2018年度重賞レース予想結果

【先週の結果】
第54回CBC賞(G3) ハズレ!!

【1月の成績】
的中率 62.5%
回収率 157%

【2月の成績】
的中率 50%
回収率 56%

【3月の成績】
的中率 38%
回収率 53%

【4月の成績】
的中率 75%
回収率 256%

【5月の成績】
的中率 37.5%
回収率 79%

【6月の成績】
的中率 28.6%
回収率 13%




直前情報

1 プラチナムバレット
「跛行後のレースになりますが、歩様に異常は見られず、中間の経過は至って順調です。ここまで入念に乗り込んできたし、今日の追い切りの動きも良かったですからね。距離が延びる点もこの馬にはプラスだと思うし、道中、うまくタメを作って行ける様なら」(河内調教師)。

◎2か月振りの都大路S(京都・OP・芝1800メートル)は中団を追走していたが、最後は無理をせず流して入線。入線後に騎手が下馬した事から、何か異常(右前肢跛行)を感じたのかも。この一戦は度外視できるモノで、改めて見直したい1頭。異常はなかった事でここに出走。

2 キンショーユキヒメ
「1週前に長目から一杯に追い切ってあるので、今日はラスト重点。これは予定通りです。前走は斤量の軽い馬に被せられて、外に出せなかったし、仕掛けも遅れましたからね。福島は初めて重賞を勝ったコースだし、以前は牡馬を相手に戦っていた馬。夏に強い牝馬でもあるし、引き続き楽しみにしています」(中村調教師)。

◎マーメイドS(55キロ)は中団の後ろを宥めつつの追走。勝負所では斤量の軽い馬に先を越され、動きにくいシーンも。直線は外に持ち出したが、伸びは今イチ。アンドリエッテから0.7秒差の7着に終わる。今回も同じハンデ戦に加え、今回は牡馬混合。多少斤量の恩恵が見込めそうだし、初重賞を獲得した福島。見限りは早計かも。

3 マイネルフロスト
「1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリでサラッと。前走は久々に加え、不得手の道悪。それでも最後まで諦めずに走っていましたからね。今回に繋がる内容だったと思います。理想は好位からですが、行く馬がいなければハナに行っても…と思っています。このレースは昨年2着。良馬場でできる様なら楽しみ」(高木調教師)。

◎9か月振りのエプソムC(重)は逃げたスマートオーディンの2番手を追走。直線でも渋太く粘っていたが、最後は一杯となってサトノアーサーから0.9秒差の9着。昨年のこのレースがゼーヴィントの2着。毎日杯1着、新潟大賞典2着、鳴尾記念3着などの実績から、叩き2走目の今回は目の離せない1頭になりそうだ。

4 メドウラーク
「休み明けを1度叩いて体調はアップしています。日曜日にある程度やってあるので、今日はラスト重点ですが、これで十分でしょう。良馬場ではどうかと思いますが、馬場でも渋る様なら出番があっても…と思っています」(村井調教助手)。

◎約2か月半余りの米子S(阪神・OP・芝1600メートル)は中団の後ろから。最後の伸びも今イチでベステンダンクのコースレコード勝ちから2秒差の11着に終わる。距離延長はプラスだが、既に7歳。走破時計にも限界があり、馬場でも渋った際に出番があるかどうかといったところだろう。




5 マイネルサージュ
「前走後は放牧を挟んでここを目標に早目に帰厩をして調整してきました。1週前に併せ馬である程度やってありましたが、今日はゴールを過ぎてからも緩めずにシッカリやりました。いい追い切りができたと思います。重賞で相手は強くなりますが、前走がいい勝ち方だったし、馬場が渋る点も心配していません。前走と同じ舞台なら楽しみですね」(鹿戸調教師)。

◎福島民報杯(OP・54キロ)は縦長の展開になったが、後方でジックリと脚を溜める。4角手前から外目を進出し、直線は大外に持ち出して最速の末脚で前の馬をゴボウ抜き。2着のマイスタイルをクビ差交わして勝利。これで福島は3戦1勝2着2回とパーフェクト連対。今回は別定戦になるが、得意の福島なら再度好レースに。

6 サーブルオール
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。その前走が初めての古馬相手、しかも重賞でしたが、見せ場を作ってくれましたからね。状態はキープできているし、福島コースも問題ありません。道悪は何とも言えませんが、距離は大丈夫。今回はハンデ戦でもあるので、何とか好結果を…と思っています」(萩原調教師)。

◎2か月半振りのエプソムC(重)は2キロ増と好仕上がり。道中は後方で折り合いに専念。直線も外目からシッカリ伸びてきたが、最後は伸び負けた格好でサトノアーサーから0.3秒差の4着。昇級初戦+重賞でいきなりメドを立てた内容から、小回りの福島をクリアできれば上位争いも可能と言えそう。

7 ワンブレスアウェイ
「順調に使ってきていますが、牝馬にしてはタフな馬で体調はキープできています。ゲートに課題を残す馬ですが、前走の様に上手に出て、流れに乗った競馬ができれば…と思っています。ハンデも前走と同じ53キロなら牡馬が相手でも差はないと見ています。器用な馬なので小回りの福島でも問題ありません」(古賀慎明調教師)。

◎マーメイドS(53キロ)は中団のイン。馬群に包まれ気味で、動き辛いところもあったが、直線で外目に出し進路ができると、よく伸びてアンドリエッテのクビ差2着。福島は勝ち鞍がありOK。距離もこのレースでクリア。今回もハンデ次第では上位争いに持ち込めそうだ。

8 パワーポケット
「自己条件とここの両睨みですが、状態の方は引き続きいいですね。とは言ってもハンデ戦とは言え、重賞では相手が相手で厳しいですからね。道悪になって時計を要する様なら…ですね」(中野調教師)。

◎一旦、障害入りしてから再度平地に戻って今回が3走目。勝ち鞍全てがダート。芝は今一つの上に、今回は格上挑戦&重賞。ハンデは50キロとは言え苦戦は必至だろう。




9 バーディーイーグル
「今日の追い切りはブリンカーを着用しての追い切り。それなりの効果は見られました。前走は馬場が合わなかったのかどうか…、敗因はハッキリしませんが、良績のない福島でも良馬場ならもう少しやれても…と思っています」(佐藤調教助手)。

◎叩き2戦目のエプソムC(重)は発馬で出負けし、後方からの競馬。ハンデ戦だったメイSより3キロ重い別定戦という事で、仕掛けてからの反応が今イチ。直線で差を詰めてはきたが、サトノアーサーから0.8秒差の8着。今回はハンデ戦に替わる分、斤量は軽くなるだろうが、福島は成績が今イチ。コース適性がどうかだろう。

10 レイホーロマンス
「前々走、前走とここ2走が共に消化不良といったレースですからね。今は体がフックラしてとてもいい状態です。1週前にもやってあるので、今日はラスト重点でしたが、いい動きでした。今回は牡馬相手になりますが、ハンデ戦でもあるし、切れ味勝負なら見劣らないのでは…と思っています」(村井調教助手)。

◎マーメイドS(52キロ)は後方から。ある程度流れてはいたが、道中は馬群に包まれ気味。その後も馬群を捌き切れないまま、最後はジリジリと脚を使った程度で不完全燃焼の一戦となり、アンドリエッテから0.7秒差の6着。小回りは得意で福島も福島牝馬S5着がありOK。牡馬相手でもハンデ次第では食い込む余地はありそうだ

11 マイネルミラノ
「この中間は在厩調整。1度使った事で毛ヅヤ、体の張りがうんと良くなりましたよ。1週前に長目からビシッと追い切ってあるので、今日はラストを伸ばす程度。あまり馬場が悪くなるとどうかですが、稍重位までなら…と思っています。57キロなら力を出せると思うので楽しみにしています」(相沢調教師)。

◎4か月半振りのエプソムC(重)は6キロ減。58キロを背負っていたためか、前に行けず中団の前。勝負所から2番手に進出したが、そこで脚を使ったために最後は甘くなり、サトノアーサーから1.8秒差の11着。コース自体問題ないが、ハンデは恵まれそうになく、8歳という事で大幅な変わり身も?様子見が妥当かもしれない。

12 シルクドリーマー
「先月上旬に帰厩。ここまでは順調に乗り込んできました。多少体に余裕は感じられますが、力を出せる仕上がりにあると思います。球節の手術明けですが、馬はフレッシュな状態だし、9歳と言え、若さがありますからね。1角までの直線が長い福島なら上手に対応できると思うので、楽しみにしています」(黒岩調教師)。

◎4か月振りのステイヤーズSは2周目の3角でハナを奪い、そのまま押し切ろうとしたが、直線の坂を上がった所で完全に失速。最後はバタバタになり、アルバートから2.3秒差の7着。既に8歳、大きな変わり身は望み薄だが、暖かな時季に走る傾向がある馬。その点に期待したいところだが…。




予想:馬連ボックス

2 キンショーユキヒメ

5 マイネルサージュ

6 サーブルオール

7 ワンブレスアウェイ

10 レイホーロマンス

12 シルクドリーマー