各時代の名ステイヤーが歴代優勝馬に名を連ねるJRA最長距離の平地重賞

2017年のステイヤーズSを制したのは、2015年と2016年の優勝馬でもあるアルバートで、当レース史上初の3連覇となった。なお、過去にはフジノハイハット(1978年、1980年)、ピュアーシンボリ(1981年、1982年)、スルーオダイナ(1988年、1989年)、アイルトンシンボリ(1992年、1993年)、ホットシークレット(2000年、2002年)、デスペラード(2013年、2014年)が複数回の優勝を果たしている。また、トウカイトリック(2006年2着、2011年3着、2012年1着、2013年3着)、ファタモルガーナ(2012年2着、2014年2着、2016年2着)など、3着以内に複数回入った経験がある馬はさらに多い。今年も芝長距離戦線の既成勢力がその実力を見せつけるのだろうか。それとも、新たな時代を切り開く新興勢力が台頭するのだろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。





中山・芝3600メートル(内回り・2周)

現在JRAで行われている平地のレースの中では、最も距離が長いコース。ホームストレッチの4コーナー寄りからスタートして、内回りを2周するレイアウト。決勝線から1コーナーにかけて上り(高低差2.6メートル)、その後向正面の半ばまで下る(高低差4.4メートル)。そこから3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、直線距離は310メートル。スタート直後と合わせて3回直線の急坂(高低差2.2メートル、最大勾配2.24%)を上ることになる。スタミナはもちろんだが、8回のコーナーをこなす器用さと折り合いが重要となる特殊なコースだ。

前走好走馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ30頭中18頭は、前走の着順が「5着以内」だった。「5着以内」組は3着内率が45.0%に達している。基本的には前走好走馬が強いレースだ。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 5-8-5-22 12.5% 32.5% 45.0%
6着以下 5-2-5-93 4.8% 6.7% 11.4%





長距離戦に実績のある馬は信頼できる

過去10年の3着以内馬延べ30頭中18頭は“前年以降のJRAの3200メートル以上の平地レース”において6着以内に入った経験のある馬だった。この経験を有する馬は3着内率37.5%と好走率も高い。今年も2017年以降のJRAの3200メートル以上の平地レース(ダイヤモンドS、天皇賞・春、ステイヤーズS)で6着以内に入っていた馬が出走してきたら高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕“前年以降のJRAの3200メートル以上の平地レース”において6着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-7-30 12.5% 22.9% 37.5%
なし 4-5-3-85 4.1% 9.3% 12.4%





なお、“前年以降のJRAの3200メートル以上の平地レース”において6着以内に入った経験がなかった馬のうち、前走の着順が6着以下だった馬は3着内率1.4%と苦戦している。3着以内に入ったのは2008年1着のエアジパングのみである。〔表1〕と〔表2〕で挙げた条件を両方とも満たしていない馬は過信禁物だ。〔表3〕

〔表3〕“前年以降のJRAの3200メートル以上の平地レース”において6着以内に入った経験がなかった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 3-5-3-17 10.7% 28.6% 39.3%
6着以下 1-0-0-68 1.4% 1.4% 1.4%




前走との間隔に注目

過去10年の出走馬の前走との間隔別成績を調べると、前走との間隔が「中1週以内」と「中9週以上」の馬は全て4着以下に敗れている。休養明けの馬、前走との間隔が極端に詰まっている馬は評価を下げたい。〔表4〕

〔表4〕前走との間隔別成績(過去10年)
間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中1週以内 0-0-0-9 0% 0% 0%
中2~8週 10-10-10-83 8.8% 17.7% 26.5%
中9週以上 0-0-0-23 0% 0% 0%




近年はキャリア豊富な馬が不振

過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、通算出走数が「35戦以内」だった。2012年以前はキャリア「36戦以上」の馬も好走していたが、近年の傾向を重視するならば、キャリアが比較的少ない馬に注目すべきだろう。〔表5〕

〔表5〕通算出走数別成績(過去5年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
35戦以内 5-5-4-30 11.4% 22.7% 31.8%
36戦以上 0-0-1-22 0% 0% 4.3%