【先週の予想結果】

第66回中京記念 2430円 的中!

2018年度的中実績(馬連)

第65回日経新春杯 1680円

第59回アメリカJCC 460円

第35回東海ステークス 4260円

第23回シルクロードS 3200円

第32回根岸ステークス 2010円

第111回京都記念 2830円

第53回京都牝馬ステークス 860円

第35回フェブラリーステークス 1140円

第92回中山記念 1980円

第36回中山牝馬ステークス 1940円

第66回阪神大賞典 1290円

第50回ダービー卿CT 3890円

第62回大阪杯 2410円

第61回阪神牝馬ステークス 16680円

第78回桜花賞 480円

第78回皐月賞 12880円

第48回マイラーズカップ 1270円

第157回天皇賞・春 1030円

第25回平安ステークス 5940円

第79回オークス 1190円

第85回日本ダービー 7950円

第71回鳴尾記念 860円

第23回ユニコーンステークス 740円

第23回プロキオンステークス 2750円

第54回函館記念 5540円

第66回中京記念 2430




直前情報

1 アクティブミノル
「前走はブリンカーを外した事が裏目。気持ちが入らなかったみたいですね。それにスタートで右トモの落鉄もあり、参考外のレースと言ってもいいでしょう。その後は順調に調整ができているし、1週前にシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたがいい状態をキープできています。昨年4着と走っているし、今回はブリンカーを着けていく予定なので、やる気を出してくれる様なら…と思っています」(北出調教師)。

◎CBC賞(56キロ)は行く気がないのか、中団から。直線もこれといった伸びは見られず、アレスバローズから0.8秒差の16着。当該レースは昨年がラインミーティアの4着。前走でもそうだが、やはりハナに行ってこその馬。今回も行き切れる様なら。

2 ダノンアイリス
「さすがに準OPの牡馬相手のダート戦では厳しいですね。それを考慮してこの舞台を使う事にしました。前走である程度出して行く競馬をした事が今回に繋がるといいんですが…。とは言っても格上挑戦ですからね。今回はチークピーシズを着用していく予定なので、その効果と良い枠を引ける様なら…と思っています」(尾関調教師)。

◎約2か月振りの花のみちS(阪神・準OP・ダート1200メートル・重)は好位のイン。直線の半ばまでは踏ん張っていたが、最後は甘くなり、勝ったマテラスカイから1秒差の8着。今回は久々の芝&格上挑戦&重賞。当該舞台に良績があるとは言え、上位争いまでとなると疑問も。

3 カラクレナイ
「前走はペースが遅かった事もあって、掛かってしまいました。あれだけ掛かっては最後まで脚を残せませんからね。その後は放牧に出し、ここを目標に帰厩しました。2週前、先週とやってありますが、今週は先週の時より行きたがる面を見せていましたね。それだけレースに向けて気持ちが入ってきたんだと思います。今なら1400メートルより、この舞台の方が合っていると思うので、対応できるのでは。能力を出し切れば古馬相手でもヒケは取らないと見ています」(松下調教師)。

◎叩き2戦目の安土城S(京都・OP・54キロ)は好発を決めたが、中団の馬込みの中で折り合いに専念。しかし、スローペースのため展開が向かず、直線で前が開いてから差を詰めたが、ダイメイフジから0.6秒差の8着まで。決め脚を生かすには展開の助けが必要。開幕週の高速馬場を考えると、脚質的に疑問も。

4 ベストマッチョ
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。坂路主体の調整ですが、暑さにも負けず体調は良好です。今回は初芝、初の千直競馬と初物尽くしの一戦。正直、何とも言えませんが、2走前の芝の部分の行きっぷりから速さ負けはしないと思います。案外この舞台は合う様な気がするので、密かに楽しみにしています」(手塚調教師)。

◎欅S(東京・準OP・ダート1400メートル)は勝ったドリームキラリの2番手。4角では一旦先頭に立ったが、最後は甘くなり、ドリームキラリから0.5秒差の4着。今回は初芝に加え、初の千直競馬。芝部分の行きっぷりが良かった事から芝は問題なさそうだが、少しでも時計を要する馬場の方が持ち味が出そうな印象。




5 クラウンルシフェル
「この馬は右にモタれる面がありますが、直線競馬では結果を出していますからね。バーデンバーデンCを見送ってここに照準を合わせてきたし、外目の枠を引ける様なら…と思っています。ただ、極端に時計が速くなると厳しいので、適度の時計を要する様なら…ですね」(天間調教師)。

◎昇級初戦のテレビユー福島賞(準OP・芝1200メートル)は先行したが、4角では早々と手応えが怪しくなり、勝ったレジーナフォルテから1.9秒差のシンガリ負け。当該舞台に勝ち鞍はあるが、今回は格上挑戦&重賞。正直苦戦は免れまい。

6 ラインスピリット
「1週前に自己ベストをマークしているので、今日は馬ナリでしたがこれで十分です。減った体は戻っているし、この舞台にも実績がありますからね。今は体調がいいし、57キロは許容の斤量。後は良馬場で外目の枠を引ける様なら楽しみですね」(中山調教助手)。

◎初の洋芝になった函館SSは8キロ減。テンの行きっぷりは普段に比べても今イチ。結局、自分の位置を粘り通した格好でセイウンコウセイから0.3秒差の6着。同馬は体重がカギを握るタイプ。当該舞台は勝ち鞍がありOK。440キロ台で出走できる様なら巻き返しが可能。

7 レジーナフォルテ
「前走は勝ち時計が速かったし、いい勝ち方をしてくれました。前走から中3週なので在厩しての調整ですが、オーバーワークにならない様に調整してきました。1週前にある程度やってあるので、今日はラストを伸ばす程度でしたが、いい動きをしてくれました。夏場に強く、飼い葉の食いも旺盛。昨年3着と好走したレース。古馬になって成長した今年は期待を持っての挑戦です」(佐藤吉勝調教師)。

◎降級初戦となったテレビユー福島賞(準OP・芝1200メートル)は逃げたエリシェヴァの2番手に付け、2頭で後続を引き離す。ハイペースになったが、共に譲らず直線に。最後は2着のエリシェヴァを競り負かして1着。即OPに返り咲いた。千直はOKで、ここでも十分やれる力がある馬。軽視は危険だろう。

8 ラブカンプー
「前走後は放牧に出し、帰厩後はバーデンバーデンCを目標にしていましたが、調整が間に合わず、ここに切り替える事にしました。ここまでは順調に時計を出せたし、落ち着きもあっていい状態で臨めそうです。いいスピードがあるし、別定戦とは言え、51キロ。斤量差もあるので、千直競馬に適性がある様なら…ですね」(森田調教師)。

◎新設重賞の葵S(京都・芝1200メートル)は逃げ切り勝ちをしたゴールドクイーンの2番手を粘り通して0.2秒差2着。今回は初の千直競馬だが、前走で時計を更に短縮した様にスピードは中々。初の古馬相手になるが、行き切れる様なら侮れない1頭に。




9 アペルトゥーラ
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整。先々週、先週とやってあるので、今週はラスト重点でしたが、シッカリ動けていたと思います。暑い時季に調子を上げるタイプらしく、徐々に体調は上向いてきました。この舞台は良績があるし、外目の枠を引ける様なら楽しみですね」(国枝調教師)。

◎韋駄天S(新潟・56キロ・千直・稍重)は発馬を決めたが、行きっぷりはもう一つ。直線はジリジリと差を詰めたのみで、ダイメイプリンセスから0.6秒差の6着。千直競馬はここまで3戦3勝だったが、今回初めて掲示板を外す結果に。立て直した効果が出る様なら一概に軽視はできないかも。

10 モルフェオルフェ
「前走の勝ち方を見ると短距離の適性が高いですね。ゲートセンスが良く、スピードに乗るのが速いので、案外この舞台は合っていると思います。とは言っても、今回は2階級上への挑戦&重賞ですからね。51キロの斤量を生かしてどこまでやれるかでしょう」(大江原調教師)。

◎約2か月半振りの500万下の平場(福島・牝・芝1200メートル)は好仕上がり。好発からハナを切り、楽な手応えで直線に。ゴール前で急追してきたトーセンアンバーを半馬身交わして2勝目を上げる。今回は格上挑戦&重賞。楽なレースは望めそうにないかも。

11 クラウンアイリス
「中1週なので追い切りは馬ナリでサラッとですが、疲れはなく元気一杯です。とは言っても、今回は格上挑戦に加えて別定戦の重賞ですからね。どこまでやれるかと言ったところでしょうね」(天間調教師)。

◎バーデンバーデンC(福島・OP・49キロ・芝1200メートル)は離れたシンガリから直線バテた馬を交わした程度で、タマモブリリアンから0.7秒差の9着。今回は格上挑戦に加えて重賞。苦戦は必至か。

12 ナインテイルズ
「今週の追い切りの動き・時計共に良かった様に、追う毎に調子を上げてきています。この舞台は3着があり対応できているし、この馬の持ち味をフルに生かせる様なら、ここでも差のないレースができると見ています」(長谷川調教助手)。

◎水無月S(阪神・準OP・55キロ・芝1200メートル)は押してハナ。そのままスローペースに持ち込み、2着のアッラサルーテに1馬身4分の1差を付けて逃げ切り勝ちを収める。それでも1000メートル通過が56秒0、勝ち時計の1分7秒6はマズマズ。当該舞台は駿風S(準OP)3着、韋駄天S(OP)5着がある。ここでもやれそうな力は秘めている。




13 ノットフォーマル
「前走から中1週になるので、追い切りは馬ナリでサラッとでしたが、元気一杯です。開幕週の馬場はこの馬には合うと思うので、後はゲートを出て流れに乗った競馬ができれば…と思っています」(中野調教師)。

◎バーデンバーデンC(福島・OP・50キロ・芝1200メートル)はいつもより早目の位置取り。しかし4角では早々と手応えがなくなり、勝ったタマモブリリアンから0.6秒差の7着。ハンデを考えると物足りない内容。ただ、当該舞台は韋駄天Sで2着があり、一概に軽視する事は危険かも。

14 レッドラウダ
「前2走がともに内枠を考えれば良く走っていると思います。追い切りはいつも通りですが、動きは言う事ありません。2階級上への挑戦になりますが、千直競馬はベストと言える舞台ですからね。差のないレースになっても…と思っています」(音無調教師)。

◎格上挑戦となった韋駄天S(新潟・53キロ・準OP・千直・稍重)はダッシュを利かせて好位に付け、徐々に外目に出して行く。残り1ハロン手前では抜け出すかの勢いだったが、最後は一伸びを欠いてダイメイプリンセスから0.3秒差の3着。この舞台を得意にしている馬だが、今回は2階級上のOP+重賞。どこまでやれるかだろう。

15 ダイメイプリンセス
「前走は発馬が一息。あの位置からではいい脚を使っても届きませんからね。放牧を挟みましたが、ここまでは順調に調整ができています。1週前にある程度やってありますが、今日は指示通りの追い切りができたし、いい状態をキープできています。この舞台は2戦2勝と底を見せていないし、力も付けています。枠順がポイントになりますが、スムーズな競馬ができれば好勝負できると思っています」(森田調教師)。

◎CBC賞(54キロ)は発馬は互角だったが、前にいた馬が下がったため一緒に下がってしまう。直線は外に出してジワジワと差を詰めたが、アレスバローズから0.5秒差の9着までが精一杯。器用さに欠けるタイプだけに、小細工なしの千直競馬は合っているのかもしれない。

16 ブロワ
「1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリ。時計はもっと遅くても良かったと思いますが、問題ないと思います。今回は格上挑戦&重賞で別定戦。楽なレースはどうかと思いますが、ここでどれだけやれるかを見てみたいですね」(大江原調教師)。

◎さくらんぼ特別(福島・1000万下・芝1200メートル)は発馬で煽り、後方から。直線もこれといった伸びは見られず、勝ったトーホウハニーから1.3秒差の10着同着。今回は格上挑戦&重賞。ここは様子見が妥当だろう。

17 ペイシャフェリシタ
「前走はゲートが一息で、出して行ったら行きたがってしまいました。それに外を回らされたことも応えたかもしれませんが、物足りなさの残る一戦でした。先週、日曜日とある程度やってあるので、今日はやり過ぎない様にしましたが、暑さに対するケアは十分できています。今回は初の千直競馬という事で、正直やってみなければ何とも言えませんが、ゲートをソロッと出して末脚を生かす競馬をした方がいいのかも。それでうまく対応できる様なら…と思っています」(高木調教師)。

◎CBC賞(54キロ)は発馬が一息だったが仕掛けて好位に。その分少し行きたがる面を見せていた。直線に入っても手応えはあるかに見えたが、いざ追われてからがサッパリ。前半の無理が応えた印象。外枠の影響もあったかもしれない。千直競馬は初めてだが、前目でスムーズに折り合える様なら巻き返しがあっても。

予想:馬連BOX

1 アクティブミノル

3 カラクレナイ

4 ベストマッチョ

8 ラブカンプー

10 モルフェオルフェ

17 ペイシャフェリシタ