中山・芝2500メートル(内回り)

外回りコースの3コーナー手前からスタート。3から4コーナーを回って、ホームストレッチでは1回目の急坂(高低差2.2メートル)を上る。決勝線から1コーナーにかけても上りで、2コーナーから向正面半ばまで緩い下り。3から4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310メートル。直線半ばには2回目の急坂が待ち受ける。2014年の路盤改修後、ラストのスピードが生きる傾向が強まった。勝負どころまで体力を温存できる操縦性、最終コーナーからゴールまでスピードを持続する能力が問われるコースだ。

キャリアの消去データ

【消去馬】
クロコスミア
シュヴァルグラン
スティッフィリオ
リスグラシュー

前走着差の消去データ

【消去馬のデータ】
アルアイン
ウインブライト
エタリオウ
シュヴァルグラン
スティッフィリオ
レイデオロ

前走クラスの消去馬のデータ

【消去馬のデータ】
クレッシェンドラヴ
ヴァイスブリッジ

厳選の一頭