予想:馬連BOX

1 ゴーフォザサミット

2 エタリオウ

3 ワグネリアン

4 ステイフーリッシュ

6 メイショウテッコン

8 エポカドーロ




直前情報

1 ゴーフォザサミット
「前走は初の古馬、しかも強敵が相手でしたからね。それに雨が降って緩い馬場での競馬でしたが、見せ場は作れたと思っています。1週前にある程度やってあるので、今日は馬ナリでサラッとですが、1度使って体はできているのでこれで十分です。春の実績馬は休み明けになりますが、この馬は夏に1度使ったアドバンテージがありますからね。ここで結果を出して本番に行ければ…と思っています」(津曲調教助手)。

◎3か月振りの札幌記念は2キロ増とまずまずの仕上がり。中団を進み、3角から一気に前との差を詰めに動くが、それが影響したか…、最後は甘くなってサングレーザーから0.6秒差の7着。それでも初の強豪古馬を相手にソコソコ戦えたことは次に繋がるハズ。叩いた上積みも見込め、軽くは扱えないか。

2 エタリオウ
「前走後は放牧に出して、8月17日に帰厩しました。夏を越して体が一回り大きくなり、長距離向きの体付きになってきましたね。1週前に3頭併せでは少し遅れましたが、スッと反応するタイプではないし、久々ということもあるので問題ありません。ダービーで最後はいい脚を使った様に、今回も末脚を生かす競馬をすることになりますが、阪神の外回りは合っていると思うので、楽しみにしています」(友道調教師)。

◎ダービーは発馬が今イチの上に前をカットされて後方からの競馬。道中はインを回り、ロスのない競馬。直線は馬群を捌いて鋭く伸び、ワグネリアンから0.2秒差の4着と健闘。1勝馬とはいえ、青葉賞の2着馬。一線級相手でもやれることを証明したダービーの成績から、ここも侮れない1頭。




3 ワグネリアン
「前走後は放牧に出して休養。無事に夏を越すことができました。帰厩後はかなり攻め込みましたが、それにも耐えてくれたし、悔いのない仕上がりで臨めると思います。先週長目からやってあるので、今週はラストの反応を確かめる程度でしたが、坂路でラスト1ハロンを馬ナリで11秒台ですからね。予定していた通りの時計だったし、動きもいうことはありません。今回は福永騎手から藤岡康太騎手に乗り替わりになりますが、今まで何回も追い切りに乗ってもらっているし、乗り難しいタイプじゃありませんから大丈夫。普通に走れば結果は付いてくると思うので、ここはダービー馬らしい走りを見せて欲しいですね」(友道調教師)。

◎ダービーは落ち着きがあり、気配も良かった。好位の後ろに付け、折り合いに専念。直線入り口で前を射程圏内に入れ、最後は外目から鋭く伸びて粘るエポカドーロを半馬身交わして勝利。左回りに良績がある馬だが、阪神は野路菊S勝ちがあり、問題はなさそう。鉄砲はOKで、秋緒戦をスカッと勝ちたいところだろう。

4 ステイフーリッシュ
「この夏は無理をせず休養に充てました。9月1日に帰厩。体付きはそれ程変わっていませんが、背丈が少し伸びた感じがあります。1週前に川田騎手の騎乗で追い切りましたが、時計的にも動いていたし、今週も単走でしたが引き続き乗ってもらい、いい感触を得た様です。気のいいタイプで鉄砲は利く馬。その分、休み明けの方がむしろいいかもしれませんね。多少イレ込むかもしれませんが、前ほどではないし、夏を越して成長した姿をここで見せて欲しいと思っています」(安藤調教助手)。

◎京都新聞杯を勝って臨んだダービーは中団から。直線は大外に出して伸びかけたが、最後は伸びを欠いてワグネリアンから0.6秒差の10着。キャリアは浅いがホープフルS(GI)で3着がある様に、夏を越しての成長如何では上位食い込みも考えられる。




5 タイムフライヤー
「ダービーの後は放牧に出し、函館に入厩。ある程度乗り込んでから8月下旬に帰厩しました。先々週、先週と和田騎手にシッカリ追い切ってもらい、今週も引き続き和田騎手の騎乗でビシッと坂路で追ってもらいました。皐月賞やダービーはこの馬本来の姿ではなかったと思うし、今日の追い切りの動きを見ると、この馬がいい時の状態に戻った感じを受けました。今回はダービーで上位に来た馬達が出てきますが、本番に向けてメドの立つ競馬を期待したいですね」(松田国英調教師)。

◎ダービーは中団馬群の中。道中は折り合いが付いてスムーズに追走していたが、直線は手応えほど伸びず、ワグネリアンから0.8秒差の11着。GIのホープフルSを勝っているが、その後の若葉S、皐月賞が案外。その後の成長度がカギになりそうだ。

6 メイショウテッコン
「前走は控える競馬で結果を出せたことは収穫だったと思います。レースの幅が出たことは大きいですからね。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきました。1週前にCWで併せ馬をやってあるので、今日は坂路でやりましたが、動きは良かったと思います。能力のある馬ですが、体質が弱くて無理はできませんでしたが、夏を越して肉体的な成長が感じられます。スタミナがあるので距離は問題ありません。本番は先になりますがこの相手にどこまでやれるか…、次に繋がるレースをして欲しいと思っています」(高橋義忠調教師)。

◎ラジオNIKKEI賞(福島・GIII・芝1800メートル・56キロ)は逃げたキボウノダイチの3番手。トップハンデを背負っていたが、直線は危なげなく抜け出し、2着フィエールマンの急襲を半馬身凌いで勝利。控えて結果を出したことは収穫。距離延長は問題なく、ここも前々でリズムよく走れる様なら。




7 ビッグスモーキー
「前走後は短期放牧を挟み、帰厩してからもここを目標に順調に調教メニューを消化してきました。ダート馬のイメージはありますが、すみれSで3着した様に、芝がダメということはありません。今回は春のクラシックで活躍した馬達が出ることで、手強いメンバー相手になりますが、ここでいい競馬ができる様なら、今後の選択肢が広がりますから…」(清水久詞調教師)。

◎レパードS(新潟・GIII・ダート1800メートル)は逃げ切ったグリムの3番手に付け、直線も渋太く喰らい付いていたが、最後は外から来たヒラボクラターシュに交わされて3着。芝はすみれS3着、スプリングS10着。合わないとはいえないが、ダートの方が持ち味が生きることは確か。ここは様子見が妥当かも。

8 エポカドーロ
「ダービーは交わされてからもバテずに踏ん張ってくれた様にいい勝負根性がありますね。幸いダメージが少なかったし、放牧に出して無事に夏を越すことができました。追う毎に動きが良くなってきたし、1週前の併せ馬でも好時計を出しましたからね。今週はラスト重点でしたが、動きは上々。折り合いの不安はないし、メンタル面の成長も窺えます。どんなレースでもできるし、ダービーで初の左回りを克服した様にコースも問題ありません。まだ良くなる余地を残していますが、緒戦から楽しみにしています」(田代調教助手)。

◎ダービーは他に行く馬がいないと見るや、素早く先手を取り、スローペースに落としての逃げ。そのまま手応え良く直線に入り、押し切るかに見えたが、外から来たワグネリアンにゴール寸前で半馬身交わされて2着。皐月賞馬の意地を見せた一戦。阪神は初になるが、中山で2、1着なら問題はないハズ。ここも要注目の1頭。




9 アドマイヤアルバ
「前走後は北海道の牧場に放牧に出し、8月下旬に帰厩。帰厩後はこのレースを目標に調整してきました。1週前に併せ馬でビシッと追い切ってあるので、今日は併せ馬で馬ナリでしたが、動きは良かったと思います。体重自体はあまり変わらないと思いますが、馬体に実が入ってきた感じはありますね。阪神には実績があるし、距離も大丈夫。鉄砲も利くタイプですからね。相手は揃いますが、一夏を越して成長した姿をここで見せて欲しいですね」(須貝調教師)。

◎ダービーは発馬こそ互角だったが、ダッシュが付かず後方から。無理をしなかった分、脚を溜めることができたので、直線は最速の末脚で差を詰め、ワグネリアンから0.5秒差の9着。相手なりに走る面がある反面、勝ち味に遅いタイプ。ここも見せ場位なら作れそうだが、馬券圏内となると疑問符が付く。

10 ハーベストムーン
「いつも通り日曜日に速いところを済ませてあるので、今日は馬ナリでしたが動きは良かったですね。重賞ではもう一つ結果を出せませんが、まだ本気で走っていない感じがあります。今回は初めての芝に替わって切れる脚を使えるかどうかは未知ですが、スタミナはあるので、この距離はいいと思います。あとは最後まで集中して走ってくれる様なら…」(浅見調教助手)。

◎ジャパンDD(大井・JpnI・ダート2000メートル)は13キロ増だがこれは戻ったモノ。逃げたテーオーエナジーの4番手に付けていたが、勝負所から動き始め、一旦は3番手に上がったが、そこで脚を使ったため直線の伸びを欠いてルヴァンスレーヴから2.6秒差の9着。今回は初芝に加えてGIIの重賞。見送りが妥当だろう。




2018年度重賞的中実績(馬連)

第65回日経新春杯 1680円

第59回アメリカJCC 460円

第35回東海ステークス 4260円

第23回シルクロードS 3200円

第32回根岸ステークス 2010円

第111回京都記念 2830円

第53回京都牝馬ステークス 860円

第35回フェブラリーステークス 1140円

第92回中山記念 1980円

第36回中山牝馬ステークス 1940円

第66回阪神大賞典 1290円

第50回ダービー卿CT 3890円

第62回大阪杯 2410円

第61回阪神牝馬ステークス 16680円

第78回桜花賞 480円

第78回皐月賞 12880円

第48回マイラーズカップ 1270円

第157回天皇賞・春 1030円

第25回平安ステークス 5940円

第79回オークス 1190円

第85回日本ダービー 7950円

第71回鳴尾記念 860円

第23回ユニコーンステークス 740円

第23回プロキオンステークス 2750円

第54回函館記念 5540円

第66回中京記念 2430円

第66回クイーンステークス 1000円

第54回小倉記念 790円

第54回札幌記念 1330円

第54回新潟記念 1250円

第63回京成杯オータムH 1180円

第32回セントウルステークス 730円