激戦必至の7ハロン戦

昨年は雨の影響で重馬場での開催となり、優勝したサングレーザーの走破時計は1分22秒4だったが、良馬場で行われた年は1分20秒前後での決着になることがほとんど。1400メートル戦は単にスピードがあるだけでは厳しくスタミナも問われる舞台。その辺りも踏まえつつ、まずは過去10年の結果から傾向を見ていこう。




京都・芝1400メートル(外回り)

スタート地点から3コーナーまで十分な距離があり、また向正面に上り坂があるため、前半のペースはゆったりと流れやすい。前半に楽をする分、3コーナー進入後の急な下りからペースアップし、平坦な直線にかけて、長く脚を使うことが要求される。京都の芝は内回りと外回りがあり、移動柵もAからDコースまでとれるため、終始インコースの良い状態が続く。スプリントレースにも対応できるくらいのスピードの持続力が要求されやすい。

年齢別の成績をチェック

過去10年の年齢別成績を調べると、もっとも優勝回数が多いのは4勝を挙げている3歳馬。しかし、3歳馬で2、3着に入ったのは2009年2着のアーリーロブスト(16番人気)だけなのに対し、4歳馬は3勝のほか、2着と3着にもそれぞれ3回入っている。5歳馬は優勝が1回だけで、2着4回3着5回と2、3着が多い。なお、7歳以上の馬は3着が1回だけ(2008年ジョリーダンス・7歳)と、苦戦傾向を示している。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 4-1-0-17 18.2% 22.7% 22.7%
4歳 3-3-3-19 10.7% 21.4% 32.1%
5歳 1-4-5-43 1.9% 9.4% 18.9%
6歳 2-2-1-32 5.4% 10.8% 13.5%
7歳以上 0-0-1-18 0% 0% 5.3%





上位人気馬が優勢だが

過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、優勝馬10頭のうち9頭は単勝オッズ10倍未満だった。ただし、その中で6.9倍以下の馬は6勝を挙げているものの、2着は2015年のフィエロ(単勝1番人気・2.7倍)だけで、2着馬10頭中9頭は7.0倍以上の馬となっている。また、3着馬も10頭中8頭が7.0倍以上の馬だ。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
4.9倍以下 3-1-2-8 21.4% 28.6% 42.9%
5.0~6.9倍 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
7.0~9.9倍 3-4-2-15 12.5% 29.2% 37.5%
10.0~19.9倍 0-1-3-27 0% 3.2% 12.9%
20.0~29.9倍 1-2-1-11 6.7% 20.0% 26.7%
30.0~49.9倍 0-1-2-21 0% 4.2% 12.5%
50倍以上 0-1-0-40 0% 2.4% 2.4%





前走別の成績もチェック

過去10年のスワンSにおいて、GⅠから臨んで勝利を挙げたのは、安田記念またはスプリンターズSから臨んだ馬だけ。それ以外のGⅠから臨んだ馬は2着が最高となっている。GⅢから臨んだ馬の中では、「同年8月以前のGⅢ」だった馬より「同年9月以降のGⅢ」だった馬の方が好走率が高い。前走がオープン特別だった馬の中で3着以内に入ったのはいずれも「西日本のオープン特別」だった馬で、「東日本のオープン特別」から臨んだ馬は全て4着以下に敗れている。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
安田記念 2-2-2-5 18.2% 36.4% 54.5%
スプリンターズS 2-1-3-25 6.5% 9.7% 19.4%
その他のGⅠ・JpnⅠ 0-1-1-9 0% 9.1% 18.2%
GⅡ・JpnⅡ 1-1-1-12 6.7% 13.3% 20.0%
同年9月以降のGⅢ・JpnⅢ 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3%
同年8月以前のGⅢ・JpnⅢ 0-1-1-13 0% 6.7% 13.3%
西日本のオープン特別 3-3-0-29 8.6% 17.1% 17.1%
東日本のオープン特別 0-0-0-14 0% 0% 0%
その他のレース 1-0-1-14 6.3% 6.3% 12.5%





同年5、6月の1400メートル戦での成績に注目

過去10年のスワンSでは、「同年の京王杯スプリングCに出走、もしくは同年5、6月の京王杯スプリングC以外の1400メートルのレースで連対していた」という経験のある馬が2009年と2015年を除いて連対している。連対馬がいない2015年も3着馬オメガヴェンデッタが同年の京王杯スプリングCで3着だった。今年もそのような経験を持つ馬が出走しているかどうか、チェックしておくことをお勧めしたい。〔表4〕

〔表4〕同年の京王杯スプリングCに出走、もしくは同年5、6月の京王杯スプリングC以外の1400メートルのレースで連対していたスワンS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 1着 マイネルレーニア 4走前 6月21日 ストークS(1600万下) 1着
2010年 1着 マルカフェニックス 3走前 5月15日 京王杯スプリングC 2着
2011年 2着 ジョーカプチーノ 3走前 5月14日 京王杯スプリングC 3着
2012年 1着 グランプリボス 3走前 5月12日 京王杯スプリングC 7着
2013年 2着 ダイワマッジョーレ 2走前 5月11日 京王杯スプリングC 1着
2014年 2着 サンライズメジャー 3走前 6月1日 安土城S 2着
2016年 1着 サトノアラジン 2走前 5月14日 京王杯スプリングC 1着
2017年 1着 サングレーザー 3走前 5月6日 3歳500万下 1着
2着 ヒルノデイバロー 4走前 5月13日 京王杯スプリングC 4着