2018年度重賞レース予想結果

【先週の結果】
第35回エプソムカップ(G3) ハズレ!!
第23回マーメイドステークス(G3) ハズレ!!

【1月の成績】
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

【2月の成績】
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

【3月の成績】
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

【4月の成績】
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%

【5月の成績】
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
第63回京王杯スプリングC(G2) ハズレ!!
第13回ヴィクトリアマイル(G1) ハズレ!!
第25回平安ステークス(G3) 5940円的中!
第79回オークス(G1) 1190円的中!
第85回日本ダービー(G1) 7950円的中!
第132回目黒記念(G2) ハズレ!!
的中率 37.5%
回収率 79%

【6月の成績】
第71回鳴尾記念(G3) 860円的中!
第68回安田記念(G1) ハズレ!!
第35回エプソムカップ(G3) ハズレ!!
第23回マーメイドステークス(G3) ハズレ!!
的中率 25%
回収率 12%




直前情報

1 セイウンコウセイ
「1週前にシッカリやってあるので、今日はラスト重点。直線でフワッとする面はありましたが、さすがにGI馬と言った雰囲気が感じられました。力の要る洋芝は合うと思うし、楽しみにしています」(池添騎手)。
◎京王杯SCは10キロ増でも太い感じはなかった。2〜3番手に付けて手応えも悪くなかったが、直線の坂下では脚色が鈍り、ムーンクエイク(レコード勝ち)から0.5秒差の12着。高速決着になった事が敗因かも。昨年のこのレースがジューヌエコールのレコード勝ちから0.5秒差の4着。適度に時計を要する様なら出番もあるだろう。

2 ダイアナヘイロー
「先週は移動して間がなく、軽めの調整だったので今日はビシッと追い切りました。雨降りでの洋芝でしたが、最後までシッカリした足取りでしたね。今回はこの馬を良く知っている武(豊)騎手だし、上手にコントロールしてくれると思います。函館は直線が短いので前に行けるのは有利だと思うし、状態もアップしているので楽しみは大きいですね」(原田調教助手)。
◎阪急杯を勝って臨んだ高松宮記念だったが、良馬場発表の割に馬場が緩く、スピードに乗れず。勝負所で脚を取られてからはズルズルと後退。ファインニードルから1.4秒差のシンガリ負けを喫してしまった。今回は初の洋芝。適性の有無が微妙だが、スンナリ行ける様なら。

3 ラインスピリット
「栗東でシッカリやってきたので、今日は馬ナリ。少し物見をしていましたが、動き自体は良かったので問題ありません。今回は滞在競馬なので体重はキープできていると思いますが、当日に馬体が減っていなければ楽しみです」(森一馬騎手)。
◎京王杯SCは2キロ増と輸送減りどころか、プラス体重だった点は何より。逃げたトウショウピストの2番手を追走し、直線坂上では一旦抜け出すかの勢い。先行馬が総崩れの厳しい流れだったにも拘らず、ただ1頭掲示板(0.2秒差の5着)を確保した点は立派。洋芝は初になるが、小柄な割にパワーがある馬。距離短縮はプラス大駆けがあっても

4 ジューヌエコール
「前走後は放牧に出し、栗東に帰厩。向こうで何本か追い切って、6日に函館に入厩しました。その後は順調に調整ができています。追い切りはモタれる面を見せていたし、まだ昨年ほどの雰囲気には…と言った感じですが、気候が良くなるにつれて体調は上がっている事は確かです。その点に期待をしたいですね」(安田調教助手)。
◎叩き2戦目の高松宮記念は10キロ減とスッキリした馬体。中団の外目を追走していたが、直線は追い出してからの反応が今イチ。ジリジリ後退してファインニードルから1.4秒差の17着。昨年のこのレースの覇者(レコード勝ち)、立て直した効果が見られる様なら。




5 タマモブリリアン
「今日の追い切りは少しモタ付き気味だったけど、馬場が悪かった事が原因かも。重賞で相手は揃っていますが、函館には良績があるの馬なので、その点に期待をしたいですね」(南井調教師)。
◎京都牝馬Sは向正面では3、4馬手に付けていたが、3角では徐々に交わされて好位の6番手を併走。直線は最内に潜り込んだが、これと言った伸びは見られず、ミスパンテールから0.9秒差の9着。函館コースは良績があり、コース替りはプラス。とは言え、重賞ではもう一押しが欲しいところ。

6 ティーハーフ
「前走はある程度流れに乗ったレースができたし、58キロを背負ってどうかと思いましたが、よく勝ってくれました。その後は一息入れましたが、早目に函館に入厩した事で、環境の変化にも慣れて飼い食いの方も問題ありません。コース実績があるし、うまく一瞬の脚を生かせる様ならココでも楽しみです」(深川調教助手)。
◎5ヵ月半振りの鞍馬S(京都・OP・芝1200メートル)は例によって後方から。アクティブミノルがスローペースに持ち込んでの逃げを打ったが、瞬発力勝負の形になった事も幸いして、粘るライトフェアリーをゴール寸前ハナ差交わして勝利。58キロでの勝利は見事で、年齢的な衰えは全くナシ。3年前のこのレースを勝っている事から洋芝もOKだ。

7 ナックビーナス
「先週美浦でシッカリやってきたので、今日は息を整える程度です。函館に着いて間がないため木曜追いにしましたが、落ち着きがあっていい雰囲気で臨めそうです。スピードがあってどんなレースでもできる馬。洋芝も問題ありませんからね。強敵相手でも相手なりに走ってくれるし、秋に向けて賞金加算をして欲しいと思っています」(田面木調教助手)。
◎高松宮記念は勝ったファインニードルとほぼ同じ位置から。4角は内目を突いて前との差を詰め、一旦はファインニードルより前に出たが、最後は力尽きてハナ+半馬身差の3着。それでも見せ場は十分と言える内容。洋芝は昨年のキーンランドC3着があり問題ナシ。ここでも侮れない1頭に。

8 ワンスインナムーン
「前走後は放牧に出し、放牧先から直接函館に入厩しました。落ち着きがあっていい雰囲気です。放牧先でも乗り込んでいたので、仕上がりは悪くないし、追い切りに乗ってくれた柴山騎手(レースは石橋脩騎手)が『いい動きでした』と言ってくれましたからね。シッカリ負荷をかける事ができたし、滞在競馬は初めてですが、サマースプリントシリーズを狙っているので頑張って欲しいと思っています」(鈴木調教助手)。
◎2か月振りの京都牝馬Sは好発を決めてハナを切り、スローペースに持ち込んでの逃げを打つ。その割に粘りを欠いてミスパンテールから0.4秒差の5着は物足りない内容。13キロ増でも、これは香港遠征で減った体が戻ったモノと言えなくもないだけに、何とも微妙な敗戦。今回は初の洋芝がどうかだが、スンナリ自分の形に持ち込める様なら。




9 ヒルノデイバロー
「放牧先から函館に直接入厩しましたが、向こうでも乗っていましたからね。帰厩して10日の競馬でもいきなり走れる態勢にあります。ゲートはタイミングの問題なので、その時になってみない事には何とも言えません。洋芝で下が緩くなるとキツいので、是非良馬場で競馬ができれば…と思っています」(昆調教師)。
◎3か月振りの阪急杯は10キロ減でも細くは映らず。ゲートの出が一息で後方からの競馬。4角から直線に入っても反応が鈍く、追い出してからもサッパリ伸びず、ダイアナヘイローから0.8秒差の17着。洋芝は問題ないが、久々がどうなのか…、課題はそっちにありそう。

10 ノットフォーマル
「先週美浦で長目からやってあるので、今日は馬の気分に任せる追い切りをしました。馬ナリでしたがいい動きをしてくれましたね。前走を使って体調は上向いているし、洋芝も問題のない馬。重賞で相手は揃いますが楽しみはありますよ」(中野調教師)。
◎初の千直競馬となった韋駄天Sは押しても行けず、後方から外ラチ沿いを追走。スムーズに前が開いた事もあり、残り1ハロンからグイグイ伸びてダイメイプリンセスから2馬身差の2着と好走。洋芝は問題なく、このレースがキッカケになる様なら好走の余地はありそう。

11 ユキノアイオロス
「今回が転厩初戦なので前走と比較は付きませんが、動きそのものは良かったと思います。年齢的に大きな変わり身はありませんが、馬体に張りがあるし、若さもありますね。洋芝は問題ないし、後は末脚を生かせる流れになる様なら…」(桧山調教助手)。
◎安土城S(52キロ・京都・OP・芝1400メートル)は12キロ減とやや淋しく映る。レースは後方のままで見せ場も作れないまま、ダイメイフジから0.9秒差の12着。既に10歳と年齢的にも変わり身は望み薄。重賞で相手が強化される今回は見送りが妥当。

12 エポワス
「美浦でシッカリやってきたので、今日は馬ナリでサラッとですが、いい仕上がりで臨めます。年齢的な衰えは見られないし、洋芝は得意にしていますからね。ここでも頑張って欲しいと思っています」(藤沢和雄調教師)。
◎2か月振りのオーシャンSはペースが速過ぎたのか、追走に手一杯と言ったレース振り。結局、キングハートから0.8秒差とは言え、ブービーの15着と見せ場も作れず終い。しかし、洋芝となると話は別。昨年の当該レースが3着。得意の舞台なら10歳とは言え、まだ見限るのは危険かも。




13 キングハート
「前走後はジックリと立て直して調整してきました。先月中旬から坂路で時計を出し始め、先週ウッドで併せ馬をして先着。その後に函館に輸送して、今日は馬場が悪かったので本馬場での追い切り。動きは良かったと思います。洋芝の適性があるし、昨年のこのレースがレコードの2着。今年も頑張って欲しいですね」(星野調教師)。
◎オーシャンSを勝って臨んだ高松宮記念は外枠のため、無理をせず後方から。直線は馬群を捌きつつ差を詰めてきたが、ファインニードルから0.6秒差の10着。現状、GIでは家賃が高い印象。ただ昨年のこのレースがジューヌエコールの2着と好走しており、GIIIなら侮れない1頭。

14 アドマイヤゴッド
「体は既にできているので、追い切りはあの程度で十分でしょう。他力本願の脚質で展開の助けは必要かもしれませんが、力の要る洋芝は合っているので、適度に時計を要する様なら楽しみですね」(須貝調教師)。
◎京王杯SCは出たなりで中団から。直線は内目を突いたが、思った程弾けず。勝ったムーンクエイク(レコードV)から0.4秒差の9着。今回はベストの1200メートルでGIII。洋芝も問題なく、もう少しやれても良さそうだ。

15 ライトフェアリー
「環境に慣らすために5月24日に函館入り。入厩当初は飼い食いが落ちましたが、今は持ち直しています。今週の追い切りの動きが良かったし、これで態勢は整ったと思います。暖かくなるにつれて体調がアップしてきたし、体に柔らか味も出ています。極端に時計が速くならなければ出番があっても…と思っています」(伊藤調教助手)。
◎船橋S(準OP)を勝って臨んだ鞍馬Sは逃げたアクティブミノルの2番手を追走。4角でアクティブMを交わしてそのまま押し切るかと思えたが、ティーハーフの強襲に遭い、ゴール寸前でハナ差交わされて2着。洋芝の実績は十分で、重賞でもやれる力を持っている馬。一概に軽視は危険かも。

16 ノボバカラ
「前走は高速決着で前が止まらない流れ。展開が厳しかったですね。その後は在厩して調整し、1週前にビシッと追い切ってから函館に移動しました。今日はジョッキーに乗って貰い、ラスト重点の追い切りでしたが、これで気合いも乗ってくると思います。力の要る洋芝は合っていると思うので、前進を期待したいですね」(天間調教師)。
◎京王杯SCは出負けをして後方から。直線もこれと言った伸びは見られず、ムーンクエイクのレコードVから1.1秒差の16着。当該舞台は経験済みだが、時計が速くなると分が悪く、少しでも時計を要する様なら…、の条件は付く。

予想:馬連BOX

1 セイウンコウセイ

3 ラインスピリット

4 ジューヌエコール

7 ナックビーナス

8 ワンスインナムーン

12 エポワス

13 キングハート