予想:馬連流し

【軸】
エアウィンザー
ギベオン
【相手】
ペルシアンナイト
リスグランシュー
アルアイン
モズカッチャン
メートルダール
ダノンプレミアム
タニノフランケル




中京・芝2000メートル

ホームストレッチ半ばの上り坂からスタートして、コースを1周するレイアウト。決勝線を過ぎると1コーナーから2コーナー、向正面の半ばにかけて緩やかな上り勾配となるため、前半1000メートルはほぼ上り坂を走る構造。その後は3コーナーから4コーナー、直線の入り口まで緩やかに下っていくが、残り340メートル付近から再び急な坂を上るタフなコース。レース前半を上手く乗り切って、最後の直線でも末脚を伸ばせるだけの体力が要求される。





大阪杯へ注目の前哨戦

金鯱賞は2017年に3月に移設され、同年にGⅠへ昇格した大阪杯の前哨戦となった。それ以降の過去2年の勝ち馬は、2017年のヤマカツエースが大阪杯3着、2018年のスワーヴリチャードが大阪杯優勝と、2年連続して本番で上位争いに加わっている。今回は、中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降に芝2000メートルで行われた重賞21レースのデータを対象に分析していく。





5から9番人気の台頭が多い

対象とした重賞21レースの単勝人気別成績をまとめると、「1番人気」組が連対率で52.4%という高い数値をマーク。それに「5番人気」組、さらに「6から9番人気」組が続いており、5から9番人気の馬が上位争いに加わるケースが多い。3月に行われた過去2年の金鯱賞はともに、1番人気馬が優勝、7番人気馬と8番人気馬が2着に入っている。〔表1〕

〔表1〕中京芝2000メートルで行われた重賞の単勝人気別成績(2012年から2019年1月の21レース)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 7-4-2-8 33.3% 52.4% 61.9%
2番人気 1-2-4-14 4.8% 14.3% 33.3%
3番人気 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%
4番人気 1-1-5-14 4.8% 9.5% 33.3%
5番人気 3-1-1-16 14.3% 19.0% 23.8%
6~9番人気 6-7-5-66 7.1% 15.5% 21.4%
10番人気以下 2-5-4-133 1.4% 4.9% 7.6%
  • 注記:2016年の金鯱賞は3着同着





出走各馬の脚質にも注目

対象とした重賞21レースの4コーナーの位置別成績を調べると、勝率で「6から9番手」組が大きくリードしている。また、3着内率では「10番手以下」組が10%未満である一方、「先頭」・「2から5番手」・「6から9番手」の各組が20%以上となっている。過去2年の大阪杯では、2017年の勝ち馬ヤマカツエースが6番手、2018年の勝ち馬スワーヴリチャードが2番手で4コーナーを通過している。〔表2〕

〔表2〕中京芝2000メートルで行われた重賞の4コーナーの位置別成績(2012年から2019年1月の21レース)
4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 1-2-3-15 4.8% 14.3% 28.6%
2~5番手 5-10-6-78 5.1% 15.2% 21.2%
6~9番手 11-5-8-54 14.1% 20.5% 30.8%
10番手以下 4-4-5-122 3.0% 5.9% 9.6%
  • 注記:2016年の金鯱賞は3着同着





馬番での偏りは小さい

対象とした重賞21レースの馬番別成績を表の通り4グループに分けてまとめると、勝率では「1から4番」だけやや数値が低くなっているものの、3着内率で見れば各組とも20%前後の数値に収まっている。ちなみに、2017年の金鯱賞では6番(ヤマカツエース)、2018年の金鯱賞では9番(スワーヴリチャード)が勝利している。必要以上に馬番の内外を気にする必要はなさそうだ。〔表3〕

〔表3〕中京芝2000メートルで行われた重賞の馬番別成績(2012年から2019年1月の21レース)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1~4番 3-6-5-70 3.6% 10.7% 16.7%
5~8番 6-4-9-65 7.1% 11.9% 22.6%
9~12番 7-6-2-66 8.6% 16.0% 18.5%
13~18番 5-5-6-68 6.0% 11.9% 19.0%
  • 注記:2016年の金鯱賞は3着同着