【先週の予想結果】

第66回クイーンステークス 1000円 的中!

2018年度的中実績(馬連)

第65回日経新春杯 1680円

第59回アメリカJCC 460円

第35回東海ステークス 4260円

第23回シルクロードS 3200円

第32回根岸ステークス 2010円

第111回京都記念 2830円

第53回京都牝馬ステークス 860円

第35回フェブラリーステークス 1140円

第92回中山記念 1980円

第36回中山牝馬ステークス 1940円

第66回阪神大賞典 1290円

第50回ダービー卿CT 3890円

第62回大阪杯 2410円

第61回阪神牝馬ステークス 16680円

第78回桜花賞 480円

第78回皐月賞 12880円

第48回マイラーズカップ 1270円

第157回天皇賞・春 1030円

第25回平安ステークス 5940円

第79回オークス 1190円

第85回日本ダービー 7950円

第71回鳴尾記念 860円

第23回ユニコーンステークス 740円

第23回プロキオンステークス 2750円

第54回函館記念 5540円

第66回中京記念 2430円

第66回クイーンステークス 1000円




直前情報

1 キョウヘイ
「前走は体調も良かったと思いますが、雨で馬場が渋ったことも大きかったですね。その後はここを目標に在厩しての調整。ここまで2000メートルの距離を意識して調整をしてきました。1週前にある程度やってあるので、今日はジョッキーの感触に任せることにしましたが、体調は良さそうです。距離・小回り共に問題ないと思うし、重だけではなく、良馬場でもやれると見ています」(宮本調教師)。

◎降級初戦の垂水S(阪神・準OP・芝1800メートル・重)は後方からの競馬。勝負所からジワッと進出を開始、直線はガラッと開いた内を突いて、前を行くエンヴァ―ルをゴール寸前で頭差交わして勝利。馬場に恵まれたとはいえ、シンザン記念を勝った馬。今回は距離延長がカギになりそうだが、馬場が渋る様なら軽くは扱えないかも。

2 レイホーロマンス
「前走は緩い馬場を気にしたのか、行く気がありませんでしたね。それに4角で落馬の煽りも受けましたから。その後は在厩して調整をしていますが、コンスタントに使ってきているので、今日は馬ナリでサラッと。馬体はキープできているし、状態面も維持できているので、良馬場でスムーズな競馬ができれば…と思っています。今回も51キロの軽ハンデですからね。楽しみにしています」(橋田調教師)。

◎七夕賞(51キロ)は発馬で出負けをして後方から。3角では勝ったメドウラークの後ろに付けて、いざこれからという時に落馬の煽りを受ける不利。馬場が緩かった(発表は良)ことも影響して、0.8秒差の6着。小倉は良績がありOK。小柄な馬でハンデがカギになりそうだが、愛知杯(GIII)が51キロで2着。ここもハンデ次第では上位食い込みも

3 ストーンウェア
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。その前走で小回りに対応できたし、右回りでも3着と結果を出してくれましたからね。ここまでは順調に調整できたし、体調はいいですね。今回は重賞になりますが、ジョッキーの連続騎乗は何よりだし、ハンデ戦ですからね。斤量差があるし、それに展開の助けがあれば尚いいと思っています」(出川調教助手)。

◎叩き2戦目になったメイS(東京・OP・54キロ・芝1800メートル)は後方からの競馬。勝ったダイワキャグニーを見る形で直線に。直線で外目に持ち出すと最速の末脚でダイワキャグニーの半馬身差2着。良績は東京に多いが、小回り・平坦は問題ナシ。後は展開がハマるかどうかといった感じ。




4 ストロングタイタン
「前走後はリフレッシュ放牧に出し、ここを目標に7月下旬に帰厩しました。ここまでは予定通りの調教メニューを消化できています。1週前に坂路でシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。暑くなるにつれて調子を上げてくるタイプ。昨夏の小倉で3連勝していますからね。前走の様に勝ちに行く競馬をすると甘くなる傾向がある馬。小倉は差す競馬が利く競馬場なので、今回はこの馬の持ち味を生かす競馬をするするつもりです。初騎乗のアヴドゥラ騎手にはその点の指示はする予定です」(池江調教師)。

◎宝塚記念(稍重)は積極的な競馬をしたが、直線は内外から交わされて失速。勝ったミッキーロケットから1.2秒差の11着。距離が微妙に長かったのかも…。昨年のこのレースは55キロを背負ってタツゴウゲキの8着。小倉は得意で力を付けた今ならハンデ次第で上位争いになってもおかしくないだろう。

5 キンショーユキヒメ
「前走は落馬のアオリを受けたこともありますが、いつもより早目の競馬をしたことが裏目に出ましたね。ペースが速かったことを考えると、いつもの様に後ろからの競馬をした方が良かったと思います。1週前に長目からやりましたが、暑さにも負けずいい動きだったし、今日の動きも良かったですよ。今回はいつものこの馬の競馬をする予定だし、展開が向いてくれる様ならいいですね」(中村調教師)。

◎七夕賞(54キロ)はやや出負けしたが、後方のインで脚を溜める。勝負所からジワッと進出を開始しかけたが、肝心なところで落馬の煽りを受ける。そこから再度盛り返しを図るが、伸びは今イチ。メドウラークかあら0.8秒差の7着に終わる。ここ2走が不本位なレース続き。小回りはOKでスムーズなレースができれば見限れない1頭。

6 マイネルサージュ
「前走後は在厩しての調整。1週前にある程度やってあるので、今日は馬ナリでサラッと。状態はいいですよ。前走は4角で外に振られ、勝った馬は内から来ましたからね。その分の差が出たのだと思います。小倉は初めてになりますが、器用な立ち回りができるので大丈夫。前走の様に脚を溜めて末脚を生かせる形になれば、ここでも楽しみですね」(鹿戸調教師)。

◎3か月振りの七夕賞(55キロ)は離れた後方から。3〜4角にかけて外目から進出を開始。直線は勝ったメドウラークと併せ馬の形で伸び、激しい叩き合いの末、クビ差の2着。小回り・平坦は問題なく、ここも展開一つで出番があっても




7 マウントゴールド
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。暑さに負けず元気一杯です。1週前に併せ馬でシッカリ追ってあるので、今日は馬ナリでしたが、楽に先着といい動きでした。小倉は初めてですが先行すれば渋太い馬ですからね。脚質的には合っていると思います。重賞でもやれる力はあると思うので、前々で流れに乗った競馬ができれば楽しみです」(池江調教師)。

◎下鴨S(京都・準OP・56キロ・芝2000メートル)は好位の後ろ。勝負所から進出を開始し、4角では離して逃げていた2頭の3番手に上がる。そこから前の2頭を捉え、2着のスズカルパンの急襲をハナ差退けて勝利。これでOP入りを果たす。小倉は初でも先行力はある馬。コース替わりは問題ないが、今回は昇級初戦+重賞。ハンデ差を生かしどこまで

8 メドウラーク
「前走は展開面と時計を要する馬場が向いたのだと思いますね。その後はミニ放牧を挟みましたが、状態は変わらずキープできています。コース自体は問題ありませんが、今の速い馬場にどう対処できるかがカギになりそうです。できれば前走の様に力の要る馬場になってくれるといいんですが…」(橋田調教師)。

◎叩き2戦目となった七夕賞(54キロ)は後方から。3角から動き始め、後ろから来たマイネルサージュ(2着)と壮絶な叩き合いを演じ、ゴール寸前、クビ差制して初重賞制覇。展開に恵まれたとはいえ、7歳でも衰えはないことを証明。小倉にも勝ち鞍があり、コース替わりはOK。ハンデと展開がカギになるが、一概にフロック視は…

9 エーティーサンダー
「この夏に2度使ってきているので、追い切りは馬ナリでサラッと。今回は格上挑戦のうえに重賞ということで楽ではありませんが、51キロのハンデと得意の小倉という条件を生かして、少しでも上を目指せれば…と思っています」(湯窪調教師)。

◎シンガポールターフクラブ賞(中京・準OP・芝2000メートル)は後方から。正味、直線だけの競馬といった感じで、勝ったシャルドネゴールドから0.6秒差の6着。小倉で全3勝を上げている様に相性のいい舞台だが、今回は格上挑戦&重賞。ハンデ差を生かしてどこまでやれるかといったところか。




10 サトノクロニクル
「前走後はリフレッシュ放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にシッカリ負荷をかけたことである程度仕上がっていましたからね。今日は併せ馬でラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。軽くて硬い馬場が合うタイプ。小倉も開催2週目ならその点は問題ないと思います。前走はGIで厳しい競馬になりましたが、GIIIなら力は上位。楽しみにしています」(池江調教師)。

◎天皇賞(春)は中団の後ろから。2周目の向正面から早目に動き出すが、他馬も同じ様に動き出したため、勝負所からは追い通し。直線に入ると脚色が鈍り、レインボーラインから1.3秒差の12着。小回り・平坦の小倉は初めてになるが、ある程度前目でも競馬ができる馬。距離短縮はむしろプラスで、ハンデ一つで可能性は十分。

11 トリオンフ
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にコースでシッカリ追ってあるので、今日は坂路でサラッとでしたが、これで十分でしょう。夏場の輸送も小倉も今までの経験から問題ないし、夏場に強い馬ですからね。ハンデは背負いますが、力は上位。もし、行く馬がいない様なら、ハナを切る手もありだと思っています」(須貝調教師)。

◎鳴尾記念は中団から。勝ったストロングタイタンと同じ様な位置からの競馬。勝負所で勝ったストロングタイタンより一歩先に動いて行くが、ゴール寸前で内から掬われてレコード勝ちから半馬身差の2着。小倉は小倉大賞典勝ちを含めて3戦2勝2着1回と相性抜群。ここもハンデ次第では有力候補の1頭。

12 サンマルティン
「前走後は一旦、放牧に出し、昨年と同じ様に放牧先から直接小倉に入厩しました。元気一杯だし、今日の追い切りも気分良さそうに走っていましたから。昨年はハナ差で惜しい負け。一つ年を重ねましたが、衰えどころか、乗り易くなっているし、その分調整も楽になっています。昨年のことを踏まえて、この中間は気を緩ませない様に調整をしてきましたからね。今回は一度コース経験をしているし、スムーズに折り合って競馬ができる様ならチャンスはあると思います」(椎本調教助手)。

◎半年振りの都大路S(京都・OP・芝1800メートル)は4キロ増と好仕上がり。決して速い流れではなかったが、シンガリからの競馬。直線に入るまでジックリ待機し、直線は開いた内を鋭く突き抜けて2着のエアアンセムに1馬身4分の3差を付けて好時計勝ち。昨年のこのレースがタツゴウゲキの2着。久々はOK、ハンデ一つで好勝負に。

予想:馬連BOX

1 キョウヘイ

3 ストーンウェア

4 ストロングタイタン

6 マイネルサージュ

7 マウントゴールド

8 メドウラーク

10 サトノクロニクル

11 トリオンフ

12 サンマルティン