スタミナこそが強さの証し クラシック三冠最終決戦

春の皐月賞、日本ダービーから夏を越え、クラシック三冠最後の戦いを告げるファンファーレが鳴ろうとしている。芝3000メートルという距離は3歳馬にとって初めて経験するもので、折り合い面や騎手の駆け引きなど、最後の一冠を巡って手に汗握るドラマが演じられてきた。ここでは過去10年の結果から、好走馬に共通する傾向を探っていく。




京都・芝3000m(外回り)

向正面の上り坂の途中からスタートして、コースをほぼ1周半するレイアウト。スタートしてから3コーナーまでの距離が約200メートルと短く、3コーナーに入ってすぐ急な下りがある。外を通るとコーナーで振られるためロスになるが、かといって前半で無理にポジションを取りにいこうとすると、1周目の下りからホームストレッチにかけて折り合いを欠くケースが多く見られる。京都の芝は移動柵がA~Dコースまで取れるため良好なコンディションが保たれて、終始インコースの良い状態が続きやすい。スタミナはもちろん必要だが、距離延長に対応できる順応性や、インを回れる器用さが重要になることも多い。

下位人気馬の台頭に警戒せよ

過去10年の単勝人気別成績をまとめると、「1番人気」が3着内率でトップとなる80.0%をマークしている。続く、「2~5番人気」はやや好走率が伸び悩んでおり、「6~9番人気」が3着以内に9頭入るなど、3着内率で「2~5番人気」と同等の数値をマークしている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-1-1-2 60.0% 70.0% 80.0%
2番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
3番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6~9番人気 2-2-5-31 5.0% 10.0% 22.5%
10番人気以下 0-2-2-86 0% 2.2% 4.4%





前走「神戸新聞杯」組が優勢

過去10年の出走馬について、前走別に成績を調べると、トライアルの「神戸新聞杯」組が3着以内に19頭入り、好走率でもトップに立っている。その一方で、同じトライアルの「セントライト記念」組は3着内率が10.0%にとどまっており、「1000万下の芝レース」組の13.2%より低い数値になっている。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
神戸新聞杯 8-6-5-51 11.4% 20.0% 27.1%
セントライト記念 1-3-1-45 2.0% 8.0% 10.0%
1000万下の芝レース 1-0-4-33 2.6% 2.6% 13.2%
札幌記念 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
その他のレース 0-0-0-20 0% 0% 0%





近走で3着以内に入ったレースの距離に注目

過去10年の出走馬について、過去2走で3着以内に入ったレースの最長距離別に成績をまとめると、日本ダービーや神戸新聞杯が行われる距離である「2400メートル」組が3着内率で41.5%という断トツの数値を記録している。それに続くのがセントライト記念などが該当する「2200メートル」組となっている。なお、「2500メートル以上」組からは1、2着馬こそ出ていないが、3着に入った2頭(2012年ユウキソルジャー、2014年ゴールドアクター)は共に単勝7番人気だったように、長距離戦で実績がある馬は、人気にかかわらず警戒が必要だろう。〔表3〕

〔表3〕過去2走で3着以内に入ったレースの最長距離別成績(過去10年)
最長距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1700m 0-0-0-1 0% 0% 0%
1800m 1-0-0-18 5.3% 5.3% 5.3%
2000m 0-1-1-22 0% 4.2% 8.3%
2200m 1-2-2-25 3.3% 10.0% 16.7%
2400m 8-5-4-24 19.5% 31.7% 41.5%
2500m以上 0-0-2-13 0% 0% 13.3%
過去2走で3着以内なし 0-2-1-47 0% 4.0% 6.0%





過去3走で3着以内の多い馬が強い

過去10年の出走馬について、過去3走で3着以内に入った回数別に成績を調べると、優勝馬10頭を含む連対馬20頭中18頭は、過去3走で2回以上3着以内に入っていた。好走率でも「3回」・「2回」組が「1回」・「0回」組を大きく上回っており、過去3走で複数回3着以内に入っていた馬は高く評価した方がよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕過去3走で3着以内に入った回数別成績(過去10年)
回数 成績 勝率 連対率 3着内率
3回 7-1-1-29 18.4% 21.1% 23.7%
2回 3-7-4-43 5.3% 17.5% 24.6%
1回 0-0-4-59 0% 0% 6.3%
0回 0-2-1-19 0% 9.1% 13.6%