05理不尽を受け入れるのをやめる

生きていると、理不尽な理由でなぜか自分が怒られたり攻められたりすることがある。

たまたま上司の機嫌が悪いとか、運悪くクレーマーに遭遇してしまったとか、そういう理不尽な出来事が起こるのは珍しいことじゃない。

そういう時は気にしないことが一番だ。

もうね、交通事故に遭ったとでも思って開き直るしかない。何をどう考えても自分に非がないと思えるなら堂々と開き直りゃいい

理不尽な理由上位5つと対処法

①人に応じて態度が変わる。
→うちの上司も人によって態度が変わる。相手にする時間を短くするように努めてます

②発言内容が日により異なる。
→朝言ったことと夕方に言ったことが異なる奴もいた。
「阿保か!」と言いたいところだが、言ったところで何も変わらないので、潔くあきらめよう

③職場の謎ルール
→『勤務中は更衣室に出入りできない。する時は上長の許可を得ること!』
情報漏洩を防ぐ目的らしいが、許可を得て入退室できるなら意味ないよね。所詮自己満ルールなので、暇つぶし程度に協力しておけばいい

④効率性を考えない作業
→そういえば、パソコン導入を頑なに拒否した総務部長がいたなぁ~。経理がすべて手書きで、電卓計算だった。部長交代で一気にパソコン化が進んでいったので、一部の権限ある奴らが代わるまで『非効率な作業』を楽しもう

⑤他人のミスを自分の責任と言われる。
→まさに交通事故だと思いたい突発的理不尽。だが、とりあえずは謝っておこう。その後同僚か信頼のできる先輩・上司に相談をしてみよう。

参考文献『ストレスゼロの生き方』テストステロン著 きずな出版