2000年を境に単勝1番人気馬の優勝例が増えてきた中距離チャンピオン決定戦

グレード制が導入された1984年以降、1999年までの天皇賞(秋)で単勝1番人気に推された馬のうち、優勝を果たしたのは1984年のミスターシービーと1987年のニッポーテイオーだけで、当該期間中の1番人気馬の勝率は12.5%にとどまっていた。一方、2000年から2017年の優勝馬延べ18頭中、半数の9頭は単勝1番人気だった。2000年から2017年まで毎年行われたJRAのGⅠ全23競走(J・GⅠも含む)のうち、単勝1番人気馬の勝率が50%以上なのは、この天皇賞(秋)とフェブラリーS、日本ダービー、有馬記念の4競走だけだ。今年も前評判の高い馬が期待に応えるのだろうか、それとも意外な伏兵が王座を奪取するのだろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通しているポイントを分析してみたい。




東京・芝2000メートル

1コーナー奥にあるスタート地点から2コーナーに向かっていくレイアウト。2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると距離のロスが大きい。向正面半ばに上り坂があり、その後3コーナーにかけて下り。直線は525.9メートル。直線に向いてすぐ約160メートルの上りがあり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦。坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力、タフなコースを押し切れるだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

若い馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、年齢が「5歳以下」だった。一方、「6歳以上」だった馬は3着内率2.7%と苦戦している。6歳以上の馬は過信禁物だ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-2-2-11 0% 13.3% 26.7%
4歳 3-5-3-32 7.0% 18.6% 25.6%
5歳 6-3-4-31 13.6% 20.5% 29.5%
6歳 0-0-1-30 0% 0% 3.2%
7歳 0-0-0-30 0% 0% 0%
8歳 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
9歳 0-0-0-2 0% 0% 0%
5歳以下 9-10-9-74 8.8% 18.6% 27.5%
6歳以上 1-0-1-71 1.4% 1.4% 2.7%





前年以降にGⅠで連対経験のある馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、“前年以降のJRAのGⅠ”において連対経験のある馬だった。この経験のある馬は3着内率が31.9%に達している。まずは前年以降にビッグレースで連対経験がある馬に注目すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕“前年以降のJRAのGⅠ”における連対経験の有無別成績(過去10年)
連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-7-9-47 8.7% 18.8% 31.9%
なし 4-3-1-98 3.8% 6.6% 7.5%





なお、“前年以降のJRAのGⅠ”において連対経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った8頭は、前走が「同年の毎日王冠かつ7着以内」、もしくは「同年の札幌記念かつ1着」だった。前年以降のビッグレースで連対経験がない上、“同年の毎日王冠で7着以内もしくは同年の札幌記念で1着”の経験もなかった馬は評価を下げたい。〔表3〕

〔表3〕“前年以降のJRAのGⅠ”において連対経験がなかった3着以内馬の前走とその着順(過去10年)
年度 着順 馬名 前走とその着順
2009年 1着 カンパニー 2009年毎日王冠 1着
2010年 2着 ペルーサ 2010年毎日王冠 5着
3着 アーネストリー 2010年札幌記念 1着
2011年 1着 トーセンジョーダン 2011年札幌記念 1着
2着 ダークシャドウ 2011年毎日王冠 1着
2013年 1着 ジャスタウェイ 2013年毎日王冠 2着
2014年 1着 スピルバーグ 2014年毎日王冠 3着
2015年 2着 ステファノス 2015年毎日王冠 7着





前走で単勝1番人気だった馬は堅実

前走が“国内のレース”だった馬について、前走の単勝人気別成績をまとめると、前走で「1番人気」だった馬は3着内率42.9%と優秀な成績を収めている。一方、「8番人気以下」だった馬は全て4着以下に敗れている。臨戦過程を比較する際は、前走の単勝人気にも注目してみよう。〔表4〕

〔表4〕前走が“国内のレース”だった馬の、そのレースの単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-5-4-20 17.1% 31.4% 42.9%
2~7番人気 4-5-6-92 3.7% 8.4% 14.0%
8番人気以下 0-0-0-30 0% 0% 0%





前走の4コーナーの通過順がポイント

過去6年の3着以内馬延べ18頭中14頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースの4コーナーの通過順が「3~7番手」だった。一方、「2番手以内」だった馬は3着内率10.5%、「8番手以下」だった馬は同5.1%と、それぞれ苦戦している。2011年以前は「2番手以内」や「8番手以下」だった馬の好走例も少なくなかったが、近年の傾向を重視するならば、前走の4コーナーの通過順が「3~7番手」以外だった馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表5〕

〔表5〕前走が“国内のレース”だった馬の、そのレースの4コーナーの通過順別成績(過去6年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
2番手以内 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%
3~7番手 4-4-6-29 9.3% 18.6% 32.6%
8番手以下 1-1-0-37 2.6% 5.1% 5.1%