卵かけご飯にピッタリの『にらしょう油』を紹介させていただきます。




「にらしょう油」とは名前のとおり「刻んだにらをしょう油に漬け込んだ調味料」で、豆腐や納豆にかけたり、卵かけご飯にしょう油の代わりにかけて使います。私のレシピでは、昆布でうま味、みりんで甘味、にんにく、生姜で香り、タカノツメで辛味を加えます。

そして、これをもう一段、おいしくするために、皆さん、おなじみのスナックを加えます! それでは早速、作ってみましょう!

※調味料を保存する容器は、熱湯で煮沸するか、キッチン用のアルコール除菌スプレーなどでよく消毒しておきましょう。




簡単自家製調味料「にらしょう油」

【材料】作りやすい分量

  • にら 1束(100g)
  • 生姜薄切り 3枚
  • にんにく 1かけ
  • ピーナッツ 20g
  • タカノツメ 1本
  • 白いりごま 大さじ1
  • 昆布 2cm×5cm位
  • しょう油、みりん 各1/2カップ(100ml)
  • 酢 小さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方


1. みりんは大き目の耐熱ボウルに入れ、電子レンジ600wで3分加熱してアルコールを飛ばします。

※大き目の耐熱ボウルを使うのは、吹きこぼれを防ぐためです。


2. にらは根元の方の太い部分は5ミリ位の幅に切り、葉の方は1cm位の幅に切って保存容器(500ml程度)に入れましょう。


これに昆布、薄切りにした生姜とにんにく、タネを取って細かく切ったタカノツメ、白いりごまを加えます。ここに1のみりん、しょう油、酢、ごま油を入れます。これだけでかなりおいしいのですが、今日はもう一工夫します。


3. ピーナッツをポリ袋に入れ、瓶の底などでたたいて細かく砕きます。


これを2に加えて混ぜ、室温で3時間ほどなじませたら食べられます。それ以降は冷蔵しましょう。おいしい「にらしょう油」の出来上がりです。


昆布のうま味、にら、にんにく、生姜の風味にタカノツメのピリ辛、みりんの甘味とピーナッツの食感とうま味が混ざり合った「にらしょう油」。豆腐や納豆にかけると、とてもおいしい! 定番ながら「にらしょう油卵かけご飯」ももちろん激ウマです!

お酒のツマミとしては豆腐にかけるのがお手軽ですが、刺身とも合います。サーモンの刺身にかけて食べると薬味要らず。にらの風味とサーモンの脂ののった、とろりとしたうま味がたまりません。


そして、もう一つ試してもらいたいのは「豚とシメジのにらしょう油炒め」。これがまた激ウマ! 「にらしょう油」の風味が豚肉とシメジにベストマッチしてます。

作り方は超簡単! 一口大に切った豚薄切り肉(160g)とブナシメジ(1株)をフライパンで炒め、「にらしょう油」(大さじ2~3)を加えて味付けするだけ! ビールにも合いますが、これを丼にするのもおいしいです。とにかくご飯がいけます。手軽に作れるので、是非、お試しください。食べると元気が出ますよ!


参照元:メシ通

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もう一度入力し直してください。

Copyright © 居酒屋裏筋メニュー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.