがありませんでした。

 

小倉大賞典の好走データ

 

消去データもなく好走データも乏しいため、前走レースと前走クラスから好走データをピックアップいたします。

 

【中山金杯組】

  • 当日斤量57kg以上…複勝率66.7%
  • 前走上り3F1位…複勝率50%

 

【前走GⅢ組】

  • 当日1番人気…複勝率66.7%
  • 前走1着…複勝率50%

 

消去データで生き残り、好走データに該当する馬は、

 

  • アールスター
  • カデナ
  • バイオスパーク
  • ボッケリーニ

以上となりました。

 

各馬の考察

【競馬予想】小倉大賞典GⅢ【2021】

 

  • アールスター
  • カデナ
  • バイオスパーク
  • ボッケリーニ

の考察をしてゆきます。

 

アールスター

 

いままで芝では2000m以上しか使ってこなかったので、初めての1800mで変わり身があるのかどうか?

 

重賞勝ちは昨年の小倉記念GⅢでハンデが53kg。

 

前走の中山金杯GⅢでは上り最速の脚で0.5秒差まで詰め寄ったので、今回上り脚勝負になれば面白い一頭となりそうです。

 

カデナ

 

昨年のこのレースを制覇してから馬券に絡んでいないのが心配です。

 

7歳馬と高齢な上に58kgの斤量はいかがなものかと思います。

 

小倉競馬場とは相性がとても良いのですが、斤量が57.5kg以上だとパフォーマンスが一気に落ちるので注意が必要です。

 

バイオスパーク

 

昨年の秋にハンデ戦の福島記念GⅢを55kgで勝ちましたが、その後の中山金杯GⅢでは57kgを背負って0.9秒差の10着という内容です。

 

中山のコースが合わなかったのか、斤量が重かったのか?

 

今回も57kgを背負いますので過度な期待は控えたほうが良さそうです。

 

 

ボッケリーニ

 

前走はハンデ戦の中日新聞杯GⅢで55kgを背負って初めての重賞戦を勝ちました。

 

しかし今回は2kg増の57kgとなります。ここが気がかりです。

 

ただ戦績は5-3-1-3で掲示板を外したのは新馬戦の1回きりという安定した走りをみせていますので、実力はここでも上位でしょう。

 

小倉大賞典の結論

【競馬予想】小倉大賞典GⅢ【2021】

 

非常に混沌とした小倉大賞典です。

 

今回のおすすめはボッケリーニです。

 

何と言っても掲示板を外したのが初めてのレース、新馬戦1回きりというところが素晴らしい馬です。

 

昇級してあっさりと重賞を制覇したように、このメンバーの中では能力がかなり高いといえます。

 

鞍上の乗り替わりと斤量増が気になりますが、能力の高さでのりきってほしいと思います。

 

複勝1点

◎ボッケリーニ

ワイド5点

◎ボッケリーニ

〇フェアリーポルカ

アールスター

△トーラスジェミニ

△ヴァンランディ

△ベステンダンク

 

以上となります。

© 2021 eisukeブログ