2018年度重賞レース予想結果

【先週の結果】
第85回日本ダービー(G1) 7950円的中!
第132回目黒記念(G2) ハズレ!!

【1月の成績】
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

【2月の成績】
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

【3月の成績】
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

【4月の成績】
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%

【5月の成績】
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
第63回京王杯スプリングC(G2) ハズレ!!
第13回ヴィクトリアマイル(G1) ハズレ!!
第25回平安ステークス(G3) 5940円的中!
第79回オークス(G1) 1190円的中!
第85回日本ダービー(G1) 7950円的中!
第132回目黒記念(G2) ハズレ!!
的中率 37.5%
回収率 79%




第71回鳴尾記念(G3)

1 ヤマカツライデン
「調教駆けする馬とはいえ、1週前、今週と2週に渡っていい動きをしてくれました。使いつつ馬が良くなってきています。開幕週の馬場、距離ともに問題ないので、あとは同型との兼ね合いがどうなるかでしょうね」(池添兼雄調教師)。

◎天皇賞(春)は注文通りハナを切り、後続を引き離しての逃げを打ったが、2周目の3角で早目にガンコに交わされる。そこでほぼ一杯加減になったが、レインボーラインから1.1秒差の10着。着順はともかく、大きくバテていない点は評価して良さそう。ただ、今回の距離は少々忙しい感は否めず、自分の形に持ち込めるかどうかがポイントになりそう。

2 トリオンフ
「前走はハンデが見込まれたし、流れもこの馬には合いませんでした。それでも最後は脚を使ってくれましたからね。今回は別定戦になるし、もう少し積極的な競馬をすることで巻き返しを期待しています」(須貝調教師)。

◎新潟大賞典(57キロ)は好位の外。直線もそのまま外を通って伸びてはきたが、スローペースから上りの速い競馬になったため、差してはきたもの上位馬には及ばず、スズカデヴィアスから0.2秒差の4着。今日は展開のアヤで負けた感も、それなりの脚は使っていた。別定戦で得意の距離になる今回は巻き返しが期待できるかも。

3 モンドインテロ
「ダートを2回使いましたが、合わなかったようですね。前2走は度外視していいと思います。この中間は立て直しに専念したので、仕上がりはいいですよ。この舞台は合っていると思うし、引っ張ってくれる馬がいるのでレースもしやすくなるのでは……と思っています」(手塚調教師)。

◎アンタレスSは後方の外目を追走していたが、直線に入ってもこれといった伸びを欠き、グレイトパールから1.6秒差の15着。今回は良績がある芝に戻すが、ここ一連の成績から一転、上位争いとまではいかないだろう。




4 テイエムイナズマ
「今回が休み明け3戦目ということで、使いつつ確実に状態はアップしています。今日の追い切りの動きもこの馬なりに良かったと思うし、順調に調整ができた今回はもう少しやれても……と思っています」(武英智調教師)。

◎叩き2戦目の都大路Sは先団に付けたが、4角では手応えが怪しくなる。直線は一杯となり、サンマルティンから3.1秒差の13着と大敗。まだ本来のデキには戻り切っていない感じで、今回も様子見が妥当。

5 トリコロールブルー
「期待していた馬が、弱いところがなくなってようやく軌道に乗ってきました。体質が丈夫になって能力と結果が噛み合ってきました。先々週、先週に加え、今週の動きも良かったし、小回りの2000mも問題ありません。まだ良くなる余地を残している馬ですが、今後のためにここで賞金加算を……と思っています」(友道調教師)。

◎昇級初戦となった大阪城S(55キロ・阪神・芝1800m)は中団を折り合って追走。直線は内目を突こうとしたが、狭くなり外目に進路を。そこからの伸びは鋭く(上り最速)、ゴール寸前で先に抜け出していたグァンチャーレをクビ差交わして2連勝。ようやく素質馬が本格化してきた感。距離もベストで、ここも要注目。

6 マルターズアポジー
「この中間は在厩してシッカリ乗り込んできました。早目に栗東入りしたことで、今週は長目からシッカリ追い切ることができました。状態は言うことありませんね。ただ、ベストは1800mで、この距離は微妙に長い感じがします。斤量が58キロから56キロになる点はプラスですが、あとは自分のリズムで運んでどこまで粘れるかでしょう」(米良調教助手)。

◎ダービー卿CT(58キロ)はジワッとハナに立ち、注文通りの逃げを打てたが、2番手に付けていたソルヴェイグに早目に来られる苦しい展開。直線は坂下で後続に捕まるとズルズル後退。ヒーズインラブから0.8秒差の9着。斤量と展開が応えた一戦といえるかも。コース云々は関係なく、マイペースの競馬ができるようなら。




7 ナスノセイカン
「このあと関西への輸送があるので、今週はサラッとでしたが、先々週、先週とやってあるので問題ありません。休み明けを2度使い、今回が1番デキはいいと思います。右回りは問題ないと思いますが、課題は阪神の内回り・2000mという舞台が合うかどうかという点でしょうね」(矢野英一調教師)。

◎叩き2戦目の新潟大賞典(55キロ)はいつもより早目の競馬で逃げたステイインシアトルの3番手をカレンラストショーと併走。直線で粘るステイインシアトルに並びかけるが、内から来たスズカデヴィアスに交わされ、ステイインシアトルも交わせずといった格好で0.2秒差の3着。右回りに替わるが、本調子手前のぶん良化度は大。軽視は早計かも。

8 ストロングタイタン
「前走は久々が応えたのかもしれません。1度使ったことで調教の動きが変わってきたし、今週の動きも良かったですからね。ある程度ペースが速くなってくれるようなら出番があっても……と思っています」(池江調教師)。

◎約5か月振りの都大路Sは14キロ増だが、これは馬体が戻ったモノと思われたが、逃げたアルマワイオリの2番手に付けて理想的な流れで運べたにもかかわらず、最後はバタバタ。勝ったサンマルティンから1秒差の9着と敗退したことを考えると、少々体が立派過ぎたのかも。阪神は初、重賞実績がイマイチを考えると微妙だが、叩いた上積みに期待する手も。

9 タツゴウゲキ
「足元に不安があるので、中間は坂路主体に乗り込んできました。ここにきて大分動きがシッカリしてきたし、今日の動きも単走にしては良かったと思います。鉄砲も利く馬ですが、今回は9か月振りと休みが長かったので、実戦に行っての勝負勘がどう出るかでしょう」(鮫島調教師)。

◎新潟記念(55キロ)は逃げたウインガナドルの2番手。直線の残り2ハロン辺りで早くも先頭に立ち、2着のアストラエンブレムの追撃をクビ差凌いで、小倉記念に続き重賞2連勝。阪神は良績があり問題はなく、鉄砲も利くタイプ。ただ、今回は休みがいつもより長い点がどう出るか……。力を付けていることは確かで、課題はその点だけだろう。




10 ストレンジクォーク
「転厩初戦ということで手探り状態であることは否めませんが、追い切りの動きは良かったと思うし、前向きさもあります。ただ、今回は休み明けになりますからね。能力を感じる馬ですが、その点がどう出るかでしょう」(古賀慎明調教師)。

◎小倉大賞典(54キロ)は中団の後ろから。勝負所から仕掛け気味になったが、なかなか進んで行かず。更に4角で故障したダイワメジャーの煽りも受けて万事休す。トリオンフから1秒差の11着に終わる。中山記念でセダブリランテスの3着があるように重賞でもやれる力はある馬。関西圏への輸送も経験済みで、鉄砲もOK。改めて見直す手か。

11 サトノノブレス
「今日は併せたペルシアンナイトに遅れましたが、この馬なりに動けていたと思います。一昨年のこのレースでレコード勝ちしたように、開幕週の馬場は合っていると思うので、楽しみにしています」(池江調教師)。

◎大阪杯は金鯱賞とは一転して後方からの競馬。結局、スローペースに嵌り、後方のままでスワーヴリチャードから1.9秒差の15着と大敗。一昨年のこのレースをレコード勝ちした同馬。時計勝負は願ったり叶ったりといえるが、今は2歳年を加えて8歳。その点がどう出るかだろう。

予想:馬連BOX

1 ヤマカツライデン

2 トリオンフ

5 トリコロールブルー

6 マルターズアポジー

7 ナスノセイカン

8 ストロングタイタン

11 サトノノブレス