新型コロナウイルスで悪夢の民主党政権の事業仕分けの弊害が露呈した。

悪夢の民主党政権! 事業仕分けの弊害が露呈

行政刷新会議の「事業仕分け」で、「革新的医薬品・医療機器の創出に向けた研究・分子イメージング研究戦略推進プログラム(第II期)」(要求額7億円)などの事業が、要求額の削減が必要と結論づけられた。

「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(第II期)」(21億円)は、「厚労省のネットワークのほかに、もう一つ作る必要性はない。厚労省のネットワークを強化、拡大した方が効果が出る」など、行政の二重性を指摘され、「廃止または20〜50%削減」といった厳しい評価が下った。

悪夢の民主党政権の爪痕
日本を弱体化させる魂胆だった事が
今浮き彫りになりました!!

こういうのをガンガン発信しない所が、自民の不甲斐ない部分。
「今ここで民主政権批判をして、どうなる!大切なのは、今後どうするかだ!」とほざく市民は、勝手に死ね。
落ち着いてからコロナの歌でも作って、皆で合唱して、「我々はこの悲劇を忘れてはならない」などと悦に浸ってろ。
予算は限られている。
あまりにも想定外までは備えられんだろ。
ただ、気象等、百年に一度の災いが近年は頻繁に来るよな。
困ったもんだ。

参照:kingboyのブログ

© 2020 eisukeブログ