【先週の予想結果】

第66回中京記念 2430円 的中!

2018年度的中実績(馬連)

第65回日経新春杯 1680円

第59回アメリカJCC 460円

第35回東海ステークス 4260円

第23回シルクロードS 3200円

第32回根岸ステークス 2010円

第111回京都記念 2830円

第53回京都牝馬ステークス 860円

第35回フェブラリーステークス 1140円

第92回中山記念 1980円

第36回中山牝馬ステークス 1940円

第66回阪神大賞典 1290円

第50回ダービー卿CT 3890円

第62回大阪杯 2410円

第61回阪神牝馬ステークス 16680円

第78回桜花賞 480円

第78回皐月賞 12880円

第48回マイラーズカップ 1270円

第157回天皇賞・春 1030円

第25回平安ステークス 5940円

第79回オークス 1190円

第85回日本ダービー 7950円

第71回鳴尾記念 860円

第23回ユニコーンステークス 740円

第23回プロキオンステークス 2750円

第54回函館記念 5540円

第66回中京記念 2430




直前情報

1 アグレアーブル
「一度使うとガタッとくる馬が、滞在効果で続けて使えるのは何よりですね。スムーズさを欠く事が多い馬ですが、素質は高い馬。GI馬もいて楽な相手ではありませんが、追い切りの動きが凄く良かったし、ここでどこまで通用するのかを見てみたい一戦。後はジョッキーの腕にも期待したいですね」(磐井調教助手)。

◎昇級初戦となったかもめ特別(函館・1000万下・牝・芝1800メートル・稍重)は折り合いに専念して好位からの競馬。外から次々と交わされ、勝負所で動くに動けない格好。その分、追い出すタイミングが遅れる。最後はよく差を詰めたが、ティーエスクライから0.3秒差の3着。ただ今回は格上挑戦&重賞で上位までは厳しいだろう。

2 ソウルスターリング
「美浦でも乗っていたし、先週本馬場でシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたがこれで十分です。近走は結果が出ていませんが、昨年の疲れが残っていたせいなのか、中々冬毛が抜けませんでした。それが陽気が良くなるにつれて毛ヅヤが凄く良くなって、体調も上向いてきましたからね。今日の動きも良かったし、いい結果を期待したいですね」(藤沢和雄調教師)。

◎叩き2戦目のヴィクトリアマイル(稍重)は出たなりで中団。勝ったジュールポレールの後ろに付けていたが、直線でいざ追い出されると反応は今イチ。ジリジリとしか脚を使えず、ジュールポレールから0.4秒差の7着。馬場が微妙に影響したのかも。札幌の1800メートルで新馬勝ちした同馬。コースは◎で良馬場を条件に改めて見直す手だろう。

3 トーセンビクトリー
「今年は昨年と違って輸送を無事にクリア。体調は問題ありません。前走は久々に逃げの戦法に出たため、馬が戸惑っていた感じでしたが、コーナーで減速をしないで走れるので、小回りは問題ありません。今日の追い切りの動きが良かったし、活気もありますからね。今年も好レースを期待したいですね」(辻野調教助手)。

◎マーメイドS(56キロ)は発馬直後に躓く不利はあったが、ダッシュを利かせてハナを切り、軽快に飛ばしての逃げ。残り1ハロンまで頑張っていたが、そこから後続に一気に来られ、勝ったアンドリエッテから1.7秒差のシンガリ負け。トップハンデにしても負け過ぎの感は否めないが、昨年のこのレースはアエロリットの2着。別定戦で巻き返しに期待。




4 ツヅミモン
「放牧先から函館に直接入厩し、入念に乗り込んできました。元々が調教は動く馬ですが、それにしてもいい動きでしたね。前走で減っていた体も回復したし、脚質的に小回りも向いていると思います。古馬相手の一戦になりますが、51キロで出られるし、自分のリズムで走れる様なら…と思っています」(影山調教助手)。

◎桜花賞は大外18番枠から先行。逃げたコーディエライトの2番手に付けたが、直線で2着のラッキーライラックに交わされたことで脚色が鈍り、アーモンドアイから0.7秒差の9着。それでも大きくバテてはおらず、内容としては悪くなかった。今回は久々に加え、初距離&古馬が相手。51キロの斤量を生かしてどこまでやれるかだろう。

5 フロンテアクイーン
「前走後は福島牝馬Sを目標にしていましたが、心房細動で回避。放牧に出しました。帰厩後は美浦で乗り込んでから函館に入厩。輸送も無事にクリアできました。今日は馬場が軽かった事で好時計が出ましたが、調教後の体調に問題はなかったし、いい追い切りができたと思っています。競馬が上手な馬なのでコース替わりは問題ないと思うし、何とか好結果を…と思っています」(椎本調教助手)。

◎3か月振りの中山牝馬S(54キロ・稍重)は4キロ増も好仕上がり。ダッシュ良く逃げたカワキタエンカの3番手に付け、最後も渋太く前に迫ったが、スローの逃げに持ち込んだカワキタエンカに半馬身及ばずの2着。洋芝の適性がどうかだが、相手なりの堅実さは魅力。ここも軽くは扱えない1頭。

6 リバティハイツ
「放牧先から函館に直接入厩しました。気性的に鉄砲は利くタイプなので、久々は問題ありません。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。器用な立ち回りができるし、折り合いにも不安がないので距離延長には対応できると思います。初の古馬相手に加え、強敵もいますが、51キロですからね。それを武器に頑張って欲しいですね」(小川調教助手)。

◎フィリーズレビューを勝って臨んだ桜花賞は中団からの競馬。折り合いが付いて、スムーズに追走。直線は開いた内を突いてよく伸びたが、アーモンドアイから0.7秒差の6着。しかし、内容自体は悪くなかった一戦。今回は初の古馬相手&洋芝。初距離でもあり、どこまでやれるかだろう。




7 ティーエスクライ
「前走から中2週で輸送もあるので、今日は馬ナリでしたが、これだけやれれば十分でしょう。この馬はそれ程切れるタイプではないので、前走の様に前々で渋太さを生かす形が理想。格上挑戦&重賞になりますが、自分の競馬をしてどこまでやれるかですね」(中島調教助手)。

◎かもめ島特別(函館・1000万下・牝・芝1800メートル・稍重)は発馬を決めてハナに。2角から後続を引き離しにかかり、向正面でも4、5馬身程リード。勝負所で後続が追い付いてきたが、スローペースの逃げという事で余力は十分。結局、2着のイストワールファムに1馬身4分の3差をつけて逃げ切る。しかし今回は格上挑戦&重賞。甘くはないだろう。

8 アンドリエッテ
「前走後は放牧に出し、ここを目標に帰厩。疲れが取れていい状態で臨めそうです。1週前にもある程度やってあるので、今日は最後を伸ばす程度でしたが、いい動きだったと思います。前走は全てがうまく噛み合った感はありますが、今回は開幕週。洋芝は問題ないと思いますが、直線が短い札幌という事で、上手な立ち回りができるかどうかでしょうね」(長谷川調教助手)。

◎格上&重賞となったマーメイドS(51キロ)は出が一息だったが、向正面でジワッと中団に進出。勝負所でもインで我慢。4角で前が開くとロスのない立ち回りで前との差を詰め、残り1ハロンで先頭。後続の追撃を凌ぎ切って2着のワンプレスアウェイにクビ差辛勝も初重賞制覇。コース経験があり洋芝はOK。今回は別定戦、どこまでやれるかだろう。

9 ディアドラ
「1週前の追い切りはいかにも休み明けと言った感じでしたが、あれを追われた事で今週の動きは実にシャープでしたね。これである程度臨戦態勢が整ったのでは…と思っています。ドバイ遠征のダメージはないし、体調自体は何も問題ありません。開幕週は前残りがありますが、急かすと良くない馬。上手に馬群を捌ける様なら…と思いますが、少頭数という点は有難いですね」(込山調教助手)。

◎久々の京都記念を一叩きして臨んだドバイターフ(GI・メイダン競馬場・芝1800メートル)は中団の後ろから。直線は良く伸びて勝ったベンバトルから3馬身+クビ差のリアルスティールと同着の3着。牡馬相手に善戦した内容は評価できるし、洋芝もOK。牝馬同士の一戦で別定戦なら上位争いは必至か。




10 ハッピーユニバンス
「放牧先で乗り込んでから函館に入厩しました。ここにきて毛ヅヤが良くなり、体調はアップしています。1週前の動きも良かったですが、今日の動きも悪くありませんでしたよ。昨年の札幌で勝った様にコースは問題ないので、後は展開が向いてくれる様なら…と思っています」(大橋調教助手)。

◎2か月半振りの新潟大賞典(51キロ)は出が一息で後方から。勝負所から一旦は差を詰めにかかるが、最後は甘くなってスズカデヴィアスから0.7秒差の13着。近走の成績から強調できる材料は少ないが、札幌は◎。牝馬限定なら展開一つでは…。

11 エテルナミノル
「前走はスタートが決まっていい位置で競馬ができたし、早目に動いて最後まで辛抱してくれました。使った後、火曜日に札幌に移動しましたが、幸いダメージはありません。中1週でも馬は元気だし、滞在競馬も合っています。今回もスタートを決めて、前走同様の好レースを…と思っています」(鈴木調教助手)。

◎函館記念(54キロ)は発馬を決めて好位のイン。直線で一度は抜け出したが、外からきたエアアンセムとサクラアンプルールに交わされて3着。発馬を決めて流れに乗った競馬ができればこの位走っても不思議はない馬。昨年のこのレースがアエロリットの5着。ここも発馬を決めて前々で流れに乗った競馬ができれば好走可能だろう。

予想:馬連BOX

2 ソウルスターリング

3 トーセンビクトリー

4 ツヅミモン

5 フロンテアクイーン

6 リバティハイツ

9 ディアドラ