東京・芝2400メートル

日本ダービー、ジャパンカップ、オークスといった主要なGⅠレースが行われる東京・芝2400メートルは、「JRAのチャンピオンコース」と言われる。ホームストレッチのスタート地点から1コーナーまでの距離は約350メートル。ゴール板を過ぎてから、1コーナー、2コーナー、向正面の半ばまで緩やかに下っていく。その後急な上り勾配があるが、それを越えると3コーナーまで下り。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り坂(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦となる。2000メートル近く走った後に坂を上り、そこからさらに加速する必要があるタフな構造。直線でのスピード能力、2400メートルをこなすスタミナ、インを回る操縦性の良さといった、総合的な能力が問われるコースだ。

予想:馬連流し

【軸】
クロノジェネシス
ラヴズオンリーユー
【相手】
ウィクトーリア
コントラチェック
シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ
ダノンファンタジー
ビーチサンバ

前々走をチェック

過去10年の出走馬について、前々走別に成績をまとめると、優勝馬が複数出ているのは「チューリップ賞」組のみで、同組は3着以内馬11頭を数え3着内率が30%を超えている。〔表1〕

〔表1〕前々走別成績(過去10年)
前々走 成績 勝率 連対率 3着内率
チューリップ賞 6-2-3-24 17.1% 22.9% 31.4%
クイーンC 1-1-2-13 5.9% 11.8% 23.5%
フラワーC 1-1-1-24 3.7% 7.4% 11.1%
フィリーズレビュー 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
シンザン記念 1-0-0-0 100% 100% 100%
きさらぎ賞 0-1-0-0 0% 100% 100%
アネモネS 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
エルフィンS 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
500万下 1-2-3-28 2.9% 8.8% 17.6%
新馬、未勝利 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
その他のレース 0-0-0-24 0% 0% 0%
  • 注記:2010年は1着同着

前々走の着順も要チェック

過去10年の出走馬について前々走の着順別に成績を調べると、連対馬20頭はいずれも前々走で4着以内に入っていた。また、3着以内馬で見ても、30頭のうち28頭が4着以内だった。前走の着順にかかわらず、前々走で4着以内に入っていれば、オークスで上位争いに加わってくる可能性も十分に残されている、と言えそうだ。〔表2〕

〔表2〕前々走の着順別成績(過去10年)
前々走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 6-6-7-42 9.8% 19.7% 31.1%
2着 3-2-1-34 7.5% 12.5% 15.0%
3着 1-1-0-12 7.1% 14.3% 14.3%
4着 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5着 0-0-1-12 0% 0% 7.7%
6~9着 0-0-0-26 0% 0% 0%
10着以下 0-0-1-12 0% 0% 7.7%
  • 注記:2010年は1着同着

前走5番人気以内馬が優勢

過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績を調べると、連対馬20頭中19頭は前走で5番人気以内に支持されており、3着以内馬で見ても30頭中27頭が5番人気以内だった。中でも「1番人気」組は3着内率で40%超の数値を記録している。前走で上位人気に支持されていた馬には、高い評価を与えるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-2-4-16 18.5% 25.9% 40.7%
2番人気 4-2-2-20 14.3% 21.4% 28.6%
3番人気 0-3-0-19 0% 13.6% 13.6%
4番人気 1-1-1-14 5.9% 11.8% 17.6%
5番人気 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
6~9番人気 0-0-1-38 0% 0% 2.6%
10番人気 0-1-1-33 0% 2.9% 5.7%
  • 注記:2010年は1着同着

芝1600メートル戦で2勝以上挙げている馬が強い

過去10年の出走馬について、芝1600メートル戦での勝利数別に成績をまとめると、「3勝以上」組が連対率で41.7%、3着内率で50.0%という高い数値を叩き出しているほか、「2勝」組も3着内率が30%を超えている。それに対し、「1勝」と「0勝」の2組を合わせると3着以内馬30頭のうち16頭と半数以上を占めているものの、共に好走率の数値はいまひとつ。芝1600メートル戦で2勝以上挙げている馬は、注目の存在となるだろう。〔表4〕

〔表4〕芝1600メートル戦での勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝以上 4-1-1-6 33.3% 41.7% 50.0%
2勝 3-2-3-18 11.5% 19.2% 30.8%
1勝 2-2-2-49 3.6% 7.3% 10.9%
0勝 2-4-4-74 2.4% 7.1% 11.9%