2018年度重賞レース予想結果

【先週の結果】
第35回エプソムカップ(G3) ハズレ!!
第23回マーメイドステークス(G3) ハズレ!!

【1月の成績】
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

【2月の成績】
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

【3月の成績】
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

【4月の成績】
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%

【5月の成績】
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
第63回京王杯スプリングC(G2) ハズレ!!
第13回ヴィクトリアマイル(G1) ハズレ!!
第25回平安ステークス(G3) 5940円的中!
第79回オークス(G1) 1190円的中!
第85回日本ダービー(G1) 7950円的中!
第132回目黒記念(G2) ハズレ!!
的中率 37.5%
回収率 79%

【6月の成績】
第71回鳴尾記念(G3) 860円的中!
第68回安田記念(G1) ハズレ!!
第35回エプソムカップ(G3) ハズレ!!
第23回マーメイドステークス(G3) ハズレ!!
的中率 25%
回収率 12%




直前情報

1 セイウンクールガイ
「追い切りの動きは良かったですね。前走は久々の芝でしたが、着順ほど負けていませんでした。1度使って馬体に締りが出てきたし、状態は上向いています。前走で1200メートルを使った事で、今回は芝部分の行きっぷりも違ってくるハズ。持ち前の先行力を生かせる様なら」(奥平調教師)。
◎2か月振りの葵S(京都・芝1200メートル)は前半こそ好位の後ろに付けていたが、ジリジリと後退してゴールドクイーンから1秒差の13着。全2勝がダートという事でダート替りはプラスだと思うが、距離は微妙。相手も強く様子見が妥当か。

2 タイセイアベニール
「ここまで入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですね。今日も予定通りの時計だったし、動きも上々でした。前走初のダートで結果を出してくれたし、距離も問題なさそう。相手は強くなりますが、ある程度前目の位置で運べる様なら…と思っています」(西村調教師)。
◎初ダートの端午S(京都・OP・ダート1400メートル)は後方から。勝負所から内を突いて前との差を詰め始め、最後は最内を突いて良く伸び、バイラから0.2秒差の2着。ハイペースで展開が嵌った感はあるが、ダートの適性は十分。今回はマイルになるが、折り合いが付くので問題はないハズ。展開一つで出番があっても。

3 プロスパラスデイズ
「転厩初戦の前走は半信半疑でしたが、あの強い勝ち方。能力は相当高い馬だと思います。前走を使っての上積みが見込めるし、トモの踏み込みも前走時より良くなってきました。重賞で相手は揃いますが、馬の雰囲気がガラッと変わってきましたからね。ここでもやれるのでは…と思うので楽しみを持って参戦します」(藤野調教助手)。
◎約3か月半振りの500万下の平場(東京・ダート1600メートル)はテンションが高めだったが、好位を宥めつつ追走。直線入り口で先頭に立ち、後続を完封して2着のゴライアスに3馬身半差を付けて快勝。12キロ増でも太くは映らず、パワーアップしている事は確か。時計もマズマズで無視までは危険かも。

4 トキノパイレーツ
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前の時点である程度仕上がっていたので、今日はラスト重点ですがこれで十分です。芝ではスパッと切れませんがダートは安定して走る馬。この舞台は2戦2勝と実績があるので、このメンバーを相手にどこまでやれるか楽しみにしています」(相沢調教師)。
◎約2か月振りの500万下の平場(東京・ダート1600メートル)は逃げたシメイの2番手に付け、後続を離しての競馬。ペースは速かったが、直線は残り400メートル過ぎに先頭に立ち、2着のアメリカンファクトが来ると二枚腰を使って4分の3馬身振り切って1着。時計もマズマズでダートに切り替えて2戦2勝と適性も十分。ここでも侮れない1頭。




5 グレートタイム
「前走は勝った馬にうまく乗られてしまいましたね。こっちは外々を回るコースロスがありましたから。それでも最後はいい脚を使ってくれたし、内容的には良かったと思います。その後は在厩しての調整。間隔が詰まっているし、輸送もあるので、今週は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。この舞台は2走前に走っていますが、その時は連闘でしたからね。当時より成長しているし、慣れが見込める今回は重賞でも楽しみにしています」(田代調教助手)。
◎3か月振りの鳳雛S(京都・OP・ダート1800メートル)は12キロ増でも回復したモノ。後方2番手を追走し、3角過ぎから進出を開始。直線は大外から最速の末脚で伸びてきたが、スローペースに落として逃げたハーベストムーンをクビ差捉えられず2着。距離損・ペースを考えると勝ちに等しい内容。当該舞台の経験もあり、ここも要注目。

6 ホウショウナウ
「久々+昇級初戦の前走が強い勝ち方をしてくれました。この中間は入念に乗り込んできたし、今日の追い切りの時計・動き共に良かったと思います。以前より体に柔らか味が出てきたし、距離もこなせると思います。後は抽選を突破して出走できる様なら…と思っています」(河内調教師)。
◎新馬を勝って以来、5ヵ月半振りの500万下の平場(京都・ダート1400メートル)は2キロ増と好仕上がり。好位のインを手応え良く運び、直線も手応え十分。ラスト1ハロンで開いた最内を突き、急追してきたマコトモンジョワをクビ差制して2連勝。同日の端午Sと勝ち時計は0.4秒しか違わず、久々を考えれば良化の余地は十分。無視は危険か。

7 グリム
「1週前にCWで長目からやってあるので、今日は坂路でラストを伸ばす追い切り。前走は調整過程にやや不安がありましたが、差し返して勝った上に、距離も克服してくれました。その後は順調に調整ができているし、状態は前走以上。今回も前走と同じ条件で、距離・コース経験も大きな強みになるハズ。輸送も経験済みですからね。ここも好レースを期待しています」(野中調教師)。
◎2か月半振りの青竜S(東京・OP・ダート1600メートル)好発を控えて逃げたマイネルオスカルの4番手。4角入口で先頭に立ち、直線もスマハマとの叩き合いをアタマ差制して3勝目を上げる。3着のオメガパフュームは更に1馬身差、4着には5馬身差を付けていた。距離の不安を一掃した事は大きく、ここでも上位争いの1頭に。

8 ハーベストムーン
「前走後は一旦放牧に出して、帰厩後はここを目標に調整してきました。日曜日に速いところをやってあるので、今日は馬ナリですが、これはいつも通り。集中して走れていたし、動きも良かったですね。輸送は問題ないし、広いコースに替る点も歓迎材料。まだ幼い面はありますが、器用に立ち回れる馬なので、ここも楽しみにしています」(浅見調教助手)。
◎500万下の平場を勝って臨んだ鳳雛S(京都・OP・ダート1800メートル)は押してハナ。行き切ってからはスローペースに落として、楽な逃げになった。直線はグレートタイムの猛追をクビ差凌いで3勝目を上げたが、展開に恵まれた感も。今回は初の左回り&マイル戦。走破時計が意外に地味で、高速結着になった時には多少不安があるかも。




9 コマビショウ
「1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点でしたが、いい動きでしたよ。一戦毎に体重が減ってきているので、輸送で減らず、逆に少しでも増えてくれればいいんですが…。左回りは問題ないし、能力的にもヒケは取らないと思うので、どんなレースをしてくれるか楽しみはありますね」(久保田調教助手)。
◎鳳雛S(京都・OP・ダート1800メートル)は逃げたハーベストムーンの3番手。終始内にモタれ気味で、ペースが上がった3角では差を詰める事ができなかった。直線は2着のグレートタイムの外に出したが、伸びは一息でハーベストムーンから0.2秒差の3着。左回りは初めてでその点がどうかだが、跳びの大きな馬で広いコースは歓迎だろう。

10 バイラ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はこのレースを目標に調整してきました。ここまでは予定通りのメニューを消化できたし、いい状態で臨めると思います。安定感に欠ける面はありますが、勝った時はいつも強い勝ち方をしますからね。左回りは直線でモタれ加減になるので、その点をクリアできれば…と思っています」(釘田調教助手)。
◎端午S(京都・OP・ダート1400メートル)は後方からの競馬。4角でも後方2番手だったが、直線は大外から最速の末脚でタイセイアベニール以下を差し切って3勝目を上げる。展開に恵まれたとは言え、勝ちっぷりは中々。距離延長・左回り共に問題はなく、ここでも軽くは扱えない。

11 ベストマイウェイ
「1週前にもある程度やってあるので、今日はラストを強めに追いましたが、動きは良かったですね。芝を試しましたが、やはりこの馬はダートの方が持ち味を生かせる様です。いい状態で出走できるし、直線が長いコースに替る点もプラスに出るのでは…と思っています」(古川調教助手)。
◎500万下の平場(京都・ダート1800メートル・重)は押して出して行ったが、行けずに後方から。3〜4角中間から動き出し、外目をマクリ気味に進出。そのまま最後まで脚を使って2着のサンライズセナに1馬身4分の1差を付けて快勝。勝ち時計は同日の古馬500万・マイネルブロッケンより0.1秒速く、この相手でも軽視は危険

12 エングローサー
「1週前にCWで長目からシッカリやってあるので、今日は坂路でサラッとですが、いい動きでした。芝・ダートを問わず走る馬で、前走の勝ちっぷりも良かったですからね。東京で結果を出しているし、距離の延長もプラス。後は当日にテンションが上がらず、落ち着いて臨める様なら」(清水久詞調教師)。
◎約2か月半振りの500万下の平場(東京・ダート1400メートル)は12キロ減が影響したかテンションは高め。中団で脚を溜め、直線勝負に徹する。ゴーサインを出すと素晴らしい末脚(最速)で伸び、ゴール寸前で2着のアメリカンファクトをアタマ差捉えてV。馬体の回復が1番だが、ダート適性は高く、OPでも侮れない1頭。




13 リョーノテソーロ
「前走後は在厩しての調整。ここまでは順調に調整ができています。現状はダートの短距離が1番合っていると思うし、いわゆる“短距離の差し馬 と言った感じがしますね。それだけに東京のマイルは微妙に長い気もしますが、ここで結果を出せれば今後の選択肢も広がると思います。同じ3歳馬同士の一戦なので頑張って欲しいですね」(武井調教師)。
◎NHKマイルCは中団の後ろ。行きっぷりは今イチで、最後の伸びももう一つ。流れ込んだだけと言った内容でケイアイノーテックから0.9秒差の11着。ダートは新馬でミスターメロディのレコード勝ちの2着後に2連勝。芝よりダート適性の方があると思える馬だけに、今回は上位争いの一頭として注目。

14 ルヴァンスレーヴ
「前走は勝った馬が強かったと言う事でしょうね。その後は放牧に出してリフレッシュ。ソエの方はもう心配ありません。1週前の追い切りの動きが良かったし、今週の動きも及第点。いつも通りの調教過程で来られたし、前走時と変わりないデキで臨めそうです。今回は好走している東京に替るし、状態の不安もないので期待をしていますが、後は相手関係がどうかだけでしょうね」(萩原調教師)。
◎3か月半振りの伏竜S(中山・OP・ダート1800メートル)は10キロ増でも成長分。スタートは一息だったが、行き脚が付いて5番手を併走。勝負所からジワッと進出を開始し、勝ったドンフォルティスに近づこうとするが、4角手前の反応が今イチで1馬身半差の2着。ダートは4戦3勝2着1回と◎。交流GI勝ち+当該舞台でレコード勝ちも。有力候補。

15 ダンケシェーン
「1週前に速いところをやってあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。休み明けを叩いた上積みが見込めるし、前走は上位の3頭が強かったので、OPでもやれるとは言い切れませんが、この舞台には良績があるので楽しみはあります」(藤野調教助手)。
◎3か月振りの青竜S(東京・OP・ダート1600メートル・稍重)は中団のインで我慢。スムーズな立ち回りで直線も伸びてはきたが、上位の3頭からは5馬身差の4着。勝ったグリム、2着のスマハマ、3着のオメガパフュームとの差は歴然。ここでは上位争いまでは厳しいだろう。

16 ミックベンハー
「1週前にもある程度やってありますが、今日はラストを併せ馬で。予定通りの追い切りができたし、いい雰囲気のままレースに臨めそうです。重賞で相手は強くなりますが、どれだけやれるか楽しみはありますね」(畠山調教師)。
◎3か月振りの500万下の平場(東京・ダート1600メートル)は出たなりで中団の内目を追走。直線に入っても手応えは十分で、前を行くコスモロブロイをゴール前でクビ差交わして勝利。着差は僅かでも内容は完勝。とは言え、今回は相手が強化される分、楽なレースとなると疑問符も

予想:馬連BOX

5 グレートタイム

7 グリム

8 ハーベストムーン

14 ルヴァンスレーヴ