馬連や馬単は堅い決着が続いている中距離重賞

近年のエプソムCは上位人気馬の活躍が目立っている。2006年は馬連56.9倍、馬単141.6倍の好配当決着となったが、2007~2017年の11年間はいずれも馬連が25倍以下、馬単が50倍以下だった。なお、この間は単勝7番人気以下の馬が一頭も連対しておらず、単勝6番人気で連対を果たしたのも2011年2着のエーブチェアマンだけだ。3着に下位人気馬が飛び込んでくるケースはたびたびあるものの、まずは前評判の高い馬に注目すべきレースと言えるだろう。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

年明け以降の戦績に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭は“同年のJRAのオープンクラスのレース”において連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率も36.5%と優秀な水準に達している。年明け以降にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬は高く評価してよさそうだ。




4歳馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は4歳馬で、3着内率は41.7%と優秀な水準に達している。今年も4歳馬が出走してきたらぜひ注目してみたい。

なお、4歳以外の馬で、“同年のJRAのオープンクラスのレース”において連対経験のなかった馬は優勝がなく、3着内率5.2%と苦戦している。

前走で上位人気に推されていた馬は堅実

前走が“国内のレース”だった馬について、そのレースでの単勝人気別成績を調べると、「2番人気以内」だった馬が3着内率43.3%と優秀な成績を収めている。一方、「6番人気以下」の馬は3着内率が7.8%にとどまっている。前走の内容を比較する際は、着順やレースぶりだけでなく、単勝人気にも注目した方がよさそうだ。




前走との間隔が詰まっている馬は不振

過去10年の出走馬の前走との間隔別成績を調べると、「中2週以内」の馬は優勝例がなく、3着内率も6.7%にとどまっている。今年でいうと5月19日以降のレースに出走していた馬は、過信禁物と見ておいた方がいいかもしれない。

近年は前走も“重賞”だった馬が中心

過去7年の3着以内馬延べ21頭中16頭は、前走が「重賞(地方、海外を含む)」だった。一方、その他のレースだった馬は3着内率9.3%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走がオープン特別や条件クラスのレースだった馬は評価を下げるべきだろう。