桜花賞に続き、
皐月賞も見事的中!!
マイラーズカップもいただきます。

予想:3連単

【軸】【1着】
ダノンプレミアム
【相手】【2・3着】
インディチャンプ
パクスアメリカーナ
モズアスコット




京都・芝1600メートル(外回り)

2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400メートル(Cコース使用時398.7メートル)が平坦となる。直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝コースは移動柵がAからDまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回る能力が要求されるコースだ。





前走の距離に注目

過去7年の出走馬について、前走の距離別に成績をまとめると、「1400メートル」組が連対率で45.5%という高い数値をマークしている。当レースと同距離となる「1600メートル」組は最も多い13頭が3着以内に入っているが、出走頭数そのものが多いこともあって連対率は8.2%にとどまっている。また、「1800メートル以上」組は3勝を挙げているものの、2着と3着が0回というのはフォーメーションを組む際に参考にしたいところだ。〔表1〕

〔表1〕前走の距離別成績(過去7年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-0-0-6 0% 0% 0%
1400m 2-3-0-6 18.2% 45.5% 45.5%
1600m 2-4-7-60 2.7% 8.2% 17.8%
1800m以上 3-0-0-17 15.0% 15.0% 15.0%





下位人気の5歳以下馬に注意

過去7年の年齢別成績を調べると、3着以内馬延べ21頭中15頭は5歳以下の馬だった。また、過去7年で単勝6番人気以下の馬は3着以内に6頭入っているが、そのうち2頭が4歳馬、3頭が5歳馬だった。4歳馬と5歳馬は、下位人気であっても軽視禁物だろう。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去7年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-4-0-26 6.3% 18.8% 18.8%
5歳 3-1-5-17 11.5% 15.4% 34.6%
6歳 1-1-1-22 4.0% 8.0% 12.0%
7歳 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
8歳 0-1-0-14 0% 6.7% 6.7%





GⅠを除く直近のレースでの成績は要チェック

過去7年の出走馬について、GⅠを除く直近のオープンクラスのレースでの着順別に成績をまとめると、3着以内馬の数では出走頭数が圧倒的に多い「2着以下」組が上回っているが、好走率では「1着」組の数値が上位になっている。〔表3〕

〔表3〕GⅠを除く直近のオープンクラスのレースでの着順別成績(過去7年)
着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-1-2-12 11.8% 17.6% 29.4%
2着以下 5-6-5-76 5.4% 12.0% 17.4%
オープンクラス不出走 0-0-0-1 0% 0% 0%





なお、「2着以下」組について、そのレースの勝ち馬とのタイム差別に成績を調べると、タイム差が「0秒4以内」だった2組と、「0秒5以上」だった2組とでは、3着以内馬の数や好走率で大きく差がついている。GⅠを除く直近のオープンクラスのレースで「1着」だった馬だけでなく、「2着以下」に敗れていた馬であっても、勝ち馬とのタイム差が「0秒4」以内であれば、ノーマークにはできないだろう。〔表4〕

〔表4〕GⅠを除く直近のオープンクラスのレースで2着以下に敗れていた馬の、そのレースの勝ち馬とのタイム差別成績(過去7年)
勝ち馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
0秒2以内 3-4-3-15 12.0% 28.0% 40.0%
0秒3~0秒4 2-1-1-13 11.8% 17.6% 23.5%
0秒5~0秒8 0-1-0-28 0% 3.4% 3.4%
0秒9以上 0-0-1-20 0% 0% 4.8%