予想:馬連流し

【軸】
マウントゴールド
スティッフェリオ
【相手】
ケイティクレバー
マイスタイル
ナイトオブナイツ
サーブルオール
以上、9点買い。




小倉・芝1800メートル

スタート後、1コーナーまでの距離は300メートル弱と短め。先行争いが激しくなるケースもあるが、決勝線から2コーナー入り口にかけては上り坂のため、ここでペースが落ちることが多い。2コーナーから向正面、3コーナーから4コーナーにかけて下り、直線は平坦。前半に無理せず好位置を取れる馬か、インコースで脚をためる競馬のできる馬が好走しやすい。





小倉の冬を熱くするハンデキャップ重賞

1回小倉の名物レースとして親しまれている小倉大賞典は、ハンデキャップレースということもあってか、過去10年で5番人気以内の馬が1、2着を占めたことがなく、非常に難解な一戦となっている。今回は、中京競馬場で行われた2010年を含めた過去10年の結果を分析する。





前走の条件に注目

過去10年の出走馬について、前走の条件別に成績をまとめると、「1600万下」組が勝率・連対率でトップ。ちなみに、「1600万下」組の14頭は、いずれもそのレースを勝利して小倉大賞典に臨んでいた。1600万下を勝ち上がってオープンクラス入りを決めたその勢いは無視できないだろう。前走がオープンクラスだった馬の中で3着以内が多いのは「GⅡ」組と「GⅢ」組だが、好走率では「GⅡ」組が上位となっている。〔表1〕

〔表1〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
GⅡ 3-4-2-22 9.7% 22.6% 29.0%
GⅢ 2-4-6-65 2.6% 7.8% 15.6%
オープン特別 1-1-2-27 3.2% 6.5% 12.9%
1600万下 3-1-0-10 21.4% 28.6% 28.6%





前走が2000メートル以上だった馬が優勢

過去10年の出走馬の前走の距離別成績を調べると、「2200メートル以上」組が好走率でトップ、「2000メートル」組が勝率と3着内率で「2200メートル以上」組に次ぐ数値となっており、前走が2000メートル以上だった馬の好走率が上位となっている。距離短縮で臨む馬は要チェックだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1600m以下 2-2-3-40 4.3% 8.5% 14.9%
1800m 1-2-0-21 4.2% 12.5% 12.5%
2000m 4-2-5-43 7.4% 11.1% 20.4%
2200m以上 3-4-2-24 9.1% 21.2% 27.3%





前走の位置取りにも傾向が

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーでの位置別に成績をまとめると、「先頭」組の好走率が高く、勝率・連対率では、位置取りが前方になるほど数値が高くなっている。前走の4コーナーでの位置取りをヒントにしてみるのも面白そうだ。〔表3〕

〔表3〕前走の4コーナーでの位置別成績(過去10年)
前走の4コーナーでの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 4-1-1-12 22.2% 27.8% 33.3%
2~4番手 3-2-2-34 7.3% 12.2% 17.1%
5~9番手 2-4-4-41 3.9% 11.8% 19.6%
10番手以下 1-3-3-40 2.1% 8.5% 14.9%