予想:馬連流し

【軸】
ディアドラ
【相手】
スワーヴリチャード
ウインブライト
ステルヴィオ
ハッピーグリン
エポカドーロ
マイネルサージュ
マルターズアポジー




中山・芝1800メートル(内回り)

ホームストレッチの上り坂からスタート。1コーナーまでの距離は約200メートルと短い。加えて、決勝線から1コーナーの途中までも上り。1コーナー過ぎから向正面半ばまで緩く下り、3から4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310メートル。直線の半ばには急勾配(高低差2.2メートル)の上りがある。2014年の路盤改修後、従来より上がりが出やすく(速く)なった感はあるものの、前半から負荷がかかるため、JRAの芝1800メートルの中ではタフなコースと言える。ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいコースだ。





国内外の大舞台へ夢乗せて強豪が激突

中山記念は実績馬がその年の始動戦として出走するケースが多く、ここをステップに国内外の大舞台へと羽ばたいている。近年の優勝馬を振り返っても、2011年のヴィクトワールピサ、2014年のジャスタウェイ、2017年のネオリアリズムといった馬が次走で海外G1を制している。ここでは過去10年の結果から、レース傾向に迫っていく。





前走の距離別成績に傾向が

過去10年の出走馬について、前走の距離別成績をまとめると、3着内率では「1400メートル」組と「1600メートル」組の2組が上位となっており、距離延長組が3着以内に入る確率が高い点は注目できる。一方で、優勝馬に注目すると、10頭中8頭は前走が2000メートル以上の距離短縮組だった。この辺りの傾向は、頭に入れておいた方がいいだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1400m 0-1-3-3 0% 14.3% 57.1%
1600m 2-1-4-17 8.3% 12.5% 29.2%
1800m 0-2-0-9 0% 18.2% 18.2%
2000m 4-4-2-30 10.0% 20.0% 25.0%
2200m 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%
2400m以上 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
障害のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%





近走での勝利数の多い馬が優勢

過去10年の出走馬について、過去3走以内の勝利数別(障害のレースでの勝利数を除く)に成績を調べると、勝利数が多いほど好走率が高くなっている。0回組も3着以内に11頭入っており、近走で勝ち星を挙げていない馬であっても軽視は禁物だが、まずは近走での勝利数が多い馬に注目すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕過去3走以内の勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2回以上 2-2-1-11 12.5% 25.0% 31.3%
1回 6-4-4-36 12.0% 20.0% 28.0%
0回 2-4-5-45 3.6% 10.7% 19.6%
  • 注記:障害のレースでの勝利数を除く





近走の芝GⅠ出走歴に注目

過去10年の出走馬について、過去4走以内の芝GⅠでの最高着順別に成績をまとめると、「1着」組が3着内率で61.5%という高い数値を叩き出している。近走で芝GⅠ勝ちの実績がある馬は信頼できるようだ。また、過去4走で芝GⅠに出走経験があった馬となかった馬を比較しても、出走経験があった馬の方が好走率が高くなっている。近走で芝GⅠに出走していた馬に注目してみたい。〔表3〕

〔表3〕過去4走以内の芝GⅠでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-1-3-5 30.8% 38.5% 61.5%
2着 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
3着 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
4着 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
5着 0-1-1-2 0% 25.0% 50.0%
6~9着 1-3-0-15 5.3% 21.1% 21.1%
10着以下 1-1-3-9 7.1% 14.3% 35.7%
上記の計 8-7-9-42 12.1% 22.7% 36.4%
芝GⅠ不出走 2-3-1-50 3.6% 8.9% 10.7%